Home

OVERDOPE <β版>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

机上の空論vs.実戦的思考

100928a.jpg
                 動画(当該部分は音声のみ)はこちら

 中共の工作船の船長がピースサインを誇示しながら石垣空港からチャーター機で逃亡して数日。 管理人はあいかわらず忙しくこの問題について長考するような時間はないのだが、釈放後に売国奴政権に全国民的な批判が集まっている姿を見て正直少し安堵もしている。 また、そんな時だからこそ国民の総意たる売国奴政権への批判のなか、やや違ったトーンの主張をする者は非常に目立つ。
 管理人が一番引っかかったのは報ステでの寺島実郎の発言。 こいつは普天間問題がヒートアップした時期にルーピー政権の特使としてワシントンに飛び、水面下で米政権に何とかねじ込もうとしたが「何処の馬の骨とも知れない民間人寄越してどーすんの」と袖にされている。 所詮ブレブレ政権のブレーンごときが相手にされるはずもない。
 管理人は、寺島実郎が自らの出演番組でテーブルの前に広げる分厚いシステム手帳が嫌いである。 あんなものを後生大事に抱えてるのに仕事ができる奴はまずいない。 百歩譲って持ち歩くぐらいは良しとしても、テレビカメラの前でそれをひけらかす理由がわからない。 アタマの中が整理できていない証拠である。 トレードマークのダブルのスーツは加齢臭をいっぱい吸い込んで悪臭を放っているはずだ。
 寺島の喋った内容は酷すぎてもう忘れてしまったが、要約すると「日本は中国よりももう一段高みから今回の事件を処理したのであって、中国の報復措置にいちいち反応するのは大人気ない。 むしろ今回の事件で大きなものを失ったのは中国」みたいなことだった。 思い返せば中国で反日が盛り上がるたびにこうした言説が何処からともなく湧いてきて世論を支配してきた。 そのたび日本人は「中国愚民と同じレベルには堕ちまい」と、その傍若無人な振る舞いに怒りを覚えつつも懸命に自制してきた。
 だが、いくらこちらが高みから達観しても、中国からすれば日本は既に事実上戦略的舎弟関係、つまり格下の国という認識にある。 中国を偏愛するNHK製作の龍馬伝。 そのオープニングの龍の爪の数が示す通り、日本は華夷秩序の最下層に置かれたのである。 にも関わらず寺島のような輩は、我が国固有の領土を強奪されようというこの期に及んでもこれまでと同様の言説を繰り返すのみ。 あの堂々たる体躯(単なるデブだが)、無駄に濃い顔でもって延々と詭弁を弄する。 一見ものわかりの良いこうした言説が長い年月をかけて日本人を骨抜きにしてきた。
 日本の周囲にはゴロツキ国家しかいない。 地政学上そのような地域にありながら奇跡的に一国だけひたすら善隣外交をやってきた日本もそろそろ限界に来たのである。 そして国民の多くはそのことに気づきつつある。 一方で言論人と呼ばれる方々の一部にはまだこうした「大人の対応」を声高に主張するものもいる。 相手が日本人と同じような人間ならそれもいい。 だが実際に相手となるのはゴロツキだ。

85 :名無しさん@十一周年:2010/09/27(月) 18:26:51 ID:75te/1D2P

川合俊一(9/25放送 読売テレビ「あさパラ!」での発言)

 「一番屈しちゃいけない国に屈しちゃった感じするね、今回。世界中とね、例えばさ、バレーの試合でもさ、たぶん他のスポーツでも世界と戦った人はみんな分かってると思うけど、アメリカとか韓国とかさ、いろんなとこに、試合してても、負けたらさ、そのあと、でも対等だったりするわけ。ま、負けても勝っても友だちよ。(スポーツマンシップ?と聞かれ)そうそう。中国って、もし、(日本が)試合負けるでしょ、そのあとみんなパーティとか行くと、もう昨日まで普通だった中国の選手が、もう『飲めよ飲めよ』と、もう上から来るわけ。もう嵩(かさ)にかかってくるの。あ、こいつらには絶対負けちゃいけない、負けたらこんな目に遭うんだ。試合でも、えっ?そんなインチキまで勝ちたいの?っていうぐらいのインチキしたりするんですよ。すごいこと。あのね、勝ってくると、たとえば1点取られてもいいから、こいつらに屈辱与えようみたいなね、そういうようなね、反則してまで点を取ってきたりするわけ。そこまでやっちゃいけないだろ。だから俺たちは、もうだいたい、中国には負けるの絶対だめだと。もうおっしゃるように、もう一回負けたらずっと負けますよって言われるから。負けちゃいけないって…」
 「(中国政府が賠償と謝罪要求をしてきたことについて)返したから、良かった良かったとはならないもんね。こうやって、おまえらが悪いんだって、また嵩にかかって、また来るでしょ。今後、大変なことになるよ」
 「(文化交流まで駄目にするのは、中国がいかに駄目な国なのかを表しているという話の流れで)それ世界発信しないと。中国人ていうのは何が一番嫌かというと、自分が何されると嫌かというと、自分の仲間が笑われるのが一番嫌なの。そうすると普通、日本人だったら庇うけれども、中国人は優勢な時は庇うけど、ちょっと劣勢になると、みんな引くから。だから今回もしかしたら、たとえばいろんな、こういう事例を出して世界に発信して、温家宝がとんでもないことを言ってるってね、怒るんじゃなくて、笑うの。『アッハッハ、温家宝が』って、一斉に笑うの。そうすると、中国人は一気に、『あ、温家宝って笑われてる』って思ったら、一気に引くから。そういう、別に、いい悪い別として、そういう国民だから」


http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1285577166/85

 寺島のような頭でっかちな言論人には永遠に辿り着くことなどできないであろう単純明快な真理。 中国人と実際にバレーボールを介して「戦争」をした河合の言葉には多くの示唆が含まれている。 中国に何らのパイプもない今の政権に、こうした皮膚感覚で中国のことを理解している人物がどれだけいるだろうか?
 いや、そもそも売国奴たちにとってはすべてが予定通りなのか・・・。
スポンサーサイト

続きを読む

Home

Twitter Updates

overdope_ < > Reload

Search
Meta
Translate
Links
Tag Cloud
Banner

Ranking
Amazon Free Delivery
義援金詐欺は死刑でいいよ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Mobile
QR
Feeds
Save The Sea of Japan
Check This Out !
FC2

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。