Home

OVERDOPE <β版>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

上杉 隆、崩壊

 昨夜は友人たちと朝方までヤケ酒飲んでまして・・・理由はもちろん連日のように伝えられる亡国政権のニュースからひたすら距離を置きたいということだっ たんですが、友人のなかにも今回の選挙はミンスに入れたという人もいて、世の中そんなもんかと余計に酒がまずくなった次第。
 管理人の場合、自分 の身内はともかく、いくら友人とはいえ他人様にまで特定政党への投票を薦めたりすることはなく、ましてや強要したりなんてことは自分の主義に反するので、 こうした飲み会で政治の話になった時にはただ自分の主義主張を述べるにとどめている。 それやっちゃうと某公明党の「投票のお願い」みたいになっちゃうん で。

 与太話はさておき、前のエントリーのコメント欄でforetさんがタレこみしてくださった首相官邸ホームページのトップから日の丸 が消えた件。 同時に「天皇陛下御在位20年」の画像も消えてたみたいですが、いずれも現在は復活したようですね。 なぜか最初は魚拓になかった日の丸が 復活していました。
 管理人も自社サイト含めいくつかのサイトを運営していますが、「政権交代によるサイトのリニューアル作業中の不手際」という という言い訳はまず有り得ない。 サイトをリニューアルする場合、基本的にローカルの環境でサイトを再構築し、表示はすべて確認したうえでアップするのが 当たり前。 そう考えるとこの一件は抗議が殺到して慌てた官邸サイドが泡食って表示を元に戻したということなのだろう。 亡国政権の先行きが思いやられる 出来事である。

 http://s03.megalodon.jp/2009-0916-1822-00/www.kantei.go.jp/(変更前)
 http://s02.megalodon.jp/2009-0916-2356-27/www.kantei.go.jp/(変更後)

090919a.jpg
        
         ▲官邸側が抗議を受けて?修正する前の画像(クリックで拡大)

090919b.jpg
 そのぽっぽ新内閣誕生の功労者の一人なのに、いきなり袖にされて火病発症しているのが自称ジャーナリストの上杉隆氏。 このところ立て続けにテレビ出演し、新内閣の記者会見がオープンにならなかったことに文句たらたら。 事の経緯についてはBirth of Bluesさんのこのエントリーが詳しいのでお読みいただきたい。
 管理人も以前上杉某の著作「官邸崩壊」と「ジャーナリズム崩壊」をブックオフの105円コーナーで買って読んだが、「官邸崩壊」は安倍政権の内幕もので、ドキュメンタリータッチで描いてあるものの、官邸や国会内で直接取材できない筆者ゆえに聞き書きも多く、信憑性には大いに疑問が残った。 一方の「ジャーナリズム崩壊」に至ってはその論旨のほとんどは閉鎖的な日本の記者クラブ制度への怨嗟とか私怨といったもの。 今から読んでみようと思っておられる方がおられたら「その必要はない」と申し上げておく。 時間の無駄だ。
 もっとも上杉某の言うように記者クラブ制度に多くの弊害があることも確かで、フリーの記者や雑誌記者以下なのにも関わらず、新聞社やテレビ局という権威を傘にかなりの低脳や在日記者が紛れ込んでいるのも事実。 政府側にこうした記者を排除する権限はない。
 中川(酒)が財務大臣だった昨年10月17日の閣議後の会見では以下のようなやりとりがあった。 当時けっこう話題になったので覚えている方もおられるだろう。

問) 今回の会見からそちらに日の丸の国旗が置かれるようになりました。これまで財務省の会見室では歴代の 大臣の時は置かれていなかったわけですけれども、今回こういう形で会見室に置かれた背景というか、これは大臣のお考えなのかということと、何故今まで置か れなくて、我々というか私としては特に支障はなかったというふうに思うんですけれども……。

答) なかったことに?

問) なかったことですね。それが今回こうやって置かれた理由というのはどういったものなのか、それについてお伺いしたいんですが。

答)  皆さん方ご存じないと思うから過去の経緯を申し上げます。私は1998年、1999年と小渕内閣の農水大臣をやっていた時に国旗・国歌法というものが制 定されました。閣議で小渕総理から、役所の公の場には国旗を掲げてもらいたいという総理からの指示がありました。あの時真っ先に掲げたのが、不思議かどう か分かりませんけれども、一番若い郵政省の野田大臣と次に若かった農水の私のところを真っ先に掲げようとしました。あの時は記者会の皆さんもご意見が分れ ましたけれども、最後は物理的抵抗にあって、体と体が触れ合うような形で総理の指示に従って掲げたわけであります。万が一それが駄目であれば、私は記者会 見場を廃止してどこか日比谷公園で記者会見をやろうとまで実は決意をしていたわけでございます。その後農水にはそれこそ当たり前に国旗がこうやって掲揚さ れ、私の大臣室にもございます。経済産業省の方は既に国旗が掲げられておりました。財務省に入ってふと見るとないもんですから何でないんだろうと。あの時 の大蔵大臣は宮澤さんだったと思うんですけれども。各省調べたらまだ半分ぐらいがないんですね。半分ちょっとのところに国旗が掲げてあるということで、私 は98年当時のあの小渕総理の閣僚に対する指示に従ったということであって、むしろそれをやらなかったということは小渕総理の指示に従っていないというの が私の理解であります。あってもなくっても良かったじゃないかというのはあなたのお考えかもしれませんけれども、ここから世界に発信をする時に日本の財務 省の会見室、ここには外国の方もいらっしゃるでしょうし、ここから世界に情報が発信されるわけですから、まさに公の場である財務省の一室の皆さん方にお貸 ししている公の場であるという認識で、これは国旗をこうやって掲げているのは当然のことだろうというのが私の認識で、そしてまたクラブの皆さん方にも広報 室を通じて、皆さん方も10年前の時と違って真剣に取り組んでいただいて、賛成していただいているかどうかは別にして、こういう形で会見が出来るように なったというのは皆さん方のご協力もあったということで私から御礼を申し上げながら、私にとってはこれで日本の閣僚記者会見になったなというふうな感じを 持っております。

問) 会見場は財務省の施設であるというお考えだと思うんですけれども、 一方で記者会見というのは財務省の行事というよりは我々記者が財務省の政策をお伺いするということでお願いしているというか、要請している、そういう会見 であるというふうに考えているわけです。そういう意味では記者会見というのは色々な方々の意見が、これを聞いた上で考える材料になるというものなのだろう かなというふうに思うんですけれども。そう考えますと国民の中には国旗の掲揚について、違和感を持たれたり反発されている方もいらっしゃると思うん です。そういう意味では非常に中立的な場であるべきというふうに思うわけです。そこはそういう意味では国旗の問題はまだ違和感を持たれている方がいらっ しゃる中で会見室に、多分庁舎管理権というのが1つの背景だと思うんですけれども、それで行政の権限で置かれるというのはいささか強制的と言うか、一方的 な感じがするんですけれども、それについては如何ですか。

答) 国旗に対して色々なお考えを持たれることは、それ は自由だと思います。そういう意味で私は皆様方に国旗を押しつけているのではなくて、先程申し上げたようにここは記者会見場である、財務省の正式の一室で ある、公の場である。公の場には国旗を掲げてもらいたいという小渕総理の時の指示は、私はまだ生きていると、それを覆す指示は聞いておりませんので。であ れば、ここに国旗を掲揚してその場で記者会見その他の公のことをする場所だと思っておりますので、私はここに国旗があるのは必然だろうと。世界中の記者会 見場で国旗のない記者会見場は私の知っている限りは知りませんので、個人の好き嫌いの問題は別として、ここに掲げるのは私は指示の上からいって私はそのと おりにやったつもりでありますし、世界的にもこれは自然のことなのではないかなというふうに思っております。

問) 今回少しやりとりをさせていただいて大臣にも多分伝えられていると思うんですけれども、 国旗の設置についてはするべきではないとか、する必要はないという意見もお伝えしたつもりなんです。その意見について配慮していただいているのかどうかあ れなんですが、そういった意見がある中で敢えてされるという点については、もう少し配慮していただけないかなと。そういった意見もあるということを踏まえ て配慮していただくべきなんじゃないかなというふうに思うんですが、こうした意見についてはどういうふうに受け止められているんでしようか。

答) 配慮してもらいたいという意見に配慮しろというのは何のことをおっしゃっているんですか。

問) つ まり全ての記者が国旗を置くということについて同意しているわけではなくて、置く必要はないという意見や置くべきではないという意見もあったわけですよ ね。そういう意見がある中で置かなきゃいけないということを通すというか、通されるというのは一方的な感じがするわけです。そういった意見についてどういうふうに受け止められたのかということです。

答)  ですから広報室を通じて何回かお話をさせていただき、皆様方も10年前の時と違って非常に冷静に話し合いに応じていただいたという中で、これは私に限ら ずではありますけれども、いつまでも、農水の時には2カ月ぐらい持ち帰って協議すると言っては返事が来なかったりというやりとりがあったんですけれども、 今回は皆さん方と本当に話し合いが出来たと。これは私も報告を受けて皆さん方の対応振りについては本当に評価をしているわけです。ただこれは全会一致で決 めるとか1人でも反対があったら、記者さんの間で反対があったら設置しないという問題ではなくて、さっきから申し上げているように国旗・国歌法が成立した ことによって、閣議で総理から公の場には国旗を掲揚するようにという指示があった、しかもそれが訂正もしくは廃止されたということは聞いておりませんの で、私はここに置くということが、認証され、そして任命された立場から言えば、私にとっての責務であるというふうに考えて、何とかご理解をいただきたいと いうことで今まで話し合いをさせていただいたわけであります。(一部抜粋)


ソース:中川財務大臣兼金融担当大臣閣議後記者会見の概要【財務省HP】

 自民党の総裁選挙が告示され、ダニ垣と河野Jr.とよく知らない若手が立候補したわけですが、本来なら(酒)に立候補して欲しかった。 なんかもうどうでもいい三択(笑)。 ところで河野Jr.の肝機能は正常なんだろうか。 顔がどす黒赤い土色なんだが・・・。
 話がそれたが、上杉某は記者クラブの開放をアピールする前に、その記者として・・・いやそれ以前に人としての品格を身につける必要があるだろう。

090919c.jpg

090919d.jpg

       http://www.joqr.co.jp/blog/soko2/archives/2008/11/post_573.html

 しゃぶPといい、上杉といい・・・orz 同じ福岡出身の現東京人としてOVERDOPE、このバカどもになり代わって謝罪させていただきます。 ふんとにサーセン。m(_ _)m

追記:
原理主義者が約一名ガス抜き始めた模様w>当然記者クラブ側は反発w
岡田外相、記者会見は外務省記者会以外にも開放【MSN産経ニュース】
結末やいかに?
スポンサーサイト

Home

Twitter Updates

overdope_ < > Reload

Search
Meta
Translate
Links
Tag Cloud
Banner

Ranking
Amazon Free Delivery
義援金詐欺は死刑でいいよ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Mobile
QR
Feeds
Save The Sea of Japan
Check This Out !
FC2

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。