Home > スポンサー広告 > 死ね!今こそお國の為に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

豆鉄砲 URL 2006-12-12 (火) 03:50 edit

全国で同じ喋りなんですかね。私は「もうね私ね、芸人じゃないんです。犯人なんです」「偏った右翼思想のみをお伝えしたい」で最大に笑いました。

蝦夷王 URL 2006-12-12 (火) 10:35 edit

実物に遭遇したことはありませんが、これ(車の写真だけで私は爆笑しました)で笑えるのが所謂「右寄り」の人で、笑えないのが「進歩的」な人ってのが現代日本の状況なんですね。

右翼のパロディって普通は「左翼」がやるもんだと思うんですが日本のサヨクは妄想的な屁理屈と空疎なスローガンに生命を掛けてる非常につまらない人種ですから。

asayake URL 2006-12-12 (火) 12:39 edit

一度行ってみたい気がするのですが、なんだか男性ばかりな気がして気後れしちゃうんですよね^^;客層ってどうでしたか?

hana URL 2006-12-12 (火) 13:58 edit

昔バイト先に現れた時、鳥肌さんイメージと違いすぎてビックリした事がw
青くて綺麗な肌と目が印象的でした。
行ってみたいのですが怖くてまだ行けてないです。

無所属廃人 URL 2006-12-12 (火) 21:03 edit

九段会館の講演会視聴ご苦労様です。ちなみに自分、ネタ提供を中将殿が希望していたので大和ミュージアムに行きましたか?と言いましたら長渕剛と角川社長そして男達の大和・1/1大和セットについて演説してくれました(このネタ提供に中将閣下も喜んでくれました)。
去年に大和の映画がやった以上中将殿には是非!やってもらわねば。
ちなみに初日の講演会(自分の地元)で中将殿は玉砕スーツ姿でした。

guldeen URL 2006-12-12 (火) 23:48 edit

地方在住の私は、鳥肌閣下の講演を見に行けないんですよ。あー、悔しい。「今朝、わたくし目を覚ましますと・・・」で始まるスピーチは、しっかりと覚えこんでしまっております。
しかしこんな芸でゲラゲラ笑っておきながら、一方で先日に公開された「硫黄島からの手紙」を見てきた際は、しんみりとなって帰宅しました。勝てない戦いはするもんじゃないなぁ、と。

overdope URL 2006-12-13 (水) 23:51 edit

>豆鉄砲さん ほぼそうみたいです。 mixiの鳥肌コミュで完全にネタバレしてました。

overdope URL 2006-12-13 (水) 23:58 edit

>蝦夷王さん 街宣車の反対側の画像はこちらにございます。 未読でしたらご参照下さい。

http://overdope.exblog.jp/4001164/

overdope URL 2006-12-14 (木) 00:09 edit

>asayakeさん 客層は男女イーブンで、男は10代~40代、女は10代~20代が中心ですね。 9日の講演には学会の工作員みたいなのが紛れ込み、終始ヘンな野次とばして荒らした模様。

overdope URL 2006-12-14 (木) 00:12 edit

>hanaさん 怖さとは無縁のピースフルな雰囲気ですよ(笑)。 マジで。

overdope URL 2006-12-14 (木) 00:15 edit

>無所属廃人さん 松江でしたか。 中将、10日も「今年のツアーの最初の松江なんか客が46人しかおりませんでした」と言ってました。 去年も同じようなこと言ってた記憶が。 これってネタですかマジですか?

overdope URL 2006-12-14 (木) 00:19 edit

>guldeenさん はじめまして。 中将、けっこう地方も巡業してるはずなんですが、それでも近くに来ないということは巡業コースからたまたま外れたところにお住まいなのですね。
ちなみに「硫黄島からの手紙」もネタにされ、クリント・イーストウッドのことを「あのアングロサクソンのしゃちこばった野郎」と言ってました。

無所属廃人 URL 2006-12-14 (木) 23:07 edit

ちなみに初日講演のときは客の数をかぞえてないので正確な数はわかりませんでした。ただ一ついえる事は講演前は並んだという事、席に座りしばらくして後を振り返るとかなりの人数がいたことは確かです(多分46人以上はいたと思う)。

774RR URL 2006-12-15 (金) 00:14 edit

すいません、中将のCDを購入したいのですが、お勧めなんちゅうのはございますでしょうか。左に出てる鳥肌黙示録はAmazonの評を見てしまうと、少し躊躇してしまいます。

overdope URL 2006-12-17 (日) 17:18 edit

>無所属廃人さん やっぱりネタですか(笑)。

overdope URL 2006-12-17 (日) 17:21 edit

>774Rさん すみません。 僕もススメてるくせに何も持っていないのです。 無責任ですね。m(_ _)m 個人的には講演会ですっかり満足しております。

774RR URL 2006-12-17 (日) 18:43 edit

なるふぉど、基本はやはりライブでございますか。小生も逝ってみたいです。
千葉県若葉文化ホール(2006/11/24)の講演テキスト起こしを発見したので、取り敢えずはコレを熟読して雰囲気を掴みたいと存じます。ありがとうございました。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://overdope2005.blog74.fc2.com/tb.php/295-5317d176
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from OVERDOPE <β版>

Home > スポンサー広告 > 死ね!今こそお國の為に

Home > 未分類 > 死ね!今こそお國の為に

死ね!今こそお國の為に

      会場入口に設置されていた立看板 開演中は壇上に上げられていた
   同じく会場入口に展示されていた中将の街宣車 ダイハツのウォークスルーバン


 逝って参りました。 時局講演会。 それにしても旧軍人会館(九段会館)の見事な帝冠様式は美しかった。 内部も細かな部材にはまで装飾が施してあり、昭和初期の建築遺産の威光が存分に感じられた。
 会場前の駐車場には大日本愛国党の街宣車があり、中将の時局講演会の開催を妨害する学会や総連の工作活動に睨みをきかせていた。 愛国党といえばあの故赤尾総裁。 僕が東京に出てきて間もない頃、数寄屋橋で街頭演説をやっていたのを見たことがある。 不肖・宮嶋が日大芸術学部在学中に彼に密着取材し、その通夜にも列席し彼の亡骸をおさめた写真集を出版したことは宮嶋フリークなら誰もが知るところであろう。
 このへんの話は長くなるので割愛。 今回の講演会のタイトルは「死ね!今こそお国の為に」だったが、実質的なタイトルは中将曰く「朝鮮人は出ていけ!」であった。 運悪く隣に座った奴の口臭が臭すぎて、おまけにこいつが全身笑いのツボみたいな奴で、とにかくずっと笑いっ放し。 そのたびにぷ~んと臭い息が漂ってきてなかなかテンションが上がらなかった。 お前のことだよ! 1階な列の4番に座ってた口害デブ! モンダミソしてこいや(゜Д゜)ゴルァ!
 今回中将のネタにされたのは以下の方々(僕の覚えている限り、順不同、一部敬称略)。

 北朝鮮、金正日、盧武鉉、学会、池田大作、小泉純一郎、安倍晋三、今井メロ、石原晋太郎、西村眞悟、胡錦涛、麻原彰晃、清水健太郎、長渕剛、アントニオ猪木、ジョージ・ブッシュ、コンドリーザ・ライス、福島瑞穂、辻元清美、土井たか子、姜尚中、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞、山崎拓、加藤紘一、筑紫哲也、孫正義、クリント・イーストウッド

 今年の時局講演会、全国巡業中に北朝鮮の核実験が勃発し、そのせいでネタの見直しを余儀なくされ、中将の北朝鮮と金正日に対する怒りは尋常ではなく、いつもメインになる学会ネタと同じぐらいの時間を北朝鮮ネタに費やした。
 また今年は小泉ネタが多く、これはやや意外であった。 昨年は真剣を使っての立ち回りやふんどし一丁での大太鼓乱れ打ちだったが、今年はエロ拓、金豚、彰晃、大作との「ジャクソン5」ネタとか、人間車輪とか、やや卑近なネタが多かったような気がする。 もちろん面白かったけど。
 映像ショーに関しては昨年の「靖国参拝&顔コラ」が出色の出来だっただけに、やや物足りなさを感じた。 昨年より11kg太ったとかで、玉砕スーツもパッツンパッツンで着る事ができす、紋付き袴だった。 そのせいか、最初は間違って新宿末広亭にでも来てしまったんじゃないかと思うほどであった。
 こんなブログやってるというのに、ツボに入ったのはほとんどシモネタのとこばかり。 笑いに思想は介入できぬ。 お後がよろしいようで。

Comments:17

豆鉄砲 URL 2006-12-12 (火) 03:50 edit

全国で同じ喋りなんですかね。私は「もうね私ね、芸人じゃないんです。犯人なんです」「偏った右翼思想のみをお伝えしたい」で最大に笑いました。

蝦夷王 URL 2006-12-12 (火) 10:35 edit

実物に遭遇したことはありませんが、これ(車の写真だけで私は爆笑しました)で笑えるのが所謂「右寄り」の人で、笑えないのが「進歩的」な人ってのが現代日本の状況なんですね。

右翼のパロディって普通は「左翼」がやるもんだと思うんですが日本のサヨクは妄想的な屁理屈と空疎なスローガンに生命を掛けてる非常につまらない人種ですから。

asayake URL 2006-12-12 (火) 12:39 edit

一度行ってみたい気がするのですが、なんだか男性ばかりな気がして気後れしちゃうんですよね^^;客層ってどうでしたか?

hana URL 2006-12-12 (火) 13:58 edit

昔バイト先に現れた時、鳥肌さんイメージと違いすぎてビックリした事がw
青くて綺麗な肌と目が印象的でした。
行ってみたいのですが怖くてまだ行けてないです。

無所属廃人 URL 2006-12-12 (火) 21:03 edit

九段会館の講演会視聴ご苦労様です。ちなみに自分、ネタ提供を中将殿が希望していたので大和ミュージアムに行きましたか?と言いましたら長渕剛と角川社長そして男達の大和・1/1大和セットについて演説してくれました(このネタ提供に中将閣下も喜んでくれました)。
去年に大和の映画がやった以上中将殿には是非!やってもらわねば。
ちなみに初日の講演会(自分の地元)で中将殿は玉砕スーツ姿でした。

guldeen URL 2006-12-12 (火) 23:48 edit

地方在住の私は、鳥肌閣下の講演を見に行けないんですよ。あー、悔しい。「今朝、わたくし目を覚ましますと・・・」で始まるスピーチは、しっかりと覚えこんでしまっております。
しかしこんな芸でゲラゲラ笑っておきながら、一方で先日に公開された「硫黄島からの手紙」を見てきた際は、しんみりとなって帰宅しました。勝てない戦いはするもんじゃないなぁ、と。

overdope URL 2006-12-13 (水) 23:51 edit

>豆鉄砲さん ほぼそうみたいです。 mixiの鳥肌コミュで完全にネタバレしてました。

overdope URL 2006-12-13 (水) 23:58 edit

>蝦夷王さん 街宣車の反対側の画像はこちらにございます。 未読でしたらご参照下さい。

http://overdope.exblog.jp/4001164/

overdope URL 2006-12-14 (木) 00:09 edit

>asayakeさん 客層は男女イーブンで、男は10代~40代、女は10代~20代が中心ですね。 9日の講演には学会の工作員みたいなのが紛れ込み、終始ヘンな野次とばして荒らした模様。

overdope URL 2006-12-14 (木) 00:12 edit

>hanaさん 怖さとは無縁のピースフルな雰囲気ですよ(笑)。 マジで。

overdope URL 2006-12-14 (木) 00:15 edit

>無所属廃人さん 松江でしたか。 中将、10日も「今年のツアーの最初の松江なんか客が46人しかおりませんでした」と言ってました。 去年も同じようなこと言ってた記憶が。 これってネタですかマジですか?

overdope URL 2006-12-14 (木) 00:19 edit

>guldeenさん はじめまして。 中将、けっこう地方も巡業してるはずなんですが、それでも近くに来ないということは巡業コースからたまたま外れたところにお住まいなのですね。
ちなみに「硫黄島からの手紙」もネタにされ、クリント・イーストウッドのことを「あのアングロサクソンのしゃちこばった野郎」と言ってました。

無所属廃人 URL 2006-12-14 (木) 23:07 edit

ちなみに初日講演のときは客の数をかぞえてないので正確な数はわかりませんでした。ただ一ついえる事は講演前は並んだという事、席に座りしばらくして後を振り返るとかなりの人数がいたことは確かです(多分46人以上はいたと思う)。

774RR URL 2006-12-15 (金) 00:14 edit

すいません、中将のCDを購入したいのですが、お勧めなんちゅうのはございますでしょうか。左に出てる鳥肌黙示録はAmazonの評を見てしまうと、少し躊躇してしまいます。

overdope URL 2006-12-17 (日) 17:18 edit

>無所属廃人さん やっぱりネタですか(笑)。

overdope URL 2006-12-17 (日) 17:21 edit

>774Rさん すみません。 僕もススメてるくせに何も持っていないのです。 無責任ですね。m(_ _)m 個人的には講演会ですっかり満足しております。

774RR URL 2006-12-17 (日) 18:43 edit

なるふぉど、基本はやはりライブでございますか。小生も逝ってみたいです。
千葉県若葉文化ホール(2006/11/24)の講演テキスト起こしを発見したので、取り敢えずはコレを熟読して雰囲気を掴みたいと存じます。ありがとうございました。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://overdope2005.blog74.fc2.com/tb.php/295-5317d176
Listed below are links to weblogs that reference
死ね!今こそお國の為に from OVERDOPE <β版>

Home > 未分類 > 死ね!今こそお國の為に

Twitter Updates

overdope_ < > Reload

Search
Meta
Translate
Links
Tag Cloud
Banner

Ranking
Amazon Free Delivery
義援金詐欺は死刑でいいよ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Mobile
QR
Feeds
Save The Sea of Japan
Check This Out !
FC2

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。