Home

OVERDOPE <β版>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

謝謝台湾!

110427a.jpg


1-2 :ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊ρ ★:2011/04/26(火) 18:30:50.88 ID:???0

  「謝謝(ありがとう)台湾計画」。東日本大震災で米国や中国を上回る多額の義援金を寄付してくれた台湾に感謝の気持ちを伝えようと、フリーデザイナーの木 坂麻衣子(37)さんが、地元2紙への感謝広告費約240万円の募金を呼びかけたところ26日午前までに1800万円が集まった。
 すでに1紙に広告料を支払い、5月上旬にも掲載する方向で調整を進めている。
 台湾は震災発生後からテレビなどを通じたチャリティー活動を行い、現地メディアによると、今月13日までに総額約148億円が集まった。米国の約104億円(4月初旬)や中国の3億4000万円(3月末)を上回る規模。
 日本政府は今月11日、米ウォールストリート・ジャーナルや中国人民日報など7紙に支援に対する感謝広告を掲載する一方、台湾には外交ルートで馬英九総統らに謝意を表した。外務省は7紙を選んだことについて、「義援金の総額ではなく総合的な理由」としている。
  「台湾にも感謝広告を出してきちんとお礼をしたい」。感謝広告は木坂さんが11日夜、短文投稿サイト「ツイッター」で何気なくつぶやいたのが始まりだっ た。共感の声が寄せられたため台湾に詳しい知人などを通じて話しを進めてみたところ、台湾紙「聯合報」と「自由時報」が広告スペースを提供してくれること になった。
 「謝謝(ありがとう)台湾計画」と名付けて進捗(しんちょく)状況をツイッターで公開。募金活動をアドバイスしてくれる公認会計士や、中国語のできない木坂さんに代わって翻訳作業をしてくれる人など、賛同者がどんどん増えていった。
 募金の振込先の口座の開設では、銀行側から活動議事録の提出を求めら、「開設できない場合もある」と言われたが、であるツイッターの投稿履歴などを提出したところ、18日に無事開設してもらえた。
  募金は1口1000円で、広告掲載に必要な約240万円を超えた寄付金は被災地へ義援金として送ることをネット上で告知。最初の2日間だけで600万円を 突破したが、その後も寄付は増え続けた。木坂さんによると、「昔、祖父が台湾で世話になった」、「岩手で被災したが、お礼がしたい」という人もいたとい う。
 活動当初、木坂さんのもとには、「広告を出す金があるなら被災地へ送るべきだ」との意見も寄せられたという。
 これに対し、木坂さんは「所得水準や人口規模からみても破格の義援金を寄せてくれた人たちにお礼をするというのが、私の選択。きちんとお礼をする国でありたい」と話した。

ソース:http://www.sanspo.com/shakai/news/110426/sha1104261643020-n1.htm

ソース:【東日本大震災】「謝謝(ありがとう)台湾計画」…台湾に感謝の気持ちを伝えよう、感謝広告の募金の呼びかけに1800万円が集まる【N速+】

 管理人も22日に送金させていただきました。 もっともその時点では既に広告の出稿費用を大幅に超える額が集まっており、被災地への義援金を送るつもりで。
 台湾大地震の時に日本から送られた義援金は33億円とのこと。 一方今回台湾から寄せられた義援金は今日現在約150億円。 企業家など個別の支援を含めれば総額は更にふくらむ。 ただただ頭の下がる思いです。m(_ _)m
 世界各国からの義援金だが、世界一の経済大国であるアメリカからの義援金を超える額が寄せられている台湾。 その人口や国民所得、経済規模からすれば明らかに破格のものであり、文字通り血の滲むような支援である。 そんな台湾に対し、現在朝鮮民主党の支配下にある日本国政府はさすが東方儀礼の国出身者ばかりの政党だからか礼儀を知らない。 そもそもこの未曾有の大災害に対応すべき政権トップに君臨するのが未曾有の無脳で未曾有の無礼者。 お辞儀の仕方も知らないときているから、世話になった相手に礼儀を尽くすなんてことがちゃんとできるはずもない。

110427b.jpg

 先日は避難所を訪問して被災民の方にどやされた菅無脳。 その姿は前稲城市長の慧眼「この人は目の前にいる生身の人間に興味を持てない人」を裏付けるに十分なものだった。
 国会での答弁を見ていても本当にキレそうになる。 何を訊かれても必ず「まあ~」から始まるこの無脳。 その言葉の裏に見えてくるのは、どんなに厳しい質問にも辛辣な言葉にもすべて「まあ~」で応じることで「そんなに大したことじゃないニダ。 何を気色ばんで訊くニダか?」と自らダメージコントロールしている姿だ。 元来沸点の低いこの無脳、野党議員から激しく詰め寄られるとすぐに火病が発症し、早口で語気を荒らげて自己正当化に終始するその姿はただただ見苦しい。 そして思い切り自己弁護した後は椅子にどっかと腰を下ろし、水差しの水をガブリと朝鮮飲みし喉を潤す。 誰かあの水を福島第一原発の超高濃度汚染水と擦り替えてはくれまいか。
 世間から鈍菅呼ばわりされてはいるがこの小心者、内心はもういっぱいいっぱいなのだ。 なにかのキッカケで完全にブッ壊れ、本会議場で全裸で病身舞を始める寸前の心理状態にあると見る。 今この無脳を辛うじて現実世界に繋ぎ止めているのは毎夜毎夜公邸で繰り広げられる伸子との慰安婦プレイに他ならない。

 菅無脳について書いてると気分が悪くなるのでこのへんにして、今回の「謝謝台湾計画」(※既に募金の受付は終了しています)の関連動画を貼っておきます。 謝謝台湾!







スポンサーサイト

続きを読む

台湾有情 後編

110110a.jpg

 ホテルに戻り、フロントで訊ねてみると既に先ほどの所長さんからメッセージが届いていた。 まさか?と一瞬狂喜しかけたが、内容は「まだ一人連絡の取れていない運転手がいる。 引き続き連絡を取り追って連絡する」というもの。 わざわざ途中経過まで連絡をくれるとは・・・。 少なからず感動を覚えながら部屋に戻り、クレジットカードを止める連絡に没頭。 直近の利用履歴を確認してみたが幸いなことにいずれのカードも不正使用の形跡はなし。 某クレジットカード会社の対応には憤りを通り越して呆れ返ったが、なんとか無事手続き完了。 実質的に失ったのは日本円にして二万円ほどと台湾ドルで三千元ほどの現金、そして何よりも限りある台湾での貴重な時間である。 すべては自らが撒いた種。 一方でこんなことでもなければ接する機会すらなかったであろう親切な台湾の人々。 そう考えると財布を落としたことすらあまり凶事とばかりも言えないのかも知れない。
 カードを止める連絡を済ませたことで自分の中では完全にこの事態を消化した。 いつまでくよくよしていても財布が戻ってくる訳でなし。 気分を切り替えてホテルから徒歩圏内の小龍包が評判の店に行くことにした。 台湾ビールに小龍包、豆苗の炒め物、海鮮炒飯で空腹だったお腹を満たした頃には財布を落とした時の落胆はだいぶ薄らいでいた。
 さすがに意気揚々というわけではなかったが、それでも美味しいものを食べていくらかは救われた気分のなかホテルに戻った。 すると、僕を見つけたフロントのスタッフが満面の笑顔でこう言うのである。

 「ミスター◯◯◯◯(僕の名前)、財布が見つかったそうですよ!」
 「マジですか!?」
 「はい、中にはお金やクレジットカードも入っているそうです」
 「本当に???(あまりの展開にしばし呆然) やっぱりバスの中にあったんですか?」
 「そうみたいです」
 「・・・それで僕は何処に財布を受け取りに行けばいいですか?」
 「バス会社の人が明朝10時にここに届けてくれるそうです」

 訊けばバス会社から財布発見の連絡があったのは午後10時頃だという。 彼らはその時間まで僕の財布を探してくれていたのだった。 しかも本来ならこちらが取りに伺わなければならないところ、わざわざこちらに届けに来てくれるという。 事態の急展開に戸惑いながらもたびたびバス会社からの連絡を取り次いでくれたフロントのスタッフに礼を言い部屋に戻った。
 翌朝。 バス会社の人が来たら部屋に電話してくれるようにフロントに頼んでいたのだが、なんだか申し訳なくて早めにロビーで待つことにした。 ほどなく現れたのは僕の財布を手にした昨日の所長さん。 僕は弾かれたようにソファーから立ち上がり、最敬礼して長々とお礼の弁を述べ、ついでに発見時の状況について伺った。 所長さん曰く、あのあと僕が財布を忘れたバスの運転手と連絡がつき、車内を探してもらったところ見つかったとのこと。 中身を確認してみたが、何一つ失くなったものはなかった。 これはもうちょっとした奇跡である。 いや台湾においてはたぶん奇跡なんかではないのかも知れない。 でもその時の僕にはほとんどそれは奇跡のように思えた。
 僕はホテルの封筒に忍ばせたわずかながらの謝礼を所長さんに渡そうと試みた。 しかし所長さんはそれを頑なに拒んだ。 そして僕にこう言った。

 「財布が見つかったことであなたはもっと私の国をいろいろ見て回ることができるかも知れないし、それは私にとってもとても嬉しいことです。 私は単に職務としてあなたの財布を探したに過ぎず、そのことで謝礼を貰うことはできません」
 
 もはや彼にこれ以上謝礼を渡そうとすることは彼と彼の職務を侮辱するに等しい。 僕は彼に封筒の代わりに自分の名刺を渡し「もしあなたが日本に来て何か困ったことがあったらいつでも連絡して欲しい」と言葉を添えた。 後から思えば「もっとこうしていれば良かった」というのはいろいろあるが、その時はそれぐらいしか思いつかなかった。
 次の日、出先からホテルに戻る際にタクシーを拾った。 クルマがホテルに着く直前、ドライバーは道を間違えて小さな路地に入り込んだ。 こちらが「あれ?」と思ったとほぼ同時にドライバー氏も道を間違えたことに気づき、路地をクランク状に回ってすぐに元の道に戻り、すぐにホテルに着いた。 料金は110元。 こちらが払おうとすると、ドライバー氏は「100元で結構です。 道、間違えちゃったから」と言う。 日本で同じ事があった場合、タクシーの運ちゃんはどうするだろうかと思わずにはいられなかった。
 これらバス会社の所長さんやタクシードライバー氏から感じるのは、彼らの職業意識の高さと「公」の精神である。 元を辿ればこれらはかつてこの地を統治した日本によって植えつけられたであろう「日本精神(リップンチェンシン)」であり、それは今もこの台湾の地に色濃く息づいている。 翻って「御本家」であるはずの今の日本はどうだろうか?
 高山正之氏の著作で、日本で流行ったオレオレ詐欺が台湾でも流行っているということについて書かれていたのを思い出す。 オレオレ詐欺が流行るのは日本のように性善説をベースに成立している社会でしかありえず、故に台湾でも流行るのだとあった。 つまり最初から人を疑ってかかる特定アジア、具体的には中韓朝の国々でオレオレ詐欺は流行らないのである。 日本もまだオレオレ詐欺が流行っているうちが華。 あらためて一期一会の気持ちで他人と接しようと思い直した僕であった。
 麗しの島、フォルモサ、台湾。 行ってきたばかりなのにもう次の旅程をたててます。(^o^)

続きを読む

台湾有情 前編

110108a.jpg

 眼下に微かに見えるかもしれない。 そんな淡い期待は分厚い雲の前に霧散した。 日本固有の領土、尖閣諸島。 その姿はまったく目にすることができなかった。 数十分後、僕を乗せた航空機は雨中の台北松山空港に降り立った。

 遅ればせながらあけましておめでとうございます。 伊達直人と菅直人、同じ直人でもこうも違うものかと慨嘆する今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 あ、後者は「ナオト」じゃなくて「チョクト」でしたねw 失礼しました。 そんなわけで、2011年最初のエントリーも前回同様いつもとは違った趣きで始めたいと思います。
 今回の滞在は、管理人がやらかしたとある失態がきっかけで台湾の人々の優しさに接する旅となりました。 そこでこの体験をみなさんと共有したいと思い、いささかプライベートな内容ではありますが記憶として残しておこうと思います。 いつも以上に退屈な内容かも知れませんが、ご興味がおありの方はお読みいただければ幸いです。

続きを読む

海角7号


 「海角7号」は2008年に台湾で記録的なヒットとなった映画。 その興行収入は台湾映画史上歴代1位で、外国映画を含めてもタイタニックに次ぐ史上2位という大ヒット作品。
 管理人も昨年とある台湾人の方のブログでこの映画のことを知り、今年の春に産経紙上の金美齢氏のコラムでも目にし、その日本公開を待ちわびていた一人だったのだが、先の東京国際映画祭にも出品され、ようやく配給会社も決まり、いよいよ今月の26日からシネスイッチ銀座を皮切りに全国各地で順次公開されることになった。
 金美齢氏のコラムにもあるように、李登輝友の会が日本語版の翻訳を手伝った関係で「海角7号」の日本での最初の試写会は同会が主催し、そこには小林よしのり氏や西村幸祐氏といった面々も駆けつけた。 西村氏は試写会後に出演したチャンネル桜で、当時まだ日本国内の配給会社も決まらず公開が危ぶまれていたこの海角7号を「東アジアの安定にも繋がる」とし、国内の映画・配給会社に海角7号を上映してくれるようアピールして欲しいと呼びかけている。 一本の映画に「東アジアの安定」とは大風呂敷を広げたものだと思う。


 とはいえ、映画を生業にしている人々はみな例外なく映画が好きで好きでしょうがなくて仕事にしてしまった人がほとんど。 いくら公開を求める声が外野から寄せられたとしても「東アジアの安定のために」わざわざ配給するような酔狂な会社などないし、そもそも映画に政治色が反映され、多少なりともプロパガンダ的な色彩を帯びることは多くの場合興行にとってマイナスに働くことはあってもプラスになることはない。 今回この海角7号が配給されることになったのも、それがあくまで作品として評価されたに過ぎない。
 ただ、この直後に例の「犬HKによるJAPANデビュー偏向報道事件」が起きたこともあって、この海角7号には図らずも一種のカウンターパート的な意味合いも付与されることになった。 ただそこには奇妙な「ねじれ」が存在する。
 かつて日本は台湾を統治下に置いたが、通常そうした二国間において、統治した側はそれを肯定し、統治された側は否定的に捉えるものである。 ところが「JAPANデビュー」と「海角7号」の場合はその構図が逆転している。 ただ「JAPANデビュー」は親台派のみならず一般国民からも疑問視されたのに対し、「海角7号」は馬英九政権下で大陸に接近しつつある現状に不満を持つ多くの人々、とりわけ若い世代の間で熱狂的に支持されたという点で大きな違いがある。 台湾の人々の間では「海角見た?」が合言葉にもなったほど。
 それにしても犬HK内にはこういう自虐番組専門の反日プロデューサーがいるもようで、それをライフワークにしているからタチが悪い。 本来ならこうした反日放送局は政府が即時解体廃止すべきなのだが、残念ながら今の政府が解体を目論んでいるのはこのむしろ日本国そのもののようである。

 実際の映画はどういう作品なのだろうか。 西村幸祐氏ら親台派が絶賛するなか、中国では日本より一足先に公開されたこの映画。 当初2008年末の公開予定が突如中止され、その理由として「日本の皇民化教育の影響」を懸念した中国当局が上映を中止させたのではないかという説も流れ、結局2009年2月14日に公開されたものの、日本語と台湾語が登場するシーンなど特に台湾色が出るシーンを中心に(ほとんどすべてのシーン)30分カットされた形で上映されたという(Wikipediaより)。 映画に外省人がまったく描かれていなかったのも当局の癇に障ったのだろう。
 先月、幸運にも管理人はプレス試写に潜入することができた。 銀座・東劇の松竹試写室は保守論壇なかでも親台派のお歴々のオフ会状態かと少しばかり期待もし、なおかつそのへんに日台離反を目論む中共の工作員でもいたらタマとったるぐらいの気概を忍ばせつつ出掛けて行ったのである。
 ところが試写室の中にそうした政治臭を発する方々の姿はなく、みな映画業界の方々とお見受けした。 席に座り、たねやの栗大福(期間限定)を頬張りながらパンフレットを見ていたら試写室が暗転。 130分間の映画の内容については他所でもう書いてしまったこともあり、またネタバレになるのでここでは触れないが、時間が経過するにつれ「事前情報」としてインプットされていた政治的なメッセージなどはいつの間にかきれいさっぱり消え去り、ただスクリーンに惹き込まれている自分がいた。 自分の中に存在するあらゆる感情の引き出しに手を掛けてくる映画である。 管理人、最後は不覚にも・・・。 文句なしにいい映画。 公開後また観に行こうと思っています。

091223a.jpg

 海角7号の監督である魏徳聖(ウェイ・ダーション)氏は長編第一作目となる本作を資金難に喘ぎながらも総製作費1億5千万円で作り上げた。 新人監督の実質的なデビュー作のご多分にもれず低予算でスター不在ながら記録的な大ヒットと聞けば、映画ファンならずともそこにある「何か」を確かめに行きたくなるものだろう。
 ちなみに同監督が目下撮影中の次回作は霧社事件を題材にした「賽徳克・巴莱(Seediq Bale)」。 監督自身も「恨みを描くのが目的ではない」と語っているように、抗日を題材にしても抗日映画にならないのが台湾が南北トンスリアやその宗主国とは違うところ。 日本統治下では最大の台湾原住民による抗日武装蜂起事件を魏徳聖監督がどう映像化するのか、タイヤル族の血を引くビビアン・スーの演技と併せて注目すべき作品である。
 もしこちらをご覧いただいている皆様のうちでこの映画を観るご予定がおありでしたら、鑑賞後にこのエントリーのコメント欄で作品について語り合いたいと思っています。
 ちなみにこのところ管理人は密かに入手したこの酒をちびちびやっております。 この酒の正体は映画を観ればわかります。

 ちょっとフライングですが、メリークリスマス!

091223b.jpg

 公開は12月26日よりシネスイッチ銀座他にて。


海角七号 - 君想う、国境の南 -

Home

Twitter Updates

overdope_ < > Reload

Search
Meta
Translate
Links
Tag Cloud
Banner

Ranking
Amazon Free Delivery
義援金詐欺は死刑でいいよ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Mobile
QR
Feeds
Save The Sea of Japan
Check This Out !
FC2

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。