Home > 2010年09月

2010年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

机上の空論vs.実戦的思考

100928a.jpg
                 動画(当該部分は音声のみ)はこちら

 中共の工作船の船長がピースサインを誇示しながら石垣空港からチャーター機で逃亡して数日。 管理人はあいかわらず忙しくこの問題について長考するような時間はないのだが、釈放後に売国奴政権に全国民的な批判が集まっている姿を見て正直少し安堵もしている。 また、そんな時だからこそ国民の総意たる売国奴政権への批判のなか、やや違ったトーンの主張をする者は非常に目立つ。
 管理人が一番引っかかったのは報ステでの寺島実郎の発言。 こいつは普天間問題がヒートアップした時期にルーピー政権の特使としてワシントンに飛び、水面下で米政権に何とかねじ込もうとしたが「何処の馬の骨とも知れない民間人寄越してどーすんの」と袖にされている。 所詮ブレブレ政権のブレーンごときが相手にされるはずもない。
 管理人は、寺島実郎が自らの出演番組でテーブルの前に広げる分厚いシステム手帳が嫌いである。 あんなものを後生大事に抱えてるのに仕事ができる奴はまずいない。 百歩譲って持ち歩くぐらいは良しとしても、テレビカメラの前でそれをひけらかす理由がわからない。 アタマの中が整理できていない証拠である。 トレードマークのダブルのスーツは加齢臭をいっぱい吸い込んで悪臭を放っているはずだ。
 寺島の喋った内容は酷すぎてもう忘れてしまったが、要約すると「日本は中国よりももう一段高みから今回の事件を処理したのであって、中国の報復措置にいちいち反応するのは大人気ない。 むしろ今回の事件で大きなものを失ったのは中国」みたいなことだった。 思い返せば中国で反日が盛り上がるたびにこうした言説が何処からともなく湧いてきて世論を支配してきた。 そのたび日本人は「中国愚民と同じレベルには堕ちまい」と、その傍若無人な振る舞いに怒りを覚えつつも懸命に自制してきた。
 だが、いくらこちらが高みから達観しても、中国からすれば日本は既に事実上戦略的舎弟関係、つまり格下の国という認識にある。 中国を偏愛するNHK製作の龍馬伝。 そのオープニングの龍の爪の数が示す通り、日本は華夷秩序の最下層に置かれたのである。 にも関わらず寺島のような輩は、我が国固有の領土を強奪されようというこの期に及んでもこれまでと同様の言説を繰り返すのみ。 あの堂々たる体躯(単なるデブだが)、無駄に濃い顔でもって延々と詭弁を弄する。 一見ものわかりの良いこうした言説が長い年月をかけて日本人を骨抜きにしてきた。
 日本の周囲にはゴロツキ国家しかいない。 地政学上そのような地域にありながら奇跡的に一国だけひたすら善隣外交をやってきた日本もそろそろ限界に来たのである。 そして国民の多くはそのことに気づきつつある。 一方で言論人と呼ばれる方々の一部にはまだこうした「大人の対応」を声高に主張するものもいる。 相手が日本人と同じような人間ならそれもいい。 だが実際に相手となるのはゴロツキだ。

85 :名無しさん@十一周年:2010/09/27(月) 18:26:51 ID:75te/1D2P

川合俊一(9/25放送 読売テレビ「あさパラ!」での発言)

 「一番屈しちゃいけない国に屈しちゃった感じするね、今回。世界中とね、例えばさ、バレーの試合でもさ、たぶん他のスポーツでも世界と戦った人はみんな分かってると思うけど、アメリカとか韓国とかさ、いろんなとこに、試合してても、負けたらさ、そのあと、でも対等だったりするわけ。ま、負けても勝っても友だちよ。(スポーツマンシップ?と聞かれ)そうそう。中国って、もし、(日本が)試合負けるでしょ、そのあとみんなパーティとか行くと、もう昨日まで普通だった中国の選手が、もう『飲めよ飲めよ』と、もう上から来るわけ。もう嵩(かさ)にかかってくるの。あ、こいつらには絶対負けちゃいけない、負けたらこんな目に遭うんだ。試合でも、えっ?そんなインチキまで勝ちたいの?っていうぐらいのインチキしたりするんですよ。すごいこと。あのね、勝ってくると、たとえば1点取られてもいいから、こいつらに屈辱与えようみたいなね、そういうようなね、反則してまで点を取ってきたりするわけ。そこまでやっちゃいけないだろ。だから俺たちは、もうだいたい、中国には負けるの絶対だめだと。もうおっしゃるように、もう一回負けたらずっと負けますよって言われるから。負けちゃいけないって…」
 「(中国政府が賠償と謝罪要求をしてきたことについて)返したから、良かった良かったとはならないもんね。こうやって、おまえらが悪いんだって、また嵩にかかって、また来るでしょ。今後、大変なことになるよ」
 「(文化交流まで駄目にするのは、中国がいかに駄目な国なのかを表しているという話の流れで)それ世界発信しないと。中国人ていうのは何が一番嫌かというと、自分が何されると嫌かというと、自分の仲間が笑われるのが一番嫌なの。そうすると普通、日本人だったら庇うけれども、中国人は優勢な時は庇うけど、ちょっと劣勢になると、みんな引くから。だから今回もしかしたら、たとえばいろんな、こういう事例を出して世界に発信して、温家宝がとんでもないことを言ってるってね、怒るんじゃなくて、笑うの。『アッハッハ、温家宝が』って、一斉に笑うの。そうすると、中国人は一気に、『あ、温家宝って笑われてる』って思ったら、一気に引くから。そういう、別に、いい悪い別として、そういう国民だから」


http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1285577166/85

 寺島のような頭でっかちな言論人には永遠に辿り着くことなどできないであろう単純明快な真理。 中国人と実際にバレーボールを介して「戦争」をした河合の言葉には多くの示唆が含まれている。 中国に何らのパイプもない今の政権に、こうした皮膚感覚で中国のことを理解している人物がどれだけいるだろうか?
 いや、そもそも売国奴たちにとってはすべてが予定通りなのか・・・。
スポンサーサイト

続きを読む

鮮国、急転直下型ブレーンバスター土下座

100924a.jpg

 帰宅し、疲れた体に鞭打ってこの駄文をしたためている。 前にも何度か書いたように管理人は肉労なので、繁忙期の今はブログを更新する気力もなくなる。
 尖閣問題については領海侵犯&違法操業の工作船の船長の拘置期限となる29日まで状況は変わらないものと思っていたので、次のエントリーはその時にすればいいと考えていた。 しかし、この前の為替介入がそうだったように、カンガンスの鮮国傀儡政権は意表をついて国民を驚かすのが趣味のようだ。
 介入の時、管理人はたまたまチャートを見ていたので(肉労の管理人がまさかFXやってるわけじゃありませんがw)、何の指標もない時間帯にグラフが異常な動きをしたのですぐに気がついた。 それでも最初は半信半疑で、レートチェック(中央銀行が民間銀行に「いまのレートはいくら?」と訊くこと。 レートチェックの実施が伝わると市場では介入に対する警戒心が強まる)かと思ったら、直後に野田が会見するという情報が入ったのでモノホンだったとわかった次第。
 今回の介入についてはそれまでの無為無策をネタフリにしたぶん効果もあったと思う。 管理人は輸入する側の立場なので円高は望むところではあるが、それもあくまで経済の実状を反映した為替水準のなかでの話である。 だから介入については一定の評価をしている。
 ただ今回のチャンコロ船長の釈放には心底驚いた。 「処分保留で釈放」という落としどころそれ自体は日本の土下座外交の歴史を見る限り現政権でなくとも十分に想定されたものではあったが、拘置期限を満たす前のこのタイミングでよもや突然釈放の決定がなされるとは思わなかった。 観光客の渡航禁止、閣僚級の交流停止、レアアースの輸出停止、旧軍の遺棄化学兵器処理の下見に行ったフジタの社員の拘束と、中共が矢継ぎ早に恫喝カードを切ってきた直後のタイミング。 期限いっぱいまで拘置し、略式起訴後に罰金刑を課すぐらいのことがなぜできないのか? しかも結局VTRはお蔵入り。 宝の持ち腐れなのかそもそも宝じゃなかったのかはわからないが、政府は中共の恫喝に何らのカードを切ることもなく、粛々と釈放しただけだった。
 そもそも旧軍の遺棄化学兵器は化学的に不安定で戦後何十年も経つうちに既に分解されており、現地で出てくるのは人民解放軍や露助のものばかり。 それで麻生政権の時にこの処理事業自体が打ち切られたものを、例の鳩山由紀夫(元人類史上最悪のバカ総理・死ね)がお得意の友愛精神で復活させたもの。 今回4人が人質になったのも元人類史上最悪のバカ総理の功績である。 つまり今回の事件では鳩山の友愛害交が中共に報復手段を与えるきっかけをつくったことになる。
 鮮国は今回の決定を検察の判断と丸投げしているが冗談は顔だけにしてもらいたいものである。 那覇地検は処分保留とした理由について「わが国国民への影響や今後の日中関係を考慮した」と述べたが、明らかに三権分立を逸脱した越権行為である。 そんなものは検察マターじゃない。 つまり実際は明らかに内閣(鮮国)から指示があり、検察としては忸怩たる思いのなか釈放に至ったという経緯を会見で匂わせずにはいられなかったのではないだろうか。 事実鮮国は今回の釈放が決定される直前に中共にハイレベル協議を打診して断られている。 おそらく鮮国は中共の恫喝に失禁し、恐怖に打ち震えながら「高度な政治判断(笑)」をするに至ったのだろう。 鮮国以下亡国内閣の連中は今回の責任をとって全員尖閣諸島に永住・・・いかん、すぐ中共に不法占拠される。
 昨日イチローが10年連続200本安打を達成した。 日本を背負って輝き続けるイチローの快挙に快哉を叫んだというのに一夜明けたら日本を貶めるだけ貶める売国政権の所業。 昨年の汚沢訪中団が事実上の朝貢外交使節団だったことからも明らかなように、民主党政権は本気で日本を中国の属国にするつもりなのだろう。 今回の件はその始まりに過ぎない。 今後尖閣諸島の周辺では中共の工作船が跋扈するだろう。 今回の件で海保も検察が頼りにならないことがよくわかったはず。 案件は陸に上げたら最後、脱法的処置で釈放されて終わり。 前のエントリーで書いたように海上ですべて事を決すべし。

内憂外患に怯える珍内閣

100923a.jpg


 日本領海に侵入した中国漁船船長の逮捕をめぐる「尖閣問題」で、反日感情を高めている中国の大手紙が、効果的に日本を追いつめる「対抗措置」を特集で報じた。各方面の専門家らに「日本をギャフンと言わせる」ための経済政策や軍事戦略を語らせるという噴飯ものの記事で、いずれも外交ルールを無視した禁じ手ばかり。わが国も“返す刀”の対抗措置は十分にあるのだが…。
 中国大手紙「環球時報」が専門家らに聞いた日本への対抗措置は、(1)東シナ海ガス田の共同開発交渉を無期限延期もしくは中止(2)中国が円を買い進めることによる円高促進(3)レアアースやエネルギー資源の輸出制限(4)日中環境保護協力協定の停止(5)戦闘能力のある漁船の尖閣海域への定期派遣(6)尖閣海域での軍事訓練-など。もちろん、毎度おなじみの「日本製品ボイコット」も入っている。
 これに対抗する手はあるのか。別の中国紙の日本支局長は次のように言う。
 「中国にとって最大のダメージは、日本の環境技術撤退や無償資金協力(ODA)の即時中断。なかでも日本の環境技術の撤退は、深刻な環境汚染問題を抱える中国にとって最大級の痛手です。ODA中断も、中国の国民にほとんど知られていない日本の支援の大きさを知らしめる良い機会。中国と中国企業による知的財産侵害を片っ端から国際社会に訴え、『チャイナリスク』の危険性を執拗にアピールするのも効果的でしょうね」
 中国がすでに輸出規制を打ち出したレアアース、レアメタルも、代替品開発が進んでいる。中国国民が日本製品を本気でボイコットするなら、中国との領土問題を抱えるインドに製造拠点をシフトすればよいという。
 「多くの日本製品の生産拠点は中国内なので、中国が今後も強硬な態度を続ければ、結果的に自国の雇用を奪うことになる。日本企業は中国を無視して他の東南アジア諸国-ベトナムやインドネシア、タイ、ラオスなどに工場を移せばいい。観光にしても、まだ日本から中国に流れる金のほうが多く、双方の渡航自粛ムードが高まれば困るのは中国側です」(同)
 とはいえ、いまさら“目には目を”の対抗措置は大人げない。『中国をめぐる国際環境』の著書がある岡部達味・首都大名誉教授も「中国メディアの挑発を真に受けるのはむなしい」と冷ややかだ。
 「中国政府は自国民からの弱腰批判を避けるため、振り上げた拳がおろせない。日本としては、主権を堅持しつつ、中国のメンツをつぶさない引き際を考えてあげるべきでしょう」
 ちなみに、日本と同様に中国と領海問題でつばぜり合いを繰り広げている韓国では、年間5000人もの中国漁民を拘束しているという。たった1人の船長拘束による“恫喝”にオタオタする必要はないのだ。

ソース:中国紙、日本“恫喝”特集 外交ルール無視!禁じ手ばかり…【ZAKZAK】

 この記事に書かれているような当たり前の対応が今の政権に出来るとは思えないが、よほどの売国企業か時流に無頓着な企業じゃなければ生産拠点は既に中国から東南アジアにシフトさせつつあるだろう。 中共によって不当に過小評価されている人民元が切り上げ圧力に耐えられなくなれば、製品を中国で生産するメリットなど皆無に等しい。
 本業が繁忙期に入って更新もままならない状況だが、民主党政権というのは日本人の心にただの一日たりとも平穏をもたらすことはないようである。
 それにしても「戦い終わってノーサイド、これからは全員野球」だのと口を揃える民主党の議員たち。 実際は「勝てば菅軍で汚沢ジェノサイド、サマナ全員死亡」状態なのだが、これまた「412人内閣」とか意味不明な言葉を繰り返して虚党一致を演出してみせるカンガンス。 その改造内閣の陣容たるや狂気の沙汰である。 どうみても悪い冗談としか思えぬ岡崎トミ子の国家公安委員長就任に加えて、部落解放同盟副委員長が環境大臣というのもこの政権の性質を体現するものだろう。 この両名を筆頭にカンガンス改造内閣の実態は叩けばヘドロが出る旧社会党の連中が中心となった出自ロンダリング内閣である。
 尖閣諸島の件もゴロツキ中共があいかわらずゴネている。 なまじ生かしておくからいつまでもゴネられる。 海保は今回の事件を教訓に次からはきっちり銃撃して轟沈させるようにしてもらいたい。 北海道の漁船がロシアの国境警備隊にしばしばやられるのと同様の扱いで良い。 もっとも露助みたいに日本の漁師に照準を合わせてトリガーを引くような鬼畜になる必要はないが。
 珍政権が超法規的措置(笑)でも取らない限り、船長が自らの犯罪行為について否認を続けている現状では起訴後も拘置される可能性が高い。 中共としては船長が釈放されるまで延々と虚勢を張り恫喝を繰り返すだろう。 大阪地検特捜部じゃないが「自分たちが日本に強硬な姿勢を貫いたからこそ船長が解放された」というストーリーづくりの真っ最中だからだ。 そして日本のマスゴミもおおむね同様の見方、つまり中国の国内事情、すなわちこうした反日が反政府運動に転化しないよう愚民制御システム作動中ということだが、それに安心して状況を座視し続けることこそ危険なことである。
 中国の膨張主義、領土的野心は常軌を逸している。 今でこそ十一管はじめ現場の頑張りで辛うじてどうにかなっているものの、無脳な亡国社会党政権では今後官邸内での指揮系統に齟齬が生じる可能性も高い。 事実カン改造内閣は週末を休日返上で官邸での勉強会(犬HKは「集中討議w」)に費やしたものの、席上今回の尖閣問題に特化したお勉強はなく、それが終わったら今度はみんなで仲良く中華料理屋で円卓を囲んだそうである。
 鳩山由紀夫(死ね)はじめ民主党の連中は365日三食中華で済ませている印象しかないが、時節柄中華料理は控えた方が・・・という発想自体が皆無なのが民主党クオリティーなのだろう。 とにかく尖閣諸島についての危機意識はないに等しい。 唯一の救いは国土交通相から外務相に横滑りした対中強硬派(笑)の前張りさんだが、あの程度で強硬派と言われてしまうことがそもそもおかしいのであって、ただ普通に仕事して普通に発言しているだけのこと。 残念ながら彼とて同じスタンスで竹島や北方領土に望む気配はない。 前張りさんはたぶん中国に何らかの私怨でもあるのだろう。
 一方で鮮国官房長官はあろうことか日本側から今回の問題解決に向けてハイレベル協議を中国側に持ちかけて断られたという。 サヨク歴が長いくせに支那蓄の扱い方がまったくおわかりでないあたりはさすがとしか言いようがない。 今は毎日中国の恫喝にブルブル震えているのだろう。 このまま鮮国を放置しておくと独断専行で伸身のムーンサルト土下座を決める恐れがあるので周囲の厳重な監視が必要である。
 今回の件に関しては中国の動きを注意深く監視しながら表面的には黙殺するに限る。 観光客の渡航禁止やレアアースの輸出規制など次々とカードを切る中共だが、連中に残されたカードは少ない。 あとはチベットから拉致して世界中に有償で貸与して荒稼ぎしているパンダの即時回収ぐらいのものだ。 できれば犯罪者予備軍の中国人留学生や在日中国人、さらには宗主国の責任で在日トンスラーを一匹残らず回収して欲しいものだが。
 いずれにしろ海保が撮影したというVTRの公開が待たれる。 おそらく無数のMADが作られることだろうw

100923b.jpghttp://www.worldtimes.co.jp/news/world/kiji/100917-191757.html
管理人の唯一の趣味は古地図収集ですが、上海の東台路の骨董街に行けば尖閣諸島を日本領として記載してある中共の教材用地図帳の類いはいくらでも入手できますw


パンダの目には狂気の色がある。

民主党代表選雑感

100915b.jpg

国民の皆様から鳩山もう一度やってみろという思いをいただいたので自分に一票。



 二週間に及ぶゴミ同士の無意味な戦いがようやく終わったわけだが、管理人が今思うのは二匹のゴミ以上に鳩山由紀夫よ死ねということだ。
 それにしても無為無策無知無脳のカンガンス相手にも勝てないとは、選挙に強いという汚沢の神話も完全に終焉を迎えたようだ。 本人曰く「最後の御奉公」にでて惨敗したわけだから、ここは潔く議員辞職するか済州島に帰るのがスジだろう。 何が「これからも一兵卒として頑張る」だぁ? 「次の選挙には出ない」という前言をすぐに翻した鳩山由紀夫(死ね)同様、往生際が悪すぎるわ。 そのくせ自分を事あるごとに幕末や維新の志士とかになぞらえるとか冗談は顔だけにしてくれや。 負けた後は赤坂の居酒屋で慰労会だとw 電子顕微鏡でも見えねーぐらいちいせえんだよ器が。 仮にも志士名乗るなら負けたら潔く腹掻っ捌け。 それとも国会議員票で接戦に持ち込んだから大成功で闇将軍復活ニダ<ヽ`∀´>で、居酒屋でスペランカーとタワラはべらして山岡賢次で朝鮮式の男体盛りか? 自分で書いて想像して吐いたわ(゚Д゚)ゴルァ!
 と、汚沢代表選出に合わせてこれまで収集してきたネタ画像が全部ボツになった管理人の愚痴はこのぐらいにしておく。 カンガンスのネタ画像って面白くないんでね。(´・ω・`)
 国会議員の投票に先立って行われた両ゴミの演説。 汚沢が語る国家像はまるで現実感を喪失した地上の楽園であり、どこかの国の見本市的首都の風景を想起させるものだった。
 一方でカンガンスが同僚議員の前職を50以上も列挙した時にはついにぶっ壊れたかと思った。 どうせならもっと具体的にキャバ嬢とかぶってぶって姫とか風俗ライターとかトンスル新聞の日本支社長とか過激派とか・・・あんまり列挙するとこっちまでぶっ壊れるのでこのへんにしておきますがw
 これで汚沢の街頭演説に喜んで動員されてオザワンコールしてたトンスル工作員は火病発症後アイゴーだなw 今ごろヤケトンスルで悪酔いしてあちこちに火つけて回ってるだろうから火の用心。 強姦にもね。
 で、代表選が終わったばかりの会場でマイクを向けられ、その結果について問われた最高肛門様は興奮の面持ちで「ひゃくてんまんてん! かんくんもおざわくんも・・・」。 その横を10倍速で再生したくなるような動作で歩いていく羽田元首相・・・。 二人とも一刻も早く特養逝けよ。 命に関わるぞ! とまあ事程左様に民主党代表選の会場はカルト教団の年次総会の様相を呈していたわけだが、地方議員、国会議員と、永田町に近づくにつれて党員・サポーターの票数と乖離していく様は、いかにこの場所が特殊な祝祭空間であったかを証明するものであろう。
 今まさに民主党はそのお粗末なシンボルマークのように完全に二分され溶解過程に入った。 メルトダウンは時間の問題だ。

100915a.gif

オザワン死の行進
きっこ姐さんとかミニー姐さんとか日韓ヒュンダイとかタッソタクーヤ正大師とかが後から謝罪と賠償要求してきそうな悪寒w

投票結果

100914a.jpg100914b.jpg

 昨日まで投票を受けつけておりました民団主党の次期代表を予想するアンケートにご協力いただきありがとうございました。 また同時にたくさんのコメントもいただきありがとうございました。 投票下さった方々がみなこのブログの読者の方だとは思いませんが、管理人よりも人生の先輩方が多くいらっしゃるのに驚いている次第です。 (;^_^A
 投票結果(クリックで拡大)は以下の通りです。

100914c.jpg              http://blog.with2.net/vote/?m=va&id=46920

 結果、多重投票と思われる分を差し引くとほぼ6対4の割合(冒頭の画像の横幅で表現してみました)でオザワン尊師の代表選出を予想された方が多かったようですが、どういう結果になるものやら・・・。 愚民やトンスラー、カルト集団の考えてることは常人には理解できないので管理人もどちらが勝つのかさっぱりわかりません。┐(´ー`)┌
 管理人的には尊師が「暫定」首相になって国会で集中砲火を浴びて火病発症し、ガラスの心臓が悲鳴を上げて本場仕込みのリアル病身舞in国会が見たかったのですが、どちらが勝つにしても日本は亡国への道を突き進むことでしょう。 事実上初めて在日朝鮮・韓国人が選んだ日本国総理大臣。 直ちに法則が発動して短命政権に終わることを希望します。
 一方の自民党はと言えば、党執行部の陣容が変わり、石原伸晃が幹事長、小池百合子が総務会長と若返りのみに力点が置かれた人事。 イメージ戦略やってる場合じゃないだろうという気がするのは管理人だけでしょうか? つーかそもそもイメージアップしてんの?って感じですがorz 谷垣総裁以下超軽量級の布陣がどういう戦略で来たる亡国国会に臨むのかお手並み拝見といったところです。

 管理人の本業もまた繁忙期に入りました。 このところ頻繁に更新して参りましたが、またいつものペースに戻りそうです。

Home > 2010年09月

Twitter Updates

overdope_ < > Reload

Search
Meta
Translate
Links
Tag Cloud
Banner

Ranking
Amazon Free Delivery
義援金詐欺は死刑でいいよ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Mobile
QR
Feeds
Save The Sea of Japan
Check This Out !
FC2

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。