Home > スポンサー広告 > またしても30年の壁 by イチロー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://overdope2005.blog74.fc2.com/tb.php/772-91e21b1d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from OVERDOPE <β版>

Home > スポンサー広告 > またしても30年の壁 by イチロー

Home > 哀韓 > またしても30年の壁 by イチロー

またしても30年の壁 by イチロー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 アジア最強を誇る中日が東京ドームで大きな屈辱を味わった。(中略)
 その歓喜の地、東京ドームが一転して屈辱の地となった。走攻守すべてにおいてSKに劣っていた。おまけにコナミカップで日本チーム初黒星という屈辱まで味わった。
これに先立ち、05年の千葉ロッテ、06年の日本ハムは4戦全勝でコナミカップを優勝している。
 中日も、コナミカップで3連覇をするものと期待されていたが、初戦でいきなり金星根(キム・ソングン)監督率いるSKに手痛い1敗を喫した。しかも弱冠19歳の高卒ルーキー金広鉉(キム・グァンヒョン)に6回2/3まで3安打に抑えられるという屈辱を味わった。
 この日の中日打線は、金星根監督の継投策にかわされ、6安打3打点に終わった。この攻撃力不足の原因は何といっても4番打者タイロン・ウッズの不在だ。ウッズは日本シリーズ終了後、コナミカップ欠場を伝え、米国に帰国してしまった。

 中日はこの日、打線の中核であるウッズの代わりに、日本シリーズMVPの中村紀を4番に起用したが、これといった活躍を見せることができなかった。特に森野-中村紀-李炳圭(イ・ビョンギュ)のクリーンアップからはまったく快音が聞けなかった。
 投手陣もSKの工夫を凝らした攻撃を抑えることができなかった。今季14勝(8敗)挙げた先発・中田は、台湾球審の曖昧なストライクゾーンに困惑しており、さらに味方の失策が重なり大量失点を招いた。鉄壁を誇る守備陣も失点に結びつく2つの失策を犯し、敗北を招いた。(後略)

ソース : コナミ杯:中日、「格下」SKに敗れ赤っ恥【超賤日報】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 予選リーグで中日に勝った時は天下でも取ったかのような大騒ぎをしていた超賤日報。 日本語版でここまで書いてたんだから韓国語版ではもう喜びすぎて火病発症してたのではないかと思われる。
 野球という競技はピッチャー次第みたいなところがある。 だから何度も戦うと負けることもある。 これまでロッテや日本ハムはアジアシリーズで韓国のチームに勝ち続けてきたわけだが、たかが一度負けただけでこれだけ「屈辱」のオンパレード(笑)。 これだからチョンとの試合は勝っても負けても後味が悪い。
 で、肝心の決勝戦ではここまでボロクソにこき下ろした中日に負けたSK。 WBCでも同じようなことがありましたな(笑)。 結局最後に勝つのは日本。 最後に笑うのも日本。 いつもながら韓国は本当に敗者が良く似合う国だ。 またせいぜい恨でも溜め込んでくれ(笑)。
 それにしても中日は苦戦した。 決勝も落合みたいな無能が監督じゃなければ7回に追加点は取れてたし、日本シリーズなどの大舞台ではガクブル病が発症してしまう岡本の当番もなかった。 もし漏れが監督だったら、もちろんこないだの日本シリーズでもそうしたと思うが山井続投。 チョンは山井のスライダーにまったくバットの軌道が合ってなかったしね。 岡本にしたってマウンドで額に玉の汗かいてるの見た時、落合を除く日本中の誰しもは「これは一発打たれるな」と思っただろうし。 アジアシリーズ開幕前、落合は「勝負にはこだわらない」とかホザいてたようだが、まさにそれを裏付けた采配。 まあ落合にしてみれば岡本と心中したんだろうけど、いったい何度死ねば気が済むのか。 もう生き返ってくんな。
 監督っていう仕事はスタメンとベンチの陣容さえ決めたら、後はいかにセオリー通りの采配ができるかがすべてだと思う。 日本シリーズのヒルマンはそれができなかったから負けた。 第5戦の落合も勝ちはしたが、多くの野球ファンを失望させた。 日本の野球ファンの関心はますますメジャーに向けられるだろう。
 今回、中日が日本の代表として最低限の結果を残したことだけは評価したいが、予選リーグでは韓国に負けた他、台湾や中国にも苦戦するなど、日本の代表としては終始お粗末な試合ばかりだった。
 実際、福留が離脱してウッズが帰国した中日打線にはまったく迫力がなかった。 しかも星野に五輪予選の為に川上を温存するように頼まれたのか、決勝の先発は10日前にもう投げられないほど血マメを潰した山井。 山井の指の皮膚の再生力にはただただ敬意を表するばかり(笑)だが、正直この陣容とアホ指揮官で良く戦ったと思う。
 逆に言うと、これだけショボいメンバーとアホ指揮官が日本の代表として出てきた今回のアジアシリーズですら優勝できない韓国のチームはもう永久に勝てないかも知れない。 SKは千載一遇のチャンスを逃したのである。
 この決勝戦を腹立ち紛れに放火しながら伝える韓国メディアのスタンスは間違いなく「李炳圭の値千金の2ランで中日優勝」「結局打ったのはみな超賤人」みたいなトーンになるだろうが、それもこれも中日の自業自得である。 すべては法則発動。 李炳圭がその出会い頭の一発で親日派認定されて財産没収されないことを切に祈る(笑)。
 まあ韓国のチームは参加できた時点で悲願の「四強神話」を達成しているから十分満足だろう。 それにしても準優勝の賞金として3千万円はやり過ぎ。 せいぜい日本製寄生虫なしキムチ1年分ぐらいでいいのではないか。 少なくとも3千万ウォンぐらいにしとけ。

Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://overdope2005.blog74.fc2.com/tb.php/772-91e21b1d
Listed below are links to weblogs that reference
またしても30年の壁 by イチロー from OVERDOPE <β版>

Home > 哀韓 > またしても30年の壁 by イチロー

Twitter Updates

overdope_ < > Reload

Search
Meta
Translate
Links
Tag Cloud
Banner

Ranking
Amazon Free Delivery
義援金詐欺は死刑でいいよ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Mobile
QR
Feeds
Save The Sea of Japan
Check This Out !
FC2

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。