Home

OVERDOPE <β版>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

蛆テレビは核で消毒だ~!!

110209b.jpg

ボディーガードの二匹もウリナラクローンか何かでwww

110209c.jpg

全員同じ医師に執刀されてますw

5 :名無しさん@恐縮です:2011/02/08(火) 04:21:35 ID:Zbuegu1C0
フジテレビがK-POPに肩入れする理由は簡単
韓国歌手のCD著作権を譲渡されているから、自身の商売のために肩入れしているだけ
公共の電波を使うテレビ局としては許されない暴挙
欧米ではテレビ局が音楽著作権を得ることが禁止されていることが多いが、日本は野放し


チェックする方法(この場合はフジテレビがKARAの著作権を得ていることをチェック)

http://www2.jasrac.or.jp/eJwid/

権利者名を「フジパシフィック音楽出版」 出版者にチェック
アーティスト名を「KARA(韓国)」にして検索
フジパシフィック音楽出版はフジテレビの子会社
有名曲の著作権はほとんどフジが握っている


ソース:【音楽】KARAの最新アルバム「ガールズトーク」、海外グループとして“恋のマイアヒ”以来5年5ヶ月ぶりの5週連続TOP5入り

 タンブラーの方にはポストしておいたのだが、一応こちらでも取り上げておく。
 ここ最近、蛆テレビの朝はKARAアゲ定食で始まり、そのまま終日KARA騒ぎで終わる。 現実の世界とはまったく乖離したこの異常としかいいようがないキチガイじみたバカ騒ぎについては当然なんらかのバックグラウンドがあるものとは思っていたが、その一端を伺わせる書き込みである。
 で、さっそく検証してみた。

110209a.jpg

 ご覧のとおりである。 もちろん周知のことではあるが、蛆テレビが法外に安い電波利用料で公共の電波を私物化し、単なる収益のためのツールとしている現状があらためて示されたのである。
 先日の夕方、安藤優子がアンカーを務める蛆のニュース番組。 大相撲の八百長発覚がトップニュースかと思いきや、なんとトップはKARAの来日!? この「のちの慰安婦軍団」に対する蛆テレビの肩入れの異常さは前述した通りだが、この日は2時間の番組の枠内で延べ3回もKARAの来日を伝えた。 もちろん回を重ねるごとに新しいネタが出てくるなんてことはまったくなく、同じニュースの無限ループである。 KARAの来日の前には大相撲の八百長問題もエジプト情勢もニ面の扱い(笑)。 そしてもちろんKARAのニュースの時にはBGMでこの慰安婦軍団のタコ踊りの挿入歌が延々繰り返されるのである。 さらにテレ東で始まった出演ドラマのロケ風景をわざとらしく隠し撮り風味で撮ったり、なぜかしゃしゃり出てきた父親(たぶん娘をレイプした経験あり)のインタビューを何日にも渡って放送したりとやりたい放題。 そもそも今回のKARA分裂騒動が銭ゲバを発端にした自作自演の一大キャンペーンに過ぎないのだが、思考停止の㌧流信者や民主信者にとっては心配で心配で夜も眠れない騒動だったのだろう。
 この執拗な刷り込みに狂喜乱舞した在日や民主党信者や愚民どもがKARAのCDや音源を購入することで蛆テレビは濡れ手に粟のウハウハ状態という寸法だ。 誰かお台場空爆してくんねーかな。 いらねーよこんな局。 あの奇妙なデザインの社屋はそのまま丹下健三の墓標にすればいい。
 平成の売国をもくろむ民主党にとって最大の試練である国会が始まったが、そこで自らの亡国ぶりが露になるのを避けるためにまたまた絶妙のタイミングで持ち出してきた大相撲八百長問題だが、そんな旬なネタなどあろうがなかろうがどのみちKARA騒ぎに狂奔する蛆テレビには無用の長物だったかも知れない。

追記(関連記事):POP UP » フジテレビがK-POPを推す理由が判明

スポンサーサイト

続きを読む

朝鮮売春婦5人組の末路と悲情城市

110122a.jpg


 唐突に勃発した、韓国アイドルグループ・KARAの脱退騒動。5人組で活動してきた彼女たちだが、代理人を務める弁護士事務所が19日に明らかにしたと ころによれば、リーダーのパク・ギュリ(22)を除いた4人が、所属する韓国の芸能事務所「DSPメディア」に専属契約の解除を申し入れた。その後、ク・ハラ(20)が契約解除の申し入れを撤回したが、残り3人は徹底的に事務所側と争う構えのようだ。
 この話題について、ワイドショーなどのメディアでは大きく取り上げているが、AKB48とモーニング娘。でさえ区別がつかないのに、韓国から若い女性アイドルグループが何組も来日しては全く判別不能、という視聴者層も少なくないだろう。KARAは、お尻をクネクネと振り動かす"ヒップダンス"が魅力的なセクシーアイドルユニット。(中略)
 昨年、メディアや広告代理店が意図的に作り上げたかのようにも見える「K-POPブーム」が日本国内で巻き起こり、若い女性ファンを中心に人気を獲得しつつあった彼女たち。せっかく活躍の土台が固まりつつあったにもかかわらず、このタイミングで離脱を図った理由は一体何だろうか?
 事務所側へ契約解除を求める理由について、スンヨン、ニコル、ジヨンの3人は、「事務所が望まない芸能活動を無条件で強要し、人格を侮辱した」「所属事務所との信頼喪失が最も心痛である」と主張。代理人は「所属事務所側の前社長が病気で倒れ、現経営陣に代わってからこの問題が起きた。現経営陣は(芸能活動について)専門性がなく、会社の立場と利益のみを目標にしていたためメンバーに対してのケアが不十分だった」と説明している。さらに、メンバーがモデルとして活動しているオンラインショップ 「KARAオイ」では、メンバーに「BEST FUCKIN FIVE」と書かれた服を着せた写真を掲載し、ファンから強い抗議を受けたことがある。これにより、メンバーたちの名誉と自尊心が傷つけられたという。(中略)
 確かに、韓国の音楽市場よりも圧倒的に大規模な日本市場を開拓し、金銭的な不満があったとしても今後改善の余地はあったはず。本当にギャラではなく「名誉棄損」が今回の騒動の最大の理由なのだとすれば、もうひとつの憶測が浮かぶ。彼女たちの肉体を使った「スポンサー接待」の強要だ。
 昨年、韓国人女優のチャン・ジャヨンが、今後の仕事を得ることと引き換えに有力者と性的関係を持つように迫られたことを苦に自殺した事件を受け、韓国の国家人権委員会は、女優111人と女優志願者240人を対象に、枕営業の実態調査を行った。公表された調査結果によれば、回答者の中で実に60%もの女性が、資産家や政治家、テレビ・映画の製作関係者を相手にした性的な接待を持ちかけられた経験があるという。こうした枕営業のお誘いは、所属事務所や仲介業者、また同僚の女優・タレントから話が回ってくるのだという。それだけではなく、半数以上が資産家といわゆる愛人契約を結びスポンサードを受けることも提案されたそうである。

 折しも18日には韓国芸能プロダクションの代表取締役が、芸能界入りを志願した歌手志望の女性に「活動を支援してやる」と性的関係を強要したとして逮捕されている。韓国芸能界には、セックスの対価として仕事を与えるというおぞましい行為がはびこっているのだろうか。とすれば、契約解除を訴えたKARAメンバーたちも、こうした関係を強要され、蹂躙されていた可能性がゼロとは言い切れない。(後略)

ソース:分裂のKARA"セックス接待"に嫌気? 「人格の侮辱」「金銭的な理由じゃない」 - 楽天woman

 日本人の劣化のバロメーター。 管理人は最近㌧流のことをそう認識している。
 テレビをつければ早朝から深夜まで朝鮮漬けのカスゴミが洪水のようにタレ流すトンスル芸能情報。 とりわけ最近目に余るのが蛆(不治)テレビだ。 蛆の場合、それがニュースであれ情報番組であれバラエティーであれとにかく隙あらば、いや隙などなくても明けても暮れてもトンスルトンスルトンスルの無限ループ。 民主党を支持したような愚民どもならたちまち思考停止し「そうか私はトンスリアが好きだったのか」と瞬時に洗脳されていそうなほど公共の電波をトンスル化している。
 例えばこうだ。 砂糖や胡椒などの香辛料の値上がりを伝えるニュースでは、仕入れコスト高で苦境を迎えている食品メーカーを取材。 ゆくゆくはそれがわれわれ国民の家計にも跳ね返ってくるだろうと伝える。 ここで終わるのが普通のニュースだが、蛆の場合、たったひとつの魔法の言葉「お隣り韓国でも~」で公共の電波のトンスル化が行われる。 この後ニュースは韓国でも同様に香辛料の価格が値上がりして大変だと続く。 たとえ何を伝えようが、前後の脈絡があろうがなろうが、愚民どもの前頭葉にトンスルを刷り込むためならなんでも伝える。 すべては「お隣り韓国でも(は)~」の後だ。
 芸能はもっとあからさまだ。 こちらはまず㌧流の話題で、日本の話題は時間が余った時ぐらい。 ㌧流を伝えるためならたとえ火の中水の中。 新大久保だろうが鶴橋だろうが肥溜めだろうが何処へでも行く。 一体ここは何処の国なのだ? 蛆テレビはまるで日本と韓国を一体のものとして扱っている。 このケツふり売春婦軍団といい、少女時代はまったく別人の少女時代といい、蛆テレビを始めとする朝鮮メディアの常軌を逸したバックアップがなければ、いずれも不法就労で朝鮮出張マッサージ屋あたりに転がり込んで在日相手、MAX9cm対応専門の肉便器になるぐらいが関の山だったろう。


追記(1/25):日本公開当時の予告編を置いときます。

 話は変わるが久しぶりに侯孝賢監督の「非情城市」が観たくなり、これまた久しぶりに近所のTSUTAYAに行った。 久しぶりのTSUTAYAだったがあいかわらず誰も居ない㌧流の陳列棚が何故か増設されており、それによってアリバイ作り程度の小さなスペースになってしまった「その他のアジア映画」の棚をいくら探しても見つからない。 店員に訊いてみたら「古い作品なのでビデオでの扱いしかない」という。
 古いとはいえ1989年製作の映画であり、ヴェネツィアで金獅子賞をとった名作である。 もはやアジア映画のクラッシックに数えてしかるべきこの台湾映画が棚にない。 マトモな日本人なら一生ミクロの興味も抱くことなどないであろう糞みたいな㌧流TVドラマは通路を圧迫せんばかりの品揃えなのにも関わらず、戦後の台湾の激動と二・二八事件に至るまでを日本との関わりを交えながら描いたこの名作がない。
 管理人が悲情城市を探したのは、先日の台湾旅行の際、この映画の舞台となった基隆(キールン)と九份(キュウフン)にまで足を伸ばしたから。 視覚野にかろうじて残っていた映画の残像と現実の風景を重ね合わせることに苦労し、帰国したらもう一度観てみようと思ったからである。 その願いは叶わなかった。
 だが管理人はあきらめなかった。  TSUTAYAへのささやかな復讐を試みたのだ。 DVDのネット宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」に登録し、非情城市をはじめ無料期間中に上限枚数まで借りて退会してやろうと考えたのである。 我ながらスケールの小さな復讐であるw
 ところがTSUTAYA DISCASにおいてもこの悲情城市はストックされていないのである。 「まさかいくらなんでもそんなはずはないだろう?」と検索条件を変えて「非情」だけで検索してみたら、表示されたのは「白竜 非情のバトルロワイアル」とかいうVシネ。 在日は全力で支えるってことかw
 この結果は、チェーンストアの性質上日本全国のTSUTAYAに非情城市のDVDが存在しないことを意味する。 結局アマゾンで購入して観たのだが、朝鮮漬け学会TSUTAYAがこれほどまでに日本国民から隠蔽しようとする悲情城市。 あらためていい映画でした。

110122b.jpg

Home

Twitter Updates

overdope_ < > Reload

Search
Meta
Translate
Links
Tag Cloud
Banner

Ranking
Amazon Free Delivery
義援金詐欺は死刑でいいよ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Mobile
QR
Feeds
Save The Sea of Japan
Check This Out !
FC2

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。