Home

OVERDOPE <β版>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

10・16中国大使館包囲デモへのマスゴミの報道姿勢

101016a.jpg101016b.jpg
101016c.jpg101016d.jpg


 市民団体「頑張れ日本!全国行動委員会」(会長・田母神俊雄前航空幕僚長)などが主催し、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐり中国に抗議する集会「中国大使館包囲!尖閣侵略糾弾!国民大行動」が16日、都内で行われた。主催者側によると、約3200人が参加したという。
 集会には田母神氏や西村真吾前衆院議員のほか、地方議員や文化人らが参加した。抗議集会、デモ行進の後、在日中国大使館を訪問。「事件は領海侵犯であり船長の拘置は妥当な措置」とした上で、船長の釈放要求など中国の一連の対応を批判、「尖閣諸島は日本固有の領土であり、領土問題は存在しない」とした抗議文を大使館のポストに入れた。(2010/10/16-19:15)

ソース:尖閣問題で反中集会=中国大使館に抗議-東京【時事ドットコム】

 中国大使館包囲デモにご参加の皆様、お疲れ様でした。 当初主催者発表で3200人だった参加者は後に警察発表で5800人と判明。 前回を大幅に上回る規模でした。

101016e.jpg

 前回のデモを華麗にスルーした犬HK。 夜7時のニュースではこの東京での中国大使館包囲デモに対抗して中国国内各所で行われた反日デモだけを伝えていましたが・・・。

101016f.jpg

101016g.jpg

101016h.jpg

 時事通信が伝えたこともあって、さすがにこれ以上黙殺するのは無理と判断したのか、それとも反中デモを最後まで取材していたために伝えるのが遅れたのかは定かではありませんが、午後8時45分のニュースで東京の反中デモもようやく伝えました。
 もっとも犬HKのクルーはデモ隊が中国大使館に何らかの被害を与えるシーンを取材して中国様にご注進するつもりだったのでしょうけどw
 理由はどうあれ他の在京キー局は完全スルーするなか唯一報じた犬HKは北京支局が閉鎖されることになるでしょうw それとも今回の報道は釣魚台から「少しは日本人のガス抜きするアルヨ(`ハ´  )」という指令を受けてのことで、裏で話はついてるのかも知れませんw
 以下はその午後8時45分のニュースの動画(追加しました)。 あくまで中国での反日デモがメインで日本の反中デモは申し訳程度の扱い。 いかにも日本のデモがショボかったように印象操作www しかも2分19秒あたりから「日本右翼」の文字を画面に大写ししたまま12秒間も意図的にフリーズさせる印象操作のニ段仕込みにはこっちがフリーズしたわw さらに極めつけは反中デモの参加者を2800人と勝手に半減させて捏造。 ここ見てくださってる方で受信料払ってる人はいないと思うけど、もしいたら即時解約してね!



 以下、今回の反中デモについての主要紙の報道姿勢(疲れ気味の管理人調べなので検出漏れがあれば教えて下さいw)について簡単にまとめておきます。

朝日
中国各地で反日デモ=尖閣領有めぐり、東京集会に反発(時事電)
http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201010160061.html
中国3都市で数千人の反日デモ 日系店に投石、被害出る(自社詳報)
http://www.asahi.com/international/update/1016/TKY201010160191.html
中国大使館にライフルの実弾?届く 抗議文も同封(自社ベタ記事)
http://www.asahi.com/national/update/1015/TKY201010150230.html
尖閣問題で反中集会=中国大使館に抗議―東京(国内ニュースなのに時事電)
http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201010160075.html

毎日
中国:大規模な反日デモ…尖閣抗議 成都、西安などで(自社記事)
http://mainichi.jp/select/world/news/20101017k0000m030023000c.html
脅迫:中国大使館に銃弾?が届く 抗議文同封(自社ベタ記事)
http://mainichi.jp/select/jiken/archive/news/2010/10/15/20101015dde041040039000c.html
東京の中国大使館包囲デモはスルーw

読売
中国で数千人反日デモ…尖閣衝突事件に抗議(自社ベタ記事)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101016-OYT1T00742.htm
中国大使館に実弾?入り封筒、手書きの手紙も(自社ベタ記事)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101015-OYT1T00666.htm
東京の中国大使館包囲デモはスルーw

産経
中国各地で大規模反日デモ 成都のイトーヨーカ堂などを襲撃(自社記事)
http://sankei.jp.msn.com/world/china/101016/chn1010161801006-n1.htm
「中国万歳」叫び包囲 若者ら道路を占領 中国・成都の反日デモ(共同電)
http://sankei.jp.msn.com/world/china/101016/chn1010161955008-n1.htm
中国大使館にライフル実弾? 「抗議」の手紙も同封、脅迫容疑で捜査(自社ベタ記事)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101015/crm1010151246019-n1.htm
【尖閣衝突事件】東京の中国大使館前でデモ(自社ベタ記事)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101016/plc1010162026013-n1.htm

 ご覧のように白昼5600人が包囲して抗議行動をするよりも、トンスル右翼か比較的銃弾を入手しやすい中国人留学生あたりが一発のライフル弾を自作自演で送りつけた方がはるかにニュースバリューがあるようですw

 ニュースってホントにいいもんですねw

101016j.jpg
 ところで今日、デモ隊の進路に座り込んで妨害した中国人らしき男のうちの一人。

101016k.jpg
 昨年7月の慰安婦展示会粉砕デモの時にもパジャマ姿で同志たちと自転車で珍走し、抗議行動を妨害していたようですw

101016l.jpg
 今日はめでたく警察に排除されましたw つーかそのまま拘束して大阪府東警察署に移送して恫喝取調べさせてから大阪地検に送致しようぜw
スポンサーサイト

続きを読む

朝日新聞と民団主党の領土認識が完全に一致

100910a.jpg
               朝鮮学校―日本社会の度量を示そう

 いっそのこと島を譲ってしまったら、と夢想する」。平成17年、当時朝日新聞の論説主幹だった若宮啓文さんが、韓国の不法占拠が続く竹島について書いたコラムには、仰天したものだ。
 ▼きのうのその朝日の1面トップ記事の書き出しにも、驚いた。「日本が領有を主張する尖閣諸島・久場島付近の東シナ海で…」。海上保安庁が、違法操業の疑いがある中国漁船の船長を逮捕した現場は、日本の領海内に決まっている。

 ▼人ごとのような言いぐさには、どこの国の新聞なのか、と問いただしたくなる。現場海域の領有について、朝日の「主張」をぜひ示してもらいたい。でないと、「朝日が完全に中国の世界戦略のお先棒を担いでいる」(『諸君』平成18年2月号)との、故稲垣武さんの指摘がますます説得力を持つ。
 ▼そういえば、若宮コラムからまもなく、中国で反日暴動デモが起こった。目を覆うばかりの狼藉(ろうぜき)だったが、朝日は社説で、反日の根底にあるのは小泉首相の靖国神社参拝だとかばった。「小泉首相の責任は重い」との見出しには、「やれやれというほかない」と小欄で書いた。
 ▼今回、朝日以上に心配なのが、政府の対応だ。中国漁船の行為は、海保の巡視船に衝突を繰り返すなどきわめて悪質で、海上保安官の命にかかわる可能性もあった。にもかかわらず、立件の判断に半日もかかった。
 ▼理由の一つは、仙谷由人官房長官が、中国と波風を立てたくないとの態度をみせたからだという。「日本国内がヒートアップしないで、冷静に対処することが必要だ」。きのうのコメントにも、領土を守る気概は感じられず、人ごとのようだ。どこの国の政府か、と問いただしたくなる。

ソース:【産経抄】9月9日 - MSN産経ニュース

 尖閣諸島沖での中国トロール漁船の領海侵犯と海保の巡視船への体当たり事件については本家の方でも少し書いたのだが、翌日の朝刊で予想通り産経がツッコミ入れていた。
 今回の朝日の「日本が領有を主張する尖閣諸島・久場島付近の東シナ海」という記述は、いつものように「朝日がまた平壌運転w」などと看過できぬものがある。 特にこの事件については、いつもは与太ばっかりなのに意外にこうした問題にはノーマルになる変態新聞も「沖縄県・尖閣諸島の久場島北西の日本領海内」と伝えており、さらには狂道通信も正確な記事を配信したせいで、そのコピペの頭狂新聞以下日本全国の各痴呆紙もすべて「沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海内」という記述になっている。
 そんななかでの朝日の天上天下唯我独尊的オナニー記事。 それにしても朝日新聞社の領土認識はまるで中国外交部なみである。 さすが支那の走狗。 マトモな政権だったら血相変えて抗議するところだろうが、未だそうした動きがあったとは聞かない。 むしろ現在の傀儡政権の主、鮮国韓望長官ならほくそ笑んでいるぐらいのことだろう。 朝日新聞側としても現政権のそうした媚中侘韓的亡国体質を見抜いたうえでの確信犯的記事に違いない。
 鮮国の発言も理解に苦しむ。 北京の日本大使館の前できっちり統率のとれた淡白な官製デモ?を行うなど、ヒートアップとまではいかないまでも熱くなっているのは一貫して中国の側なのだが、この売国奴が釘を刺したのは日本側。 こちらも中国外交部の会見かと見紛うばかりである。
 民団主党の代表選挙が終わり、カンガンスとオザワン尊師のどちらが代表すなわち日本の次期首相になろうともまず直面するのは衆参のねじれ国会である。 そして民団主党内でもその思想信条において右から極左までいる連中が親尊師、反尊師派にねじれる。 一方で、安全保障においては本来的にねじれるどころか対立していることが正常な状態である隣国との関係において、この民団主党政権は逆に一体感を増している。 残念ながら、次期首相にガンスがなろうが尊師がなろうがそのベクトルが変わることはないだろう。
 管理人は、オウム真理教に破防法を適用しなかったことは大きな過ち以外の何物でもないと思っている。 結果オウムは分裂こそしたものの、一方は未だにあの獄中の朝鮮人教祖を神と崇めつつ絶え間なく信者獲得に動いている。 全てはあの時根絶やしにできなかったことに起因する。
 民団主党も同様である。 やがてオザワン尊師が起訴されるような事態が訪れたとしても、例によって狂信者たちは「検察の陰謀」と紋切り型の念仏を唱えて尊師を守ろうとするだろう。 またオザワン尊師に反旗を翻した連中は狂団を割って別組織を立ち上げて延命を謀ろうとするだろう。
 潰すなら早い方がいい。

日刊スポーツの盧載鎭(ノ・ゼジン)記者

100902a.jpg

 8月31日、日本代表の新しい監督に就任したアルベルト・ザッケローニが会見を行った。 会見では低脳で世界に知られる日本のジャーナリストたちからお粗末な質問が続出した。

 フジ 「パラグアイ戦の選考メンバーでスタメンにするなら誰?」
 日テレ 「(代表質問の前に散々質問された)サッカーのテーマは?」
 日刊スポーツ 「座右の銘は? あと原さん、ほかに契約しようとしてた人誰?」
 朝日 「選手の選考基準は?」

 http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1283236946/

100902b.jpg

 特に日刊スポーツは、スポニチとデイリーにザッケローニ就任を抜かれたばかりか、他紙もすべてザッケローニの就任が濃厚と報じるなか、同じ日の一面でただ一紙デカデカとペケルマンの就任合意を報じ、結果的に特オチ&大誤報となってしまったこともあり、質問には原委員長への怨嗟の色が滲んだ。

続きを読む

テキサス親父がテロ朝占拠!



 先日、テキサス親父の一連のYouTubeへの投稿が日本の飛鳥新社から書籍化されるという嬉しいニュースが届いたことは皆さまも御存知の通り。



 で、今日、4月1日。 車中のワンセグでテロ朝のワイドスクランブルを見ていたのですが、いきなりテキサス親父の話題になったので、まさかエイプリルフールネタか?と思いきや、どうやらそうではないらしく親父が書籍化に伴ってなんと来日するとのこと。 こっ、これは是非とも会いに行かねば。
 


 ところでこのテキサス親父、テロ朝ではないがその親玉の朝日新聞の記事を根拠に珍しく日本政府の弱腰を批判したことがあったのだが、直後に多くの日本人から親父が取り上げた朝日の記事が虚報だったことを指摘され、後日の投稿でこれまた珍しくシャツにネクタイ姿で身なりを正し、日本人である我々に謝罪したのだった。
 過ち(というか、ここで親父は朝日新聞がどういう新聞か初めて知ったw)を素直に認めて文字通り襟を正し、率直に謝罪した親父の姿勢にまた惚れ直した管理人だったが、一方で虚報を飛ばした朝日新聞の方は訂正記事も謝罪記事も出さなかった。

 親父の来日時には自前のハンディカムで取材してみたいですwww


上記のエピソードについては以下のエントリーが詳しいです。
テキサス親父と朝日新聞の身の処し方

テキサス親父と朝日新聞の身の処し方


    http://jp.youtube.com/watch?v=MGiyYiKxeOs (3/2)
    http://jp.youtube.com/watch?v=LTXOWMrMOt8 (3/3)

 志方さんが田岡にキレた先日のサンプロ(笑)。
 「自称軍事ジャーナリスト」の田岡俊次だが、それ以前に朝日の記者。 明らかに興奮し過ぎで、早口で何しゃべってるのかさっぱりわからなかった。
 専門分野である軍事、特に戦争・紛争の戦局予想と分析においては、常に田岡の予想と真逆の結果が出ることから「逆神」の異名をとる(笑)。 日本のために一刻も早く逝って欲しい人材の一人だ。
 対照的に潮さん、格好良かった。
 ちなみに、この田母神空幕長についてはあのテキサス親父もぶっている。


 さんざん既出だが、参考人招致の際、ミンスの議員が軍神・田母神さんに終始及び腰だったのにはこんな理由もあったようだ。 ブーメラン未だ健在だな(笑)。

081118a.jpg 081118b.jpg

 話は変わる。 さきほど「Propaganda Buster」をチェックして初めて知ったのだが、日本の調査捕鯨について朝日新聞が大誤報を飛ばしていた。 この大誤報について、なぜかマスゴミはほとんど報じていない。 いくつかのブログが取り上げたのみである。
 テキサス親父は11月14日に「Japan surrenders to Sea Shepard (シー・シェパードに降服した日本)」というタイトルで、日本政府の弱腰を揶揄する内容のビデオを投稿した。


 テキサス親父が投稿の根拠としたのは朝日新聞の以下の記事の英語版だった。

調査捕鯨、初めて捕獲目標を削減へ 年間で約1割

 政府の調査捕鯨の捕獲目標が初めて削減されることが12日わかった。近く出航する今季の南極海での捕獲目標を約2割減らして750頭程度とし、年間全体でも約1割減ることになる。捕獲数は目標を下回る傾向にあるが、目標そのものを引き下げるのは87年の調査開始以来初めて。反捕鯨団体の反対活動や、鯨肉の需要低迷を考慮した。
 日本の調査捕鯨は国際捕鯨取締条約に基づき、南極海と北西太平洋の2海域で実施している。年間捕獲目標は現在約1300頭。秋から春にかけた南極海の調査捕鯨が主力で、目標はクロミンククジラ850頭、ナガスクジラ50頭としている。政府はこのうちクロミンククジラを700頭に減らす方針を固めた。
 年を追って目標を拡大してきた日本の調査捕鯨は、今回の政府方針で転機を迎える。背景には、南極海の調査を巡り、米国の反捕鯨団体が調査船に薬が入ったビンを投げ込むなど妨害活動が激化していることがある。この影響などで昨季の南極海での捕獲は目標の6割の551頭だった。豪州や欧州各国も日本政府の姿勢を批判してきた。

 また、鯨肉の需要低迷も政府の背中を押した。鯨肉の販売額(年間50億~70億円)を調査捕鯨の資金にあてているため、捕獲頭数を減らしにくい構図にあったが、調査後に供給される鯨肉と低迷する国内消費との差が問題となっていた。(小山田研慈)
http://www.asahi.com/politics/update/1113/TKY200811120391.html

この記事の英語版でテキサス親父がビデオ内で紹介した記事
http://www.asahi.com/english/Herald-asahi/TKY200811140116.html

 しかし、朝日が報道した記事は事実無根だった。

1 :どろろ丸φ ★:2008/11/13(木) 20:46:07 ID:???0

 日本は反捕鯨の抗議活動を理由に南極海での捕鯨割当て数を例年より20パーセント削減するとの一部報道を否定した。ザトウクジラについては前年に引き続き捕獲しないという。
  朝日新聞は、まもなく開始する南極海での今夏の日本の捕鯨目標はミンククジラ700頭、ナガスクジラ50頭に削減されたと報じ、オーストラリア政府のギャレット環境相は、21年前に始まった現在の日本の捕鯨プログラムで目標が削減されたのは初めてのことだと話していた。
 日本では捕鯨はとても大切な文化的伝統とされるが、1986年に商業捕鯨が国際的に禁止されたため翌年からは調査捕鯨プログラムと称して開始した。朝日新聞は、近年公海上で繰り広げられている反捕鯨活動家たちとの小競り合いや日本の消費者の鯨肉需要も減少してきたことを理由に、日本政府は捕鯨目標数を削減したと報道したが、魚谷敏紀氏(水産庁研究部漁場保全課)は「そんな事実は全くありません。計画に変更はなく従来通りです。昨年と同じくミンククジラ850頭、ナガスクジラ50頭の割当てです」と語った。
 オーストラリアのピーター・ギャレット環境相は、調査捕鯨に対する国際的な批判が功を奏して日本の捕鯨割当ての削減に繋がったのだと、朝日新聞の記事を引用して議会で語った。


英ロイター:http://www.reuters.com/article/environmentNews/idUSTRE4AC1E320081113

ソース : 【捕鯨問題】日本政府、朝日新聞の「今季の捕鯨割当て20%削減」報道を否定。「全くの誤報。計画は前年通り」【N速+】

 16日、これを受けてテキサス親父は(やや神妙な面持ちで)ふたたびビデオを投稿。
 タイトルは「Did the Japanese newspaper The Asahi Shimbun lie? (日本の朝日新聞は嘘つき?)」である。


 親愛なるテキサス親父殿、朝日新聞は糞拭き紙にも使えない資源ゴミです。

 それはさておき、朝日はいまだこの件について訂正記事すら出していない。 オーストラリアの環境相に議会で発言させるきっかけまで与えておきながら、その内容は事実無根でその後の訂正記事もなし。
 当該記事は朝日には珍しく署名記事である。 ジャーナリズムのスジ論でいえば、この小山田研慈という記者が責任をもって訂正記事を打ち、誤報に至った理由を自ら検証記事として出すべきだがそれをしない。 するわけないかw
 要するに朝日新聞という組織は、とにかく日本を貶められればどんなに不確かなネタでも、それらしく「わかった」などとソースをぼかして記事を書き、海外にも配信すればそれで仕事はおしまいなのだ。 その記事が元で日本がどんな言いがかりをつけられようが一切感知しないと、そういうことなのだろう。
 情報のウラを取ることを放棄し、その必然として誤報を打ち、その誤報を訂正することなく放置した新聞に一体何が残っているのだろうか?
 そもそも自分には何の非もないのに、珍しくわざわざネクタイ姿で文字通り「襟を正して」自らの過去の投稿について検証したテキサス親父の姿勢とは甚だ乖離したジャーナリズムのひとつの末期症状が、そこにはある。

追記(11/22) :

 テキサス親父の上のふたつの動画をどっかのエロい人が翻訳してニコ動にうpしてくれてました。 管理人は不親切にもそれぞれの投稿の内容についてまったく注釈等を記載しなかったので、正確には理解しづらかった方もおられたと思います。 当然ながらネイティヴなんで、テキサス親父。
 申し訳ございませんでした。m(_ _)m

【捕鯨】テキサス親父、朝日新聞と遭遇【シーシェパード】【ニコニコ動画】

Home

Twitter Updates

overdope_ < > Reload

Search
Meta
Translate
Links
Tag Cloud
Banner

Ranking
Amazon Free Delivery
義援金詐欺は死刑でいいよ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Mobile
QR
Feeds
Save The Sea of Japan
Check This Out !
FC2

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。