Home

OVERDOPE <β版>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

震災後の今思うこと



 あの日から一ヶ月が経とうとしている。
 批判を恐れずに言うなら、日本人を日本人たらしめてきたもののひとつは今回のような自然災害とその超克にあるのかも知れない。 不幸にも被災された人々が悲しみのどん底にいながらもその過酷な運命に抗い、懸命に立ち上がろうとする姿を見てそう思わずにはいられない。 おそらく我々はそうした記憶を糧にして「日本人」になってきたのだと思う。
 四方を海に囲まれたこの国を太古の昔から繰り返し襲ってきた天災。 それに打ちのめされてもそのたびに立ち上がってきた日本人。 被災地に生きる人々にはそんな日本人のひとつの原型が息づいている。 久しく目にすることがなかった美しい人々。 仏教的諦観や武士道だけでは説明できない何か。
 無脳な政府のリーダーシップがまったく見えないなか、被災者支援やインフラの復旧に携わる最前線の人々の現場力も健在である。 動きの遅い無脳政府を尻目に各自治体の連携や民間の協力で被災地にもようやく物資が行き渡りつつある。 自衛隊、海保、警察、消防の皆さん、そして米軍の惜しみない救援活動。 いち早く被災地入りしたボランティアの方々。 そして全国から送られた膨大な支援物資と莫大な義援金。 悲惨極まりない現実を前にして全国から寄せられる支援。 その力は日本人の抹殺を目論む菅内閣と民主党の破壊工作を凌駕する。
 以前少欄で「この国が今どうにか国家の体を成しているのは、政治家や官僚のおかげなどではなく、国民一人一人、つまりは市井の人々の努力と意識(国家意識、帰属意識)の高さゆえだろう」と書いた。 皮肉なことに災害時にはこうした事実がより顕在化する。
 そしてまた、民の質が高いということはしばしば指導者の質を低下させる。 極端な話、日本人はたとえ無政府状態にあっても秩序だった社会を維持できるだろう。 だから調整型のリーダーは最初から不要なのである。 必要とされているのはカリスマだけだ。 過去高い支持を受けた首相にはいずれもカリスマがあった。
 一方で国民を前にして語るべき言葉もなく示すべきビジョンもなく、被災地の避難所を訪れても「頑張りましょう」「応援します」などリーダーが発するものとしては恐ろしく空虚な言葉しか出てこないような人物が、誰一人として望んでいないにも関わらずこの国のリーダーに居座り続けている地獄。

110407a.jpg

 今回の大震災を列島が焦土と化したあの敗戦になぞらえる輩がいる。 これを契機に日本は新たなパラダイムを構築しなければならないと言う。 まったく新しい社会を作るべきだと声高に主張する。 果たして本当にそうだろうか?
 理由は自分でも判然としない。 それが間違っているとも思わない。 ただ、今この状況でそんなことを言う人間たちを自分の皮膚感覚が拒絶する。 彼らはこの惨状を「来るべきものが来た」とし、「我々が何かを怠ってきた報いだ」と言う。 確かにそうかも知れない。 しかし我々は何かに敗れたわけではないし、それまでの価値観を根底から覆されたわけでもない。 我々が目指し、積み上げてきたものはそんなに悪いものではなかったはずだ。 でなければこの喪失感を説明することができない。 
 被災者でもなく、ましてや被災地にいるわけでもない自称コメンテーターが、東京のスタジオから「頑張り過ぎないで」という言葉を電波を通じて流布することにも抵抗を覚える。 対象と用法をよほど注意して使わなければ、それは日本をダメにする魔法の言葉となる。



 いま頑張らなくてどうする。

スポンサーサイト

菅が視察した福島第一原発だけが爆発。あとはわかるな?

110401a.jpg


 菅直人首相が大震災翌日、福島第1原発視察を強行したことが、事故対応を遅らせたとされる問題が、29日の参院予算委員会で取り上げられた。国民を放射能の恐怖に陥れた前代未聞の蛮行について、菅首相は「現地の状況を把握する必要があった。その後の判断に役立った」と開き直った。
 自民党の磯崎陽輔議員は同委員会で「原発危機が緊迫していたとき、どうしてヘリコプターで視察したのか。菅首相は『原子力を勉強したい』と語ったそうだが、とんでもない。最高指揮官としての初動ミスを犯した」などと批判した。

 これに対し、菅首相は「どう言ったかは定かではないが、現地の状況を把握する意味だ」といい、「私の視察で対応が遅れたという認識はない。短時間だが、原発の責任者らと会ったことで、その後の対応を立てるのに有効だった」と言い放ったのだ。
 もし、菅首相が原発事故を解決していたなら、胸を張っても構わないが、事故発生から2週間以上たつのに放射線物質は漏れ続けている。「史上最悪」とされるチェルノブイリ原発事故でも10日間で主な漏出は収まっている。なぜ、菅首相が「有効だった」と開き直れるのか理解不能だ。
 菅首相はさらに「日本最大級の危機に(首相でいる)責任の重さを痛感している」とも語った。「厚顔無恥」という言葉が頭に浮かぶ人も多いだろう。


ソース:菅ここまで厚顔無恥とは…「原発ヘリ視察」で開き直り - 政治・社会 - ZAKZAK

 今さら感満載のエントリーで申し訳ない。m(_ _)m
 残念ながら東日本大震災は我が国の歴史上最悪の自然災害であることは疑いようがない。 しかしながらその後の福島第一原発における原子力災害(放射能汚染)とその副産物であり今回の一連の災害のラスボスともいえる電力不足(=計画停電)への流れを決定づけたのは、あの12日の菅のヘリ視察というパフォーマンスだった。
 視察当日に内閣広報室からマスゴミ各社に提供された一連の画像は、「私は原子力に強いんだ」とうそぶきながら「原子力のお勉強」のために原子力安全委員会の斑目委員長を同伴させ、目の前のカメラを過剰なまでに意識し、緊迫した表情で現場の陣頭指揮に当たっている風のスッカラ菅のアリバイ写真集であった。

110401b.jpg

 なにこのダイハード顔www死ねやカスwwwww

110401c.jpg

 同乗の斑目委員長から講釈受けてる時も表情はキビシめでお願いしますw

110401d.jpg

 とりあえず見てるけど、やっべぇなんもわからんニダwww

 ここに至って事態はすでに東日本大菅災になりつつある。 本来なら前畑同様在日献金で総理の座を追われていたはずのトンチン菅とその内閣が、奇しくもこの大天災の襲来によってなし崩し的に延命し、未だ日本のリーダーの立場に居続けている不幸。 我々日本人は不幸なことに最悪の事態のなかで最悪の宰相をいただいている。 すべては自業自得だ。
 一度は更迭した鮮国、馬淵らを菅災のドサクサに紛れて官邸に復帰させ、菅災以来官邸にひきこもり、いや立てこもっている孤独感に耐えられなくなり、周囲に人がいないと熟睡できないという特異体質もあって、ロクに役に立ちそうにない自称有識者連中を次々と内閣官房参与に任命し、いつも本会議場や委員会室で決め込んでいるお得意の白昼夢に浸る時間を確保しようと目論む。 賭けてもいいがたぶん官邸ではずっと寝ているに違いない。
 立てこもり批判を払拭するため時折会見を開いてはみるものの中身はゼロ。 うろ覚えだが、いつかの会見で総理の発言終了直後に日テロ政治部の青山記者に「国民はそういう話を聞きたいのではなくて総理がこの先どうしていくのかというビジョンが聞きたいのではないですか?!」と語気を荒らげて突っ込まれていたのは思わず苦笑したが、今日の会見においても状況はまったく変わっていなかった。 こんな無脳が総理大臣であることを許せるのは唯一4月1日ぐらいのものだ。
 誰か早くこの無脳の額の緊急停止ボタン押してくれんかのう。 日本が滅びる前にこの無脳を永久に冷温停止させないとホントにヤバい。 平時でさえ総理大臣という職務があきらかにこの無脳のキャパシティーを大きく超えるものなのにも関わらず、有事も有事、国難の非常事態である。 これが戦国の世ならとっくに暗殺されて「デキる人」がトップになっているだろう。 現在の日本の思考停止状態は議会制民主主義の大いなる欠陥が露呈したといえる。 2009年の総選挙で民主に投票したクズどもは東電や国同様、被災地はじめすべての被災者への賠償責任があるから半島に逃げるなよクズどもが!
 事ここに至ってはクーデターが必要なのかも知れないと真剣に考えている。 菅直人と伸子に相応しいのはチャウセスク夫妻のような死に方だ。



追記(4/2):案の定、陸前高田でも高レベル放射性廃棄物なみの扱いだったようですw

続きを読む

Home

Twitter Updates

overdope_ < > Reload

Search
Meta
Translate
Links
Tag Cloud
Banner

Ranking
Amazon Free Delivery
義援金詐欺は死刑でいいよ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Mobile
QR
Feeds
Save The Sea of Japan
Check This Out !
FC2

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。