Home > スポンサー広告 > 呆れた聖職者たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://overdope2005.blog74.fc2.com/tb.php/640-70d00cf2
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from OVERDOPE <β版>

Home > スポンサー広告 > 呆れた聖職者たち

Home > マスゴミ > 呆れた聖職者たち

呆れた聖職者たち

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
            日教組の教科書検定用内部資料?(クリックで拡大)

 東京都日野市立小学校の99年の入学式で「君が代」のピアノ伴奏をしなかったとして戒告処分を受けた女性音楽教諭が、都教育委員会を相手に処分取り消しを求めた訴訟の上告審判決が27日、あった。最高裁第三小法廷(那須弘平裁判長)は「伴奏を命じた校長の職務命令は、思想・良心の自由を保障する憲法19条に反しない」との初判断を示し、教諭の上告を棄却した。5裁判官中4人の多数意見で、藤田宙靖(ときやす)裁判官は反対意見を述べた。
 入学式などでの君が代の伴奏、斉唱や日の丸に向かっての起立の拒否などに伴う処分をめぐっては多くの訴えが起こされており、昨年の東京地裁判決が「違反者を処分するとした都教委の通達や職務命令は違憲」とするなど、下級審の判断が分かれている。今回はピアノ伴奏に絞っての判断で、不起立や不斉唱を巡る訴訟では別の結論が導かれる可能性も残されている。ただ、「職務命令は特定の思想を強制するものではない」とする今回の解釈は同種訴訟に一定の影響を与えそうだ。
 第三小法廷は、伴奏命令は(1)「君が代が過去の日本のアジア侵略と結びついている」とする教諭の歴史観・世界観自体を否定しない(2)特定の思想を持つことを強制・禁止したり特定の思想の有無の告白を強要したりするものではないと述べた。命令当時、君が代斉唱が広く行われていた▽憲法は公務員は全体の奉仕者と定めており、地方公務員は法令や職務命令に従わなければならない立場にある、とも指摘した。
 教諭は99年の入学式で校長に君が代の伴奏を命じられたが、「思想・信条上できない」と拒否。斉唱は用意されたテープによる伴奏で行われた。
 小法廷の意見は割れた。「卒業式の秩序維持」を強調する補足意見が出る一方、藤田裁判官は「君が代斉唱の強制自体に強く反対する信念を抱く者に、公的儀式での斉唱への協力を強制することが、当人の信念そのものへの直接的抑圧となることは明白だ」として、審理を高裁に差し戻すべきだと述べた。

ソース : 君が代のピアノ伴奏命じた校長の命令は合憲 最高裁判決【asahi.com】
関連 : 国歌伴奏判決 強制の追認にならないか【asahi.com】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 朝日的には望ましくない今回の判決。 ベタ記事で埋没させるかと思いきや、やはり巧妙に印象操作を加えてきた。
 唯一反対意見を述べた「朝日寄りの」藤田宙靖裁判官の少数意見をクローズアップし、判決の不当性にそれとなく言及するあたりは抜かりがない。 「小法廷の意見は割れた」とする朝日だが、5人の裁判官のうち1人だけが反対意見を述べたに過ぎない。 普通の感覚なら、5人の裁判官のうち2人が反対の意思表示をして初めて「割れた」という記述になるだろう。 普通の感覚が欠如している朝日新聞ならではである。
 今回の判決の妥当性については異論を差し挟む余地がない。 この狂師の振る舞いは、国が違えば国家反逆罪で投獄されることすらあるかも知れない愚行である。 かつての自分がそうだったように、多くの若者が自虐史観の洗脳によって自らの国家や国歌に誇りを持てないでいるのは、このような亡国思想の狂師による教育現場の質的荒廃によるものだろう。 こうして地道に判例を積み重ねていくことも大事だが、そうした狂師どもが巣食う日教組という反政府組織の解体こそが終局的な解決策となろう。
 どこの国に国歌の伴奏や斉唱を拒否する教育者がいるだろうか? 日の丸や君が代を過去の日本の戦争行為と結びつけるのは勝手だが、そうした時代に逆行する行為がもはや何も生み出さないのは自明であろう。 僕にとって国旗や国歌は、日常的にはともに日本という国家を象徴するアイコンや五線譜上の音符の連なりでしかない。 そしてまたそれが、或る時にはかつての戦争のイメージと重なることは否定しない。 サッカーの国際試合で日の丸が掲揚され、君が代が斉唱される時などがその卑近な例だが、これなど実に他愛もないものである。 そんなものをいちいち日本の軍国主義への回帰と捉えるのは短絡と思考停止の所産でしかない。
 どの国の成り立ちも血塗られた歴史の産物である。 国旗に使われる赤い色の多くは民族の血の表象である。 そうした歴史のリアリズムにひたすら背を向けることで、自らの偏狭さを何らかの善なるものと勘違いしているお花畑狂師は即刻教壇を降りるべきだ。 また、今回この狂師の訴えを認めた藤田宙靖判事についてはその見識を疑わざるをえない。 今後同氏が関わる判例を注視する必要がある。

Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://overdope2005.blog74.fc2.com/tb.php/640-70d00cf2
Listed below are links to weblogs that reference
呆れた聖職者たち from OVERDOPE <β版>

Home > マスゴミ > 呆れた聖職者たち

Twitter Updates

overdope_ < > Reload

Search
Meta
Translate
Links
Tag Cloud
Banner

Ranking
Amazon Free Delivery
義援金詐欺は死刑でいいよ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Mobile
QR
Feeds
Save The Sea of Japan
Check This Out !
FC2

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。