Home > スポンサー広告 > WBC二次リーグ日本対南朝鮮戦 日本の敗因を検証してみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

ななし URL 2006-03-17 (金) 14:20 edit

上原・松坂はWBCルールで2次リーグ韓国戦には投げられなかったのでは?

worldwalker URL 2006-03-17 (金) 20:46 edit

王監督は「まさかと思ったけれど。神風が吹いたね。」

メキシコ選手の談話
「我々が次のステージに進むことは叶わなかった、しかし残されていた最後のもう一つの椅子に座るのにアメリカは相応しくないチームだった。我々が日本をその席につける力になれたのなら幸せだ」
http://ameblo.jp/worldwalker2/entry-10010243494.html
WBC えっ?マジで?メキシコありがとう (´▽`)』

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://overdope2005.blog74.fc2.com/tb.php/134-a0b14cc2
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from OVERDOPE <β版>

Home > スポンサー広告 > WBC二次リーグ日本対南朝鮮戦 日本の敗因を検証してみた

Home > 未分類 > WBC二次リーグ日本対南朝鮮戦 日本の敗因を検証してみた

WBC二次リーグ日本対南朝鮮戦 日本の敗因を検証してみた


 WBC二次リーグ最終戦。 日本は南朝鮮にまたしても敗れた。 一度ならず二度までも格下の国に敗れるとはまったくもって信じられない。 一日本人として正直悔しいの一言だが、負けを受け入れる必要がある。 勝負は勝負だ。
 ただ、この試合にも「勝負のあや」はいくつかあった。 8回の南朝鮮の攻撃。 ライトに上がったファウルフライをスタンドにダイブして捕りにいったイチローだったが、この日全米から集結してスタンドを占拠し、日本の攻撃中も例の「テーハミング・コール」をやめなかった、マナー知らずの南朝鮮人ファン(彼らは恐らく野球のルールすら知らないだろう)と、立場上南朝鮮に勝ってもらわなければ望みがなくなる地元アメリカ人に邪魔されて捕球できなかった。 あそこに日本人ファンが陣取っていたら結果は違っただろうが、現実には終始イチローに野次を飛ばす南朝鮮人がウヨウヨしていた。 結局杉内は四球を与え、更にヒットを浴びて傷口を広げた。 あそこでリリーフして打たれた藤川を責めるのは酷だろう。 王監督は自分のチームの選手である杉内を過信し、交代時期を誤まった。
 9回、日本は先頭の西岡がホームランを放ち逆転に望みを繋げる。 ところが次打者の金城はあっけなく凡退し追撃ムードに水を差す。 それでも続く松中が粘りに粘ってヒットで出塁。 ふたたび逆転への機運が高まるが、ここで代打で起用された新井は三振。 最後のバッター多村の初球の大ファールがレフトポールをそれた時、日本の命運は尽きた。
 金城も新井も朝鮮からの帰化人である。 もちろんその事で彼らに文句を言うつもりはない。 選んだのは王監督である。 彼らが自分たちの祖国との対戦に手心を加えたとも思わない。 ベストは尽くしてくれたと思う。 ただ、この試合の勝敗の分かれ目は日の丸の重みを知っている選手がどれだけいたかにかかっていたと思う。 技術、確率、相性うんぬんではない。 金城にしても新井にしても複雑な心境のなか試合に臨んでいたのではないだろうか。 ベンチにはアテネのキャプテンを務めた宮本もいたし、敗戦後ベンチで涙に暮れていた和田もいた。 負けるにしても僕はそういう選手を使って欲しかった。
 1点差の負けは監督の責任だ。 事実データを拾っても日本が南朝鮮に劣っている点はない。 敗因は、打線に有効打が少なかったこと。 質量ともに豊富、最低限ながらコマは揃っていた投手陣を使いこなせなかった王監督の采配。 交代のタイミングはいつも遅く、今日の南朝鮮戦に至ってもスクランブル態勢をとらず、和田や藤田、薮田らをうまく活用できなかったこと。 上原や松坂でさえ、投げろと言われれば喜んで投げたはずだ。
 今回はホークスの王監督が日本代表の監督を兼任したのだが、やはりサッカーのような専任監督にすべきだろう。 今回のような兼任の場合、各チームから主力選手を預かっている立場上、どうしても選手の起用法に遠慮や過信が生まれ、判断を鈍くする。 責められるべきは王監督ではなく、WBCを王監督に丸投げした日本野球機構の怠慢だ。
 また、今回召集令状がきたにも関わらず代表を辞退した国内外の選手はこの結果を深刻に受け止めるべきだ。 この敗戦を忘れるのではなく、次の戦いの糧とする日本代表の為のシステムが必要だ。 それはセ・パ両リーグとは切り離し、独立した組織としなければならないだろう。 いつまでも「ベストメンバーじゃないから」という逃げ道を残しているようでは日本野球に未来はない。
 
 二次リーグを通過したに過ぎないのに、南朝鮮チームはビクトリーランをし、マウンドに属国旗を立てた。 まるで優勝でもしたかのように。 完全に日本とアメリカへの当てつけだ。 イチローはこの行為に「不愉快ですね。」と怒りを露わにした。 僕もまったく同じ気持ちだ。 日本はグッド・ルーザー(良き敗者)であるべきだが、勝者がこのようにとても敬意を払えない振る舞いをするようではそれも虚しい。 しかも神聖なマウンドに属国旗を突き立てるとは・・・。 今に始まったことじゃないが、朝鮮人の振る舞いはいつも品性を欠く。 せっかく勝ったのに、それを自ら貶めるような行為に走ってしまう朝鮮人、救いようがないとはこの民族だ。
 メキシコの健闘、クレメンスの大乱調を祈る。

 それから、T豚Sの「世界の松下」、ブログが炎上してるようだが、今回も酷い実況だったな。 すべて南朝鮮の立場からの実況は、日テレの藤井アナ同様国籍を疑うもの。 氏ねよ松下。


WBC-3/16南朝鮮戦で南朝鮮人に妨害され怒るイチローの動画
日韓戦 ひどすぎる実況 松下極刑か?【T豚S実況板】
反日実況アナウンサーTBS松下賢次【野球総合板】

Comments:2

ななし URL 2006-03-17 (金) 14:20 edit

上原・松坂はWBCルールで2次リーグ韓国戦には投げられなかったのでは?

worldwalker URL 2006-03-17 (金) 20:46 edit

王監督は「まさかと思ったけれど。神風が吹いたね。」

メキシコ選手の談話
「我々が次のステージに進むことは叶わなかった、しかし残されていた最後のもう一つの椅子に座るのにアメリカは相応しくないチームだった。我々が日本をその席につける力になれたのなら幸せだ」
http://ameblo.jp/worldwalker2/entry-10010243494.html
WBC えっ?マジで?メキシコありがとう (´▽`)』

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://overdope2005.blog74.fc2.com/tb.php/134-a0b14cc2
Listed below are links to weblogs that reference
WBC二次リーグ日本対南朝鮮戦 日本の敗因を検証してみた from OVERDOPE <β版>

Home > 未分類 > WBC二次リーグ日本対南朝鮮戦 日本の敗因を検証してみた

Twitter Updates

overdope_ < > Reload

Search
Meta
Translate
Links
Tag Cloud
Banner

Ranking
Amazon Free Delivery
義援金詐欺は死刑でいいよ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Mobile
QR
Feeds
Save The Sea of Japan
Check This Out !
FC2

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。