Home > スポンサー広告 > この夏読んだ2冊 後編 「あたらしい歴史教科書」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

worldwalker URL 2005-10-06 (木) 11:50 edit

画像が充実した、いいブログですね。

overdope URL 2005-10-07 (金) 00:06 edit

>worldwalkerさん ありがとうございます。 でも、画像は拾い物ばかりなんで・・・。 恐縮。 

素町人@思案橋 URL 2005-11-25 (金) 10:38 edit

突然で勝手ですがご招待です
 「扶桑社/歴史教科書」にちなんだクイズがあります。反日思想に染まった図書館司書の人に、この本が独断で廃棄されてしまった事件の顛末が問題になっています。
 お近くへおいでの節は、どうぞ拙宅へもお立ち寄り下さい
http://blog.q-q.jp/200511/article_144.html
(ご迷惑でしたら、お手数ですがコメント、TBの削除をお願いします)

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://overdope2005.blog74.fc2.com/tb.php/48-0f266a0b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from OVERDOPE <β版>

Home > スポンサー広告 > この夏読んだ2冊 後編 「あたらしい歴史教科書」

Home > 未分類 > この夏読んだ2冊 後編 「あたらしい歴史教科書」

この夏読んだ2冊 後編 「あたらしい歴史教科書」

 中韓が猛反発しているつくる会編纂の扶桑社「あたらしい歴史教科書」。 一読した感想としては、非常にバランスのとれた良い教科書だった。 自分が中学生の頃、こういう教科書で勉強したかった。 僕は杉並区の中学生が羨ましい。 もし多感な時期にこうした教科書で歴史を学んでいたら、もう少しマシな大人になっていたと思うからだ。
 で、中韓がこの教科書のどの部分に猛反発しているのか検索してみたが、連中に猛反発されるような箇所など何一つもない、というのが結論だ。 そもそも、自国の教科書は歪曲捏造のオンパレードで愛国教育を繰り広げているこれらの国に、他国の教科書を批判する資格などまったくないのであり、連中の言い分は詭弁に過ぎない。 杉並区同様に扶桑社の歴史教科書が採択された栃木県の大田原市でも、「成りすまし日本人」が「日本」を「二本」と誤植したビラを配ったりしたようだ。 それにしても「アジア・太平洋戦争」とは初耳だ。 このビラを作った成りすまし日本人「槐 六男」の祖国ではそう呼ばれているのだろう。
 この教科書に反発している中韓の連中はこの教科書をちゃんと読んでいないに違いない。 つくる会、扶桑社ということだけで反発しているに違いないのだ。 でなきゃ連中は恐らく文盲なのだろう。
 仕方なく中韓の連中が反発しそうな箇所を無理やりいくつか探してみた。 いずれの記述も、こんなことぐらいで火病ってるんだとしたらホントにご苦労なこと、っていうぐらいのものである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日米の生産力の差もしだいに表面化し、日本軍はとぼしい武器・弾薬で苦しい戦いを強いられたが、日本の将兵は敢闘精神を発揮してよく戦った。(205P)

物的にもあらゆるものが不足し、寺の鐘など、金属という金属は戦争のために供出され、生活物資は窮乏をきわめた。 しかし、このような困難の中、多くの国民はよく働き、よく戦った。 それは戦争の勝利を願っての行動であった。(209P)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「よく働き、よく戦った」 本当にその通りだと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アジアの人々を奮い立たせた日本の行動

日本軍は、長いあいだ、アジア各国を植民地として支配してきた西欧の勢力を追い払い、とても白人には勝てないとあきらめていたアジアの民族に、驚異の感動と自身をあたえてくれました。 長いあいだ眠っていた『自分たちの祖国を自分たちの国にしよう』という心をめざめさせてくれたのです。(後略)」

(マレーシアの独立運動家・元上院議員のラジャー・ダト・ノンチック氏の著書より)(207P)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 他の出版社の歴史教科書には載らない記述だろう。 中坊の頃、こういうエピソードを教科書で見ることはなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このとき、日本軍によって、中国の軍民に多数の死者が出た(南京事件)。 なお、この事件の犠牲者数などの実態については資料の上で疑問点も出され、さまざまな見解があり、今日でも論争が続いている。(199P)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 南京事件についての記述も極めて客観的で控えめだ。 中国政府が主張する「30万人の死者」は年々増える一方で、このままいくと100万人を超える日もそう遠くはないだろう。

 今この瞬間ですら世界のどこかでは戦争や紛争が行われている。 人類の歴史は戦争の歴史であり、人類は所詮戦争を止めることはできないのだ。 扶桑社の歴史教科書は、戦争が悪だということを前提としたうえでその功罪を両面から論じている点で、理想主義に固執し戦争のネガティヴな面ばかりに光を当てる他社の歴史教科書とは明確に一線を画している。 一刻も早く、自虐史観に立脚した歴史教科書がなくなり、扶桑社のようなバランスのとれた歴史教科書が国中で採択される「当たり前の」日が来ることを願わずにはいられない。

(※教科書のページを撮影した画像が不鮮明でしたので、テキストに起こしました。)

つくる会の教科書反対人間の鎖をさらに囲むOFFまとめサイト

Comments:3

worldwalker URL 2005-10-06 (木) 11:50 edit

画像が充実した、いいブログですね。

overdope URL 2005-10-07 (金) 00:06 edit

>worldwalkerさん ありがとうございます。 でも、画像は拾い物ばかりなんで・・・。 恐縮。 

素町人@思案橋 URL 2005-11-25 (金) 10:38 edit

突然で勝手ですがご招待です
 「扶桑社/歴史教科書」にちなんだクイズがあります。反日思想に染まった図書館司書の人に、この本が独断で廃棄されてしまった事件の顛末が問題になっています。
 お近くへおいでの節は、どうぞ拙宅へもお立ち寄り下さい
http://blog.q-q.jp/200511/article_144.html
(ご迷惑でしたら、お手数ですがコメント、TBの削除をお願いします)

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://overdope2005.blog74.fc2.com/tb.php/48-0f266a0b
Listed below are links to weblogs that reference
この夏読んだ2冊 後編 「あたらしい歴史教科書」 from OVERDOPE <β版>

Home > 未分類 > この夏読んだ2冊 後編 「あたらしい歴史教科書」

Twitter Updates

overdope_ < > Reload

Search
Meta
Translate
Links
Tag Cloud
Banner

Ranking
Amazon Free Delivery
義援金詐欺は死刑でいいよ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Mobile
QR
Feeds
Save The Sea of Japan
Check This Out !
FC2

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。