Home > 2009年08月

2009年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

衆院選雑感

090831a.jpg
          http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52016651.html

 もう笑うしかないような開票速報だった。 かつて一億火の玉で英米と戦った日本人は戦後60余年を経て一億総白痴化した。
 今回の結果は後に様々な分析がなされるだろうし、多くの切り口があるだろうが、管理人が一番感じたのは、残念ながらいまだこの国はカスゴミの支配下にあるということだ。
 管理人自身、国会に行ったこともなければ永田町での出来事に特別明るいわけでもない。 そしてまた多くの国民が同じだと思う。 そうした国民が政治について知るのはやはりまだまだテレビや新聞。 つまり多くの国民にとって政治とはディスプレイの上や紙の上で展開されるヴァーチャルな事象である。 そして、テレビと新聞のいずれも利用者が完全に受動的な存在と位置づけられるメディアである。 つまり情報の受け手が報道内容を精査する能力がなければたちまち思考停止し、無条件にそれを受け入れてしまう。 以下に参照するのは少し前の記事だが、そうしたテレビによる愚民化現象を示している。

         自民評価、やや持ち直し…読売ネット調査【YOMIURI ONLINE】

 確かに国民が旧態然とした自民党政治に辟易し、何かを変えたいという思いは理解できる。 管理人とて今の自民党政治には様々な点で大いに不満があるのも事実だ。
 支持政党を選択するにあたっては各々の国民に各々のプライオリティがある。 年金問題、雇用問題、子育て支援、景気対策、安全保障・・・何を優先するかはその人次第である。 管理人の場合、それは「日本」だった。 日本が日本たるためには、現状選択できる政党はひとつしかなかった。
 民主党圧勝を受けて、既に特定アジア各国から歓迎ムードが伝えられている。 こうした反日国家から歓迎される政権を日本人は選択してしまった。
 閣僚経験もある自民党のベテラン議員の刺客として送り込まれたのは汚沢の息のかかった何処の馬の骨とも知れない女工作員。 不祥事やスキャンダルがなく(知られていない)清廉潔白だけが取り柄のこうした新人候補。 その経歴は元アイドル、元カスゴミ、元キャバ嬢と多士済々だ。 もう既に「姫の虎退治」の姫の素性さえ忘れてしまったのか、そうした選挙区の皆さんはカスゴミ主導の与党ネガキャンとぽっぽの「政権交代」連呼の前に完全に思考停止し、汚沢の悦び組に票を投じたのである。 残念ながら国会は村議会レベルにまで質が低下、内政一辺倒になり日本の国際的なプレゼンスは地に堕ちるだろう。

 選挙期間中、日本中を駆け回って支持を求めた麻生首相には心からお疲れさまでしたと申し上げたい。 党内からもコキ下ろされ、カスゴミからは叩かれっ放しのなか孤軍奮闘した選挙戦という印象だった。
 安倍ちゃんが体調不良で辞任した後を継いだチンパンが突如政権を放り出したところで就任し、その直後金融経済危機に見舞われ、「100年に1度の不況」が直撃し、国民のなかに大きなフラストレーションが鬱積するなかで政権運営を強いられた麻生首相。 この国の将来について明確なビジョンを持つ政治家が少ないなか、明るい日本の未来図を描くことのできる希有な首相が1年という短命政権に終わるのは残念としか言いようがない。
 今回の負け戦のなか、それでも麻生自民党に票を投じた人の多くはこの国の行く末を憂う市井の人々だろう。 小選挙区はその性格上、思考停止しムードに流された人々の投票行動の影響をモロに受けるが、それでも得票数を見る限り一定の割合で自民党候補に票を投じた国民が存在する。 今回自民党に愛想を尽かせて民主党に投票した元支持者が多数存在する一方で、新たに自民党の支持者となった人々も少なからず存在するであろう。 自民党はこうした人々の支持を礎石とし、逆風のなか彼らが自民党に何を求めたのかをしっかり分析し、保守本流の政党として出直すしかない。
 公明党は自民党支持層の小選挙区での選挙協力がまったくといっていいほど得られず惨敗した格好だ。 自民党の支持層が本来的に持っている公明党への嫌悪感が表出し、自民党が独自候補を立てていない選挙区では多くの票が民主党候補に流れたのだろう。 自公の選挙協力の脆さが露呈した。
 果たして公明党は与党の旨みを忘れることができるだろうか? 管理人は公明党には民主党にすり寄って社民、国民との連立政権の一角に入ってもらいたい。 多くの自民党支持層もそれを望んでいるはずだ。

 一過性の「チェンジ熱」という疫病に侵されて政権交代したアメリカ。 ところがオバマ政権の実際のほとんどはブッシュ政権の踏襲に過ぎない。 何かを変えるということはそう簡単なことではない。 共和党との違いを出そうと医療制度改革という難題に正面からぶち当たったオバマ大統領の支持率は早くも50%を割り込んだ。 低福祉低負担のアメリカに国民皆保険を導入しようという政策には国民のアレルギーも大きい。 低貯蓄で刹那的消費社会のアメリカに国民負担による国民皆保険なんて幻想を抱くとは国が違ってもさすが民主党という感じだが、この問題は日本において年金問題が自民党にダメージを与えたように(主犯格は社会保険庁と自治労)オバマ政権の致命傷になりかねない。
 同様に、昨年チェンジ熱で国民党政権となった台湾もいま政権基盤が揺らいでいる。 中国との経済的な関係強化は、それによって台湾が中国の経済植民地になることを恐れる独立派の反感を買い、今月台湾を直撃した台風8号では被災地での救援活動の遅れから500人以上の死者を出し、国民から厳しい批判にさらされている。 そんなおり、ダライ・ラマ法王が被災地を訪問するためビザの発給を申し入れると馬英九総統はこれを受け入れた。 懸念された中国からの脊椎反射的な批判も今回は抑えめで、どうやら中国の傀儡に等しい国民党政権を側面支援するため、敢えて馬政権の批判を避けているようである。
 チェンジ熱に浮かれてはみたものの、実際は何も変わらないどころか以前より悪くなることさえある。 この夏、一億総白痴化した国民が選択した近未来は、日本とも関係が深いこの二カ国が既に体を張って示してくれている現状と大差ない。 一番の問題は、今回民主党に票を投じた多くの国民が、自らが愚かな選択をしたことにすら気づいていないという事実である。

 民主党の崩壊は既に始まっている。
スポンサーサイト

鳩に餌を与えないで下さい

090929a.jpg

 鍵コメさんからいただいて先にタンブラーにポストさせていただいた画像を再掲させていただきます。 鍵コメさんありがとうございました。m(_ _)m

 ボランティアのみなさん、暑い中ビラ撒き、ポスティングお疲れさまでした。
 管理人もあいにくヒマだった仕事が急に忙しくなってきて午前様になったりしてるのに、深夜ポスティングに精を出してみたりしました。 ガラにもなく。 正直そんな自分の行動に自分で驚いている次第。 それというのも、日本が日本でなくなり、人が人でなくなるような、何か得体の知れない危機感を感じていたからなのかも知れません。 ともあれ、自分の小さなキャパのなかでやれることはやったのでどういう結果になろうが悔いはありません。
 もうここに至っては何も申し上げることがございませんが、自民党のなかでもとりわけエロ拓、下等、二怪の3バカについては彼らの逝き様に相応しい結果になりますように。 合掌。



       Do the right thing.

That's the way of Kyodo News


首相「金ないのに結婚するな」 学生イベントで

 麻生太郎首相は23日夜、都内で行われた学生主催のイベントで、若年層の結婚について「金がないのに結婚はしない方がいい。稼ぎが全然なくて(結婚相手として)尊敬の対象になるかというと、なかなか難しい感じがする」と述べた。
 「結婚資金が確保できない若者が多く、結婚の遅れが少子化につながっているのではないか」との学生の指摘に対する回答。一定の生活力が必要との趣旨とみられるが、不況の影響で就職先がなかったりワーキングプア状態にある若者たちに対する配慮を欠いた発言との批判も呼びそうだ。
 首相は「自分は金がないわけではなかったが、結婚は遅かった。あるからする、ないからしないというものでもない。人それぞれだと思うから、うかつには言えないところだと思う」とも述べた。

http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009082301000685.html

 丑スレでネトアサが必死に煽っているようだが、最初のスレの元記事は狂道発のこの記事。 強制裸祭りやったら朝日新聞社IPだらけになりそうな悪寒(笑)。
 いつもながらの揚げ足取りもここまでくると滑稽だが、見てのとおりどこにもツッコミようがない発言である。 ツッコミどころか犯罪性の高いのはお肉屋に850円を贈賄したぽっぽの方である。 つーか肉屋も追っかけて行ってでも釣り銭渡すだろ普通。 なに懐に入れてんだよ。 まあ支払いの時ぽっぽに「釣りはとっとけグルッポー」と脅されたんだろうけど(笑)。
 現実に結婚するには金が要る。 男の側からみれば婚約指輪や結婚指輪、結納金だっている。 そうした慣習は嫁を取る男の甲斐性をはかるものでもある。 つまりその程度の金も用立てられない男と結婚しても幸せにはなれないということ。 自分にも耳の痛い話だが、生活力のない男と一緒になっても女は苦労するだけ。 せっかく子供ができてもやがて離婚に至ってしまえば母子家庭や父子家庭が増えるだけ。 つまりは税金で児童手当など生活支援する世帯が増えるということである。 これは財政にもダメージを与える。
 一方でまた少子化も将来の税収の落ち込みに繋がる。 だからこそ今自民党は景気最優先の政策を進めているわけで、それは雇用拡大と同義である。 何でも不況のせいにして国民が国にタカりだしたらこの国は終わり。 自分の人生は自分で切り拓くしかないのだ。
 首相の発言の動画を見てみたが、小さな会場であり、面と向かった質問者の学生に対して答えたもので、ただ学生の意見に同意しただけ。 明らかに一般論であり、同時に質問者の学生への個人的なアドバイスといったニュアンス。 こういうケースで総論のつまんない答えをしてしまうのが普通の政治家だが、麻生太郎という人間は良くも悪くも各論で本音で語る。 ただしマスゴミはそのように受け取らない。
 狂道自ら首相の当該部分の発言の音声を公開しているが、これを聞いて首相「金ないのに結婚するな」というタイトルの記事に転化してしまうのだからカスゴミフィルターとは恐ろしいものである。

 この質問の質問者として【ザンさんの日記/mixi】

 狂道通信やネトアサ、不治らがこうした些事を掻き集めて麻生政権のネガキャンに必死だが、その狂道通信は先日の民主党の国旗切り裂き事件をどう伝えていたのか気になったのでサイト内を検索してみたところ、自社発の記事すらなく、南日本新聞の記事に拠っていた。

日の丸重ねて民主党旗 首相の批判に「切り刻んでない」

 麻生太郎首相は17日の党首討論会で、民主党が今月初めに鹿児島 県内で開いた集会で日の丸の旗2枚を使って民主党旗を作り掲げていたと指摘、「国旗を切り刻むとは許しがたい」と鳩山由紀夫代表を批判した。8日に霧島市 で開かれた民主新人の皆吉稲生さん(59)の「国分地区総決起集会」を指しているとみられる。皆吉さん陣営は「支持者が作ったが、切り刻んではいない」と 説明している。
 皆吉さん陣営によると、旗は支持者が手作りし当日持ち込んだ。「いいものを作ってくれたと掲げた。バタバタしていて日の丸の旗とは気づかなかった」という。
 首相の指摘を受け、陣営スタッフは17日夕、作った支持者宅を訪れ実物を確認。日の丸の旗2枚を重ねていたが、いずれも切り刻まれてはおらず、真ん中の白い部分は白い布を当て縫っていたという。民主党のマークは下の円がゆがんだ形で、正確に表現したものではないらしい。

http://www.47news.jp/news/2009/08/post_20090818105748.html

 それによると日の丸は切られたのではなく「重ねられて」いたそうで、ご丁寧に民主党の言い分「切り刻んでない」まで紹介している。
 この事件が公になったのは記者クラブでの党首討論で麻生首相がこのことに言及したのがきっかけだが、なぜ東京での出来事、しかも記者クラブでの発言については一行も自社発の記事を書かず、一痴呆紙の記事に依拠するような真似をするのだろうか?
 答は簡単である。 狂道が記事にすれば、その狂道と契約しているすべての主要各紙や痴呆紙が同じ記事を書いて輪転機にかける。 翌朝、民主党の悪行がたちまち日本全国津々浦々に流布される。 民主党の腰巾着で太鼓持ちの狂道痛信にそんなことができるはずがないのである。
 一方で麻生首相についてはその逆。 少しでも難クセつけれそうな発言でもあろうものなら、どんな集会のどんな文脈上の発言であっても、都合よく切って繋げて、そして時には捻じ曲げてでも記事にする。 記事を売ってやってる主要各紙や痴呆紙が勝手にそれを広めてくれるからだ。 そして時には社説の雛型まで提供してやったりするから、あちらこちらの痴呆紙の社説が似たり寄ったりなんていう笑えない事態にもなる。
 狂道痛信のサイト「47NEWS」の「47」は日本の都道府県の数を表しているのではない。 民主党政権下で日本が「日本省」になった時に、いつでも「支那ニュース」と呼び名を変えられるようにしてあるからである。

090825a.jpg

 昨日党本部より発注分が到着。 ギャンブルチラシ在庫終了だそうです。
 ボランティアのみなさん、ポスティングご苦労さまです。

http://www.ldplab.jp/ldplab/2009/08/090817.php

ぬこ>ヒト?

090822a.jpg

 公選法に抵触するおそれもあるので、前のエントリーから久々に半島ネタに戻したりしたわけですが、なんだかんだいっても結論は韓直人(笑)。 もうあんまり気にするのもアホらしいし、こんなしょーもないブログなんぞいつ閉鎖になってもいいし、日本の為になるなら管理人などいつでも喜んでタイーホされるんですが、それでも一応中立的(笑)な立場から感じたことを。

 今日のテレ東「週刊ニュース新書」。 スタジオに何故かぬこがいる番組です。
 今日は各党の党首が勢ぞろいしての党首討論。 前日にあらかじめ収録された内容が放送されました。
 ちょうどぽっぽが司会の田勢氏に発言を求められ、失言しないよう妙に慎重な物言いをしてる時、カメラが一瞬「与党席」を捉えると、そこには麻生首相の前のテーブルに前脚を乗っけて何かを訴えかけているぬこの姿が。 首相もぬこに笑顔を向けてます。
 すぐに画面はぽっぽの貧相な顔のアップに切り替わってしまいました。 中身のないぽっぽの言葉なんぞ聞かされるより、麻生首相とぬこが戯れる様子を見たかったと思ったのは僕だけではなかったでしょう。
 それにしても「弱い犬ほどよく吠える」とはよく言ったもので、発言のほとんどは志井とみずぽ(笑)。 特にみずぽは麻生首相が発言中も辛抱たまらずクロストーク仕掛けてくるので、首相に何度もウザがられて注意される有様。 毎度のことながら討論番組でのこうしたルールすら守れないような人間が党首なんてね(笑)。 そりゃ泡沫化するわ。
 ぬこっていうのはその人が発するオーラとか匂いとかに敏感だからブラックな輩のそばには行きたがらないだろうし、そういう視点で見ればこの収録時にぬこの居場所は麻生さんの周辺だけしかなかったということになる。 もしかしたらぬこはこの魑魅魍魎が跋扈するスタジオに放り込まれて狼狽し、麻生首相に助けを求めていたのかも知れぬ。 上の画像でわかる通り、番組開始当初から麻生首相のそばにいるし・・・。 「半径2メートルの男」の威力は人間以外の生き物にも発揮されるということなのか。
 各紙世論調査によればミンスが300議席の勢いだと。 8月30日、人間様もぬこぐらい正しい選択ができればいいのだが・・・。

090522b.jpg

 画像は「たまねぎ通信」さんから勝手に拝借しました。 すんまそん。m(_ _)m

金大中、シンガンス、韓直人、変態在日新聞


1 :はるさめ前線φ ★:2009/08/19(水) 07:11:20 ID:???

社説:金大中元大統領 激動の韓国を体現した

  韓国の金大中(キム・デジュン)元大統領が苦難と栄光の交錯した一生を終えた。本人が「行動する良心」を自任する一方、日本からは見えにくい厳しい評価も 韓国にはある。だが、抜群の資質を持ち、この国の激動の現代史を体現した稀有(けう)な政治家であったことは間違いない。ご冥福を祈りたい。
 36年前、東京のホテルからソウルに拉致された事件によって金氏は日本で最も名高い韓国人となった。この事件が韓国情報機関の組織的犯行であり、日本への主権侵害にあたることは明白だったが、政治決着によってうやむやにされた。日韓双方の政府が不誠実であった。
  しかし金氏は、自らの大統領在任中はこの問題に手を付けなかった。07年の真相調査委員会報告書の発表を受けてようやく韓国政府は日本に対する主権侵害に 「遺憾の意」を表明し、外交的には決着した。だが日本の捜査当局による容疑者調べは実現していない。事件の大団円を迎えぬまま金氏がこの世を去った事実 は、歴史に刻まれるべきである。
 もっとも金氏は対日外交では目覚ましい成果を上げた。大統領として98年に来日し当時の小渕恵三首相と合意した 「日韓パートナーシップ宣言」は、史上最良とも評価された日韓友好の時代を築いた。金氏は細心の注意を払って韓国における反日感情を抑制し、いわゆる「日 本大衆文化」の解禁も進めた。日韓文化交流の隆盛はこの延長線上にある。
 金氏は一方、「太陽政策」を掲げて北朝鮮との関係改善にも尽力したが、功罪相半ばするところがあり、評価は定まっていない。
 00年の金正日(キム・ジョンイル)総書記との初の南北首脳会談は和解ムードを広げた。南北離散家族の再会も一部ながら実現し、金剛山観光や北朝鮮に韓国企業を進出させる構想も進んだ。
  しかし、この融和路線は北朝鮮の高濃縮ウラン開発疑惑の浮上を機に矛盾が露呈する。次の盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権は対北支援を大幅に増やしたが、北朝鮮 のミサイル発射や核実験の強行で韓国世論が冷え込み、「太陽政策」は正しくないという声も高まった。金氏はこれを憂慮し、入院前は北朝鮮に妥協しない李明 博(イ・ミョンバク)政権の姿勢を強く批判していた。
 「歴史的な南北首脳会談」を主な理由として金氏が受賞したノーベル平和賞は色あせてしまった。韓国で逮捕され日本人拉致を自供した人物を北朝鮮に送還したことも、日本における金氏の声望を少なからず傷つけたのである。
 それでも大方の日本人の金氏への評価は高いだろう。
民主化の闘士として死刑判決も受け、4度目の挑戦でついに大統領に当選した不屈のドラマ。その迫力が多くの人々の胸を打たずにはおかないからである。

毎日新聞 2009年8月19日 0時03分(最終更新 8月19日 0時54分)
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20090819k0000m070106000c.html

関連スレ
【韓国】金大中氏死去―日韓の新時代を開いて 日本との和解に心を尽くしたとの印象が深い(朝日新聞・社説)[08/19]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1250632561/
【韓国】韓国の金大中元大統領が死去[08/18]★2
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1250578863/
【日韓】河野洋平前衆議院議長「韓半島は重要な時期、金大中元大統領が必要だ」[08/14]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1250292676/

ソース:【韓国】金大中元大統領、激動の韓国を体現した 大方の日本人の金氏への評価は高いだろう(毎日新聞・社説)[08/19]【東亜N+】

 金大中の最大の功績はノーベル賞がカネで買えるということを実証したことだろう。 過去にノーベル平和賞を受賞したお歴々の中には思わず首を捻りたくなるような人物もいるが、その筆頭が金大中。 今世界から孤立している北韓国と、世界から蔑まれている南朝鮮を見る時、この賞がいかに無意味なものだったかよくわかる。
 その金大中が大統領の時、韓国で政治犯として服役していたシンガンス(辛光洙)らを恩赦で釈放した。 原敕晁(ただあき)さんや地村保志さん夫妻、そして横田めぐみさんの拉致の実行犯である。 当時そのシンガンスらの釈放を求め、「在日韓国人政治犯釈放の要望書」に署名したうちの一人が韓直人である。 言うまでもなく、いったい何人いるのかさっぱりわからない民主党の代表代行である。
 金大中や韓直人らの尽力でまんまと母国に凱旋したシンガンスは金豚に英雄として迎えられたという。

 拉致実行犯~辛光洙(シンガンス)【YouTube】

 こうした人物を「それでも大方の日本人の金氏への評価は高いだろう」と書いてしまう変態在日新聞にはもうお気の毒としか言いようがない。 金輪際「日本人」を主語に記事を書かないでもらいたいものである。

 金大中氏のご冥福をお祈りしません。
 韓直人氏のご冥福を一刻も早くお祈りしたい。

090819a.jpg

090819b.jpg

090819c.jpg

続きを読む

Home > 2009年08月

Twitter Updates

overdope_ < > Reload

Search
Meta
Translate
Links
Tag Cloud
Banner

Ranking
Amazon Free Delivery
義援金詐欺は死刑でいいよ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Mobile
QR
Feeds
Save The Sea of Japan
Check This Out !
FC2

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。