Home > スポンサー広告 > マイペンライな無観客試合にケンチャナヨな痴女軍団

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://overdope2005.blog74.fc2.com/tb.php/27-dcf2b28b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from OVERDOPE <β版>

Home > スポンサー広告 > マイペンライな無観客試合にケンチャナヨな痴女軍団

Home > 未分類 > マイペンライな無観客試合にケンチャナヨな痴女軍団

マイペンライな無観客試合にケンチャナヨな痴女軍団

 第三国での無観客試合となったサッカー日本代表の北朝鮮戦。 おりしも日本代表にとってはこの試合の勝敗がW杯出場の可否に関わるとあって、その注目度は高かった。 日本代表サポは試合会場であるバンコクのスパチャラサイ競技場の敷地内に入ることすら叶わず、会場内での取材を許された日本のマスコミですら「青いシャツの着用禁止、声援禁止」のお達しが出た。 ピッチ上で声を出す選手たちやベンチからの指示の声はともかく、さぞかしスタンドは異様な静けさに包まれることだろうと思いきや、TV中継を観ているとなんだかスタンド方面が騒がしい。
 試合を通して敷地外から声援を送る日本代表サポの歌や太鼓の音は競技場内に設置されたマイクを通じてはっきりと聞き取れるものだったが、ひとたび北朝鮮チームが攻勢に転じた時のみ、それとはまったく異質のやや扇情的な「キャー!キャー!」式の黄色い声が聞こえてくるではないか。 これはもしや・・・と思っていたら、案の定あの非合法国家がまた非合法手段を用いてスタンドに喜び組、あるいは痴女軍団(そもそも僕はあの女たちのどこが「美女」なのかわからない。 精神が「将軍様マンセー」で病んでいる女を美女とは言わない)を潜入させていたのであった。 北朝鮮大使館関係者、つまりVIPとしてタイのサッカー協会から入場を許されたはずの北朝鮮人は、こともあろうか同胞に躊躇なく声援を送った。 いつもながらのルール無視の愚行だ。 もっとも当日会場を警備するはずだったタイの武装警官たちも警備そっちのけでスタンドから試合を観戦。 スポンサーがらみで入場を許されて試合を楽しんだ地元のタイ人も相当数にのぼったようで、このマイペンライの国の無観客試合で結局一番わりを食ったのは、世界中の誰よりもこの試合を一番間近で観るべきだった日本代表サポの皆さん。
 遠路はるばるバンコクまで応援に来たのに、日本人らしく節度を守ったせいで試合中は敷地内にも入れなかったのは悲しいとしか言いようがない。 タイ人の警官なら100バーツほど握らせとけば、会場内はともかく敷地内ぐらいならすんなり入れてくれただろうものを・・・。 もっとも百戦錬磨の代表サポの皆さんならそんなことは先刻ご承知のはず。 それをあえてしなかった皆さんにはホントに頭が下がります。

この試合は断じて「無観客試合」ではなかった
無観客名ばかり、「関係者」200人

Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://overdope2005.blog74.fc2.com/tb.php/27-dcf2b28b
Listed below are links to weblogs that reference
マイペンライな無観客試合にケンチャナヨな痴女軍団 from OVERDOPE <β版>

Home > 未分類 > マイペンライな無観客試合にケンチャナヨな痴女軍団

Twitter Updates

overdope_ < > Reload

Search
Meta
Translate
Links
Tag Cloud
Banner

Ranking
Amazon Free Delivery
義援金詐欺は死刑でいいよ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Mobile
QR
Feeds
Save The Sea of Japan
Check This Out !
FC2

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。