Home

OVERDOPE <β版>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

四度目のアジア制覇も貶める汚杉は今すぐ半島の土に還れ!

110130a.jpg


優勝しても、アジアを制しても、やっぱり僕は喜ぶ気になれずにいる。結果より中身。サッカーそのものへの関心の方が勝るからだ。現在より今後の可能性への関心が勝るからだ。究極の選択として言わせてもらえば、日本が勝利するシーンより、良いサッカーをする瞬間を見たいのだ。
というわけで、採点です。
GK川島 7 不安定な守備もあったが、ビッグセーブも連発。
DF今野 6 後半、ハイボール苦戦。定位置を岩政に譲り、サイドバックにポジションを代えた。フィードの短さは問題だが、大会を通してバックラインをよく支えた。影のMVP。
DF長友 7 延長に入り、4-2-3-1の3の左でプレイ。この采配が的中し、準決勝に続き、見事なアシストを決めた。決めた選手は、これもザッケローニが交替でピッチに送り込んだ李忠成。とはいえ、ザッケローニの采配を持ち上げる気にはなれない。このくらいは、ある意味で当たり前の交替。空中戦で苦戦している今野に代えて岩政を投入するのは当然。バックのリーダーとして頑張ってきた今野を、ベンチに下げず左サイドバックに回すのも当然。これにより長友がポジションを一つあげるのも妥当。藤本が活躍できずにいたので、そう難しい選択ではない。褒めるべきは長友であり、それまで冷遇されてきたにもかかわらず、大事な場面でボレーをしっかり当てた李忠成だ。
それを褒めるなら、準々決勝(カタール戦)の延長で、15分以上も残しながら守備的サッカーの典型とも言うべき5バックの作戦に出た采配をまず責めなければならない。ラッキーなPKで勝ち越すや、守備的サッカーの踏み絵を簡単に踏んでしまった行為は、それと相殺してもたっぷりおつりがくる愚行だ。
話が長くなって恐縮だが、監督に求められるのはまず哲学。「色」だ。戦略、戦術、采配および布陣の決定はその後に問われるものになる。采配を的中させても、肝心要の哲学がブレれてしまえば元も子もない。失った信頼を回復するのは容易ではないのである。

DF吉田 6 猛攻に良く耐えた。これからはもっとフィードに磨きをかけたい。
DF内田 4 戦闘意欲を感じない消極的なプレイに終始。頼りない選手に見えた。
MF遠藤 4.5 本田をサポートできず。前半38分、本田から決定的なパスを受けた瞬間、シュートを打たずに後方に弱気なパスを戻したプレイは大問題。距離の短いパスしかプレイに選択肢がない点は見ていてつらい。
MF長谷部 5 遠藤同様、本田をサポートできず。有機的なパス回しに絡めず、それが本田のポジションを下げる原因に繋がっていた。
MF藤本 4 まるでプレイに絡めず。何をして良いのかまるで分からずにピッチに立ってしまった感じ。とはいえその責任は、それまで彼を1分しか使わなかったザッケローニにもある。硬直化したメンバー交替のツケが現れたと言うべき。
MF本田 6 困ったときの本田頼み。本田がボールを触らないと、全てが始まらないサッカー。これがアジア杯を戦ったザックジャパンの正体だ。彼が大車輪の活躍をしないと、保たないサッカー。その個人能力が発揮されない限り、チャンスは生まれないサッカー。前回も述べたが、これではワンマンチームと呼ばれても仕方がない。ある特定の選手に、ここまで依存するサッカーも珍しい。
MF岡崎 5.5 大会を通してコンスタントに力を発揮。ベンチスタートから欠かせぬ選手にポジションを上げた。突っかけるアクション、相手の逆を取るボール運び、ドリブルを身につけられれば、プレイヤーとしてもうワンランク上がる。
FW前田 5 豪州の大型DF相手に苦戦。キレ、クイックな動きにいつも以上に欠けた。
※ 交替選手
DF岩政 5.5 危ないプレイと健闘が半々。
FW李 7.5 決勝ゴール。どフリーだったとはいえ、落ち着いて良く足を振り抜いた。「持っている選手」になれるか?
DF伊野波 採点不能
監督ザッケローニ  5.5 パスを繋げど前進なし。各駅停車を連想する10m以下の展開性の低い短めのパスを、抑揚なく繋ぐ日本サッカーは、監督がザッケローニに替わっても健在。メッセージ性のないパス。フィニッシュからの逆算、“陣”を獲得する発想のない、単に人と人とを結ぶパスがやたらに多い日本サッカーの特徴が、またしても発揮された。
根本的な問題、つまりサッカーに対するおかしな価値観や概念にメスを入れてくれる監督こそが、日本には必要。いまこそ結果には目を瞑り、根本的な問題の解決に当てる時期ではないか。優勝しても、その点が解消されなければ、これまで繰り返してきたことと同じ。進歩の妨げになると僕は確信している。
※試合の娯楽度 5 日本も褒められないが豪州はもっと褒められない。チャンスは作れども決定打は出ず。まさに“残塁の山“を築くような拙攻を、飽きるほど繰り返した豪州。敗戦のショックは大きいはず。準決勝(ウズベキスタン戦)に大勝したことで、点はいつでも入るものと思ってしまったのか。そういう意味では日本の勝利は痛快だが、残念ながらそのレベルはかなり低い。第三者にとっては、120分間フルに目を凝らすことができない試合だったに違いない。

ソース:杉山茂樹のBLOG : いまこそ結果には目を瞑れ

 まず冒頭、日本代表の四度目のアジア(東亜、東南アジア、中東、オセアニア)制覇の興奮醒めやらぬうちに糞みたいな文章を貼らなければならないことをお詫びしたい。 以前からこのバカには一度きっちりツッコんでおかないといけないとは思っていたのだが、今回はそのいい機会と考えた。
 自称サッカージャーナリスト、汚杉こと杉山茂樹は在日韓国人のウンコ野郎である。 初めて見る人は驚くかも知れないが、冒頭引用した文章はこの糞喰い野郎のいつものスタイルだ。 以下、冒頭の記事にいちいちツッコミ入れてみる。

いつものことだが当然だろう。 在日が日本の勝利を喜べるわけがない。
採点とはあくまでその試合についてのみ行うもの。 決勝での川島に不安定な要素は皆無。 一刻も早い川島神社の建立が待たれる。 管理人としては鳩山家の敷地と資産を没収して建設費用に充てるのが相応しいと考えている。
中継を観ていた人は誰でもわかったと思うが、あの藤本と岩政の交代による今野の左SB(サイドバック)と長友の左SH(サイドハーフ)、そして岡崎の右SHへのシフトはおそらく練習中でも試したことがなかった形であり、そのためにしばらくの間ピッチとベンチの間の意思疎通がうまくいかずに混乱状態に陥っていた。 管理人も当初はステルス化していた藤本の代わりに岩政が入るということで、韓国戦のような実質5バックではないにしても、最終ラインを3枚にしてくるのでは?と一瞬不安になった。 だが実際はオーストコリアの右SBのウィルクシャーから執拗に放りこまれていたハイクロスへの対処法として出所を抑える(長友を高い位置に張らせてウィルクシャーに自陣で守備をさせる)とともにクロスの標的を抑える(ケーヒルに高さのある岩政を張りつけてケーヒルと今野のミスマッチを解消)ということだった。
 結果的にはこの選手起用がこの試合のキモだった。 それを無脳で鳴らす自称サッカージャーナリストが記者席から高みの見物を決め込み、おそらくは試合後に自分以外のマトモなサッカージャーナリスト諸氏の意見を拝聴し、翌日になって自分の糞ブログに「当然の采配」と書くことは容易い。 しかし、試合中にそのぶっつけ本番の「緊急シフト」を決断できるザッケローニ監督の采配は賞賛されてしかるべきである。 長友の評価の欄で何故かドサクサにまぎれて同胞マンセーするあたりも常軌を逸している。 そして今度は前の試合でのザックの采配批判まで披露。 存在そのものが愚行であるこのクズから「哲学」なんて言葉が吐かれようとは・・・。(追記:この「采配」はこういうことだったそうです)
藤本が消えていたのは一義的には藤本本人の責任だし、二義的には彼に期待したザックの責任であることは間違いない。 自称サッカージャーナリスト風情が「硬直化したメンバー交代」と批判するのはこれまた容易いことだが、今大会のテーマとしてザックがチームの成長とともに結果を求めていたことも事実。 出場停止やケガがない以上、ある程度スタメンを固定するのは当然であり、試合の中で藤本のポジション(スタメンは本田と香川と松井、岡崎)をテストできたのは、結果として厳しい戦いばかりだった今大会において事実上サウジ戦のみであった。 そしてそこでテストされてまずまずの動きを見せたのは柏木だった。 故に管理人は柏木を使わなかったザックの起用に疑問こそ感じはするものの、決して「硬直化した選手起用」などというものではなかったと思う。
確かにこのチームの中心は圧倒的に本田であり、その点に異論はない。 だが、それをあたかも本田依存症とネガティブにしか捉えることができない自称サッカージャーナリストは、自らが心酔するバルセロナがシャビとイニエスタという二つの「心臓」に依存しているチームであることをネガティブには捉えない。 卓越したスキルを持った選手がチームのネットワークの中でハブの役割をこなすことは自然なことである。 日本憎しで思考回路がショートしているのはわかるが、ここまでくるとさすがに見苦しい。
決勝ゴールのシーン以外は「ついに半島に帰ったか?」と思うほど消えていた。 逆にそのハンパない消え方がオーストコリアDFのカーニーがマークを外すことに繋がったのだろう。 同胞愛なんだろうけど7.5はどう見ても高すぎる。
おま(ry
自分自身が第三者、三国人だしね。

 もちろんたとえそれがトーナメントの決勝戦で、激闘のうえ優勝をつかみとった試合だとしても課題の残らないゲームなんてあるはずがない。 個人的にも言い出したらキリがない。 だからジャーナリストとしてメシ食ってる人が批判するのは構わないが、優勝したとはいえ未だ道半ばで成長過程にあるチームを勝手に自分の脳内妄想テコンドーサッカーチームと比較し、そのキムチ悪いイメージと重ならない部分は全部叩くっていうこの自称サッカージャーナリストの姿勢が何も生まないことは明らかだ。
 汚杉やキムコのように欧州サッカーにかぶれるとスペクタクルじゃないチームやゲームには価値を見出すことができなくなってしまう。 代表チームにクラブチームのようなサッカーを求めること自体ナンセンスの極致だ。 一刻も早くこんなバカがメシを喰えなくなるなるようなサッカージャーナリズムになるべきだと思う。

 さて李が決勝ゴールを決めたことに複雑な心境の方も多いことだろう。 実際あの場面で李が起用された理由は「他に選択肢がなかった」ことに尽きる。 前田もさすがに疲労が見え、その前田とは対照的に驚異的な運動量がまったく落ちなかった長友のクロスに対しての反応も遅れ気味になっていた。 ここまで李は最初のヨルダン戦のみの出場にとどまり、そこで何度も好機を逃したことで干されて休息十分だったのが起用の最大の理由。
 ただ決勝ゴールそのものは評価したい。 とても美しいゴールだった。 滞空時間の長い長友のクロスが、李のマークを外してニアをケアしに行ったカーニーのはるか頭上を超えていく。 チャンピオンズリーグでのジダンのボレーの時もそうだけど、ああいうボレーが決まる時って、蹴る本人以外誰もがボールウォッチャーになりスローモーションの世界になってしまう。 思わず昨年の岡ちゃんゴメンに続いて李ゴメン状態www
 ただ、試合後の李の「自分はヒーローになる、ヒーローになるって思ってやっていました」というコメントにはやっぱり日本人とは違うメンタリティーが色濃く滲む。 絶え間ない自我の横溢。 そこに日本人的な「無私」の精神は希薄だ。 ここで李に日本人らしいコメントを求めるのは酷というものだろう。 また決勝ゴールに関して言えば、李の鮮やかなボレーの陰に隠れてしまったが、半分は長友のドンピシャクロスによる得点であり、マスゴミが待ってました!とばかりに始めた李マンセー報道の大洪水のなか、その美しい軌道を密かに心の印画紙に焼き付けておこうと思う。 本当に驚異的なプレイヤーになった。
 ちなみに管理人が選ぶ日本のベストゴールはカタール戦ロスタイムでの伊野波。 伊野波がなぜ自軍が一人少ないなかあの時間帯にあそこにいたのかは本当に謎だw 相手が地元カタールだっただけに、あそこで伊野波が決めてなければ倒された香川がPKを貰えたとは思えない。 なにせ主審はあの中東御用審判のサレーだったのだから。
スポンサーサイト

続きを読む

Home

Twitter Updates

overdope_ < > Reload

Search
Meta
Translate
Links
Tag Cloud
Banner

Ranking
Amazon Free Delivery
義援金詐欺は死刑でいいよ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Mobile
QR
Feeds
Save The Sea of Japan
Check This Out !
FC2

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。