Home > スポンサー広告 > 終戦記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

ネコウヨ侵略派第一書記@携帯 URL 2010-07-01 (木) 05:34 edit

本当にありがとう、そしてお疲れ様、岡田サムライブルー!
パラグアイ相手にPK戦にまで持ち込んだのはまさに奇跡。
グループリーグ突破といい、まさにダークホースでした。

しかしそんな日本をおとしめ、南トンスラーマンセーを叫ぶキムコやお杉には
毎回さすがのウニも火病させられますが、ウニのマイミクさんが
日記で総括の時にこの二人を批判するらしいからそれを楽しみにしていますwww

DIESEL URL 2010-07-01 (木) 05:45 edit

日本代表メンバー、岡田監督、代表に同行したすべてのスタッフに、お疲れさまでした、そしてありがとうございました。
他に何も言うことはありません。

あまり感情を出さないヤットの涙、涙なんて縁がないように見える松井や大久保の涙、必死で冷静を装いながらインタビュウに応じる長谷部、駒野をかばう祐二、稲、みんなみんなかっこよかったです。

駒野のお母さんから謝罪の言葉を誘導した腐れマスゴミ、絶対許さない。
特にT豚S、のたうち回るぐらい苦しんでから地獄に堕ちろ。

K URL 2010-07-01 (木) 09:45 edit

日本代表は本当によくやりました。
日本国民に多くの感動を与え、目標のベスト4には届かなかったけれど
岡田監督のもうひとつの目標であった「世界を驚かすサッカー」は十分に達成されたと思います。
今まで見た中で最高のw杯でした。ご苦労様でした。

そんな中、残念な隣国ではパラグアイ大使館にお祝いカキコ殺到で大使館のサーバダウン。
またネット上は
「駒野選手のおかげで気分が爽快だ」
「日本が負けたおかげで韓国がまたひとつになれた」
など民度の低さを全世界に発信中。

今、私は今までに感じた事がないほど怒りを覚え、こいつらをこの世の中から消し去りたいと思いました・・・

ぐりぐりももんが URL 2010-07-01 (木) 11:48 edit

駒野選手を、ネットでこき下ろすバカどもがおったようですが、スポーツしたこと無いんじゃ無いかと思ったねー。
むしろ、チームメートが慰めていたシーンが感動したね。
日本人らしいメンタルなチームですよ。
これで良し。
ありがとうと言いたい。

自称田代 URL 2010-07-01 (木) 19:33 edit

負けたのは残念ですが、楽しませてもらいました。
本当にありがとう、岡ちゃん、日本代表のみなさん、スタッフの方々。

ベスト8に入れなかった無念さよりも、
「この代表チームの試合をもっと見たかった」気持ちの方強いですね。

それにしてもPKって残酷ですね。
知らなかったですがオシムをはじめ監督や関係者からも
PK不要論が出てるんですね。

クマのプータロー URL 2010-07-01 (木) 21:15 edit

「PKはサッカーではない」というオシムに賛同します。
駒野に駆け寄ってきたパラグアイの選手には是非ともスペインのゴールにたたき込んでもらいたいものです。そしたら侍認定してあげましょう。
死力を尽くした試合ではパラグアイといえども決定的な差は出ないと言うことでしょう。試合自体は見ているのが辛いものでしたが、決勝トーナメントで戦っているんだという実感がにじみ出たものでした。
最後まで犬飼への意趣返しで応じる岡ちゃんに、そう遠くない将来、会長としてベスト4に残るのだとぶち上げている姿を願って止みません。

Q太郎 URL 2010-07-01 (木) 22:05 edit

今回の一番の収穫は日本人でも世界に通用するというを証明したことではないでしょうか。特にパラグアイ戦で眠い目をこすりながら応援していた子供達に悔いのない死闘を演じた姿は、彼らの人生に大きな希望をもたらしたと思います。
無骨で下手くそだけど全力で走り、必死になって攻めて全員が守ったサムライ達。歴代日本代表で最高のメンバーです。

もうオイラもいいオッサンだけど、松井と遠藤の泣き顔をみたら恥ずかしながらもらい泣きしてしまった。こんなこと初めてだったなあ。イヤ~本当に感動しました。

加藤鷹戦闘隊 URL 2010-07-02 (金) 08:15 edit

中沢の空中イナバウアー・ヘッディングスゴ杉

pork URL 2010-07-02 (金) 08:40 edit

蹴球に精通していませんが、今回は上出来だったかと思います。
王国のプレーを見ていると、私のようなトーシロでも、こりゃ勝てんわorz、と思います。
しかし、南北トンスラーたちは・・・盲腸半島でおとなしくしておればいいものを・・・さっさと地球上から切除して宇宙のブラックホールへ投入したいものです。

slowhandclap URL 2010-07-02 (金) 22:57 edit

南米の中堅国はツボを抑えるのがうまい。パラグアイは2つのツボを見事に抑えた。シュートレンジではファウルをしないで守備をして、本田にフリーキックを1本しか蹴らせなかった。その1本もDFの足が止まった終盤でそれまではきっちりゲームプラン通りだったかと。
もう一つはアンカー阿部である。パラグアイは意図的にロングボールを多用したように感じた。ロングボール→DFラインが下がる→スペースが空く→セカンドボールを簡単に拾うという図式である。展開力のあるアンカー阿部が数的優位を作りボールを奪ったらビルドアップの起点となって速攻につなげるという岡田ジャパンの一番の肝を阿部の頭上を越えるロングボールで抑えてしまうのだから南米のしたたかさはすごい。ただ、百戦錬磨の相手とPKまでもつれこんだんだからよくやったというほかない。つくづくスロバキアとやりたかったなと思う小生なのでした。

slowhandclap URL 2010-07-04 (日) 09:33 edit

パラグアイvsスペインを見て、あのパラグアイにゲームプラン通りきっちりやられながら(勝てたかもしれない)実質引き分け試合を演じた日本はよくやった。つくづくスロバキアとやりたかったなと思う小生なのでした。

overdope URL 2010-07-04 (日) 22:04 edit

>ネコウヨ侵略派第一書記@携帯さん まったくこのトンスラー2匹は・・・

overdope URL 2010-07-04 (日) 22:04 edit

>DIESELさん トンスル・ブロードキャスティング・システムが中継しなかったら勝ってたかも知れません。

overdope URL 2010-07-04 (日) 22:04 edit

>Kさん パラグアイもトンスリアの全面支援さえなかったらもっと楽に勝ってた?かもw

overdope URL 2010-07-04 (日) 22:05 edit

>ぐりぐりももんがさん シビれるシーンでした。 誰でも入れられるし、誰でも外します。 そういうもんですね。

overdope URL 2010-07-04 (日) 22:05 edit

>自称田代さん >「この代表チームの試合をもっと見たかった」
同感です。

overdope URL 2010-07-04 (日) 22:06 edit

>クマのプータローさん バルデスぶち込んでましたね。 オフサイドとられちゃいましたけど。

overdope URL 2010-07-04 (日) 22:06 edit

>Q太郎さん たまちゃんが持ち込んだ時には決まったと思いましたが、次の瞬間コケましたw

overdope URL 2010-07-04 (日) 22:06 edit

>加藤鷹戦闘隊さん ボディバランスの成せる技です。

overdope URL 2010-07-04 (日) 22:07 edit

>porkさん 管理人はグループリーグで飛ばしまくっていた南米勢はみなコケるとツイッターの別アカウントで一週間前に断言しておいたのですが、みなさんまさに総崩れ状態になって参りました。 サッカー賭博でもやればよかった・・・。

overdope URL 2010-07-04 (日) 22:08 edit

>slowhandclapさん 連投乙です。 でもスロバキアもけっこう強かったのではないかと思います。 かみ合わせというか相性ってありますね。

Suica割 URL 2010-07-05 (月) 20:47 edit

今回はみんなが一つになって頑張れたのが勝因です。
後、岡田と心中する気で最後までいったことでしょう。
途中でコロコロ変えて、選手が戸惑わなかったのは大きかったと思います。
テストマッチの猫の目布陣もまさに、テストのために変えていたとすれば、悪くないやり方でしょう。
四年後、またよい夢見れるように頑張って欲しいです。

銀色烏 URL 2010-07-05 (月) 22:45 edit

ベスト16の壁はまだまだ厚かった。と言うことなのでしょうね。
(パラグアイにしても、挫折と敗北の歴史が長かったですし、古豪ウルグアイとアフリカのガーナをのぞけば、ベスト8に残ったのは優勝候補と呼ばれる面々だったことも考えれば)

ともあれ、今までありがとうございました<日本代表

話は変わりますが、岡田監督の「ベスト4発言」は
「韓国(=南トンスリア)より良い成績を出したい」
発言をマスゴミが拡大(暴走)解釈したと言う説があるのですが、
もし本当の発言がそう(ソースなしですが)なら今回は監督は約束を果たしたのでは?

overdope URL 2010-07-07 (水) 16:55 edit

>Suica割さん 厳しいこと言えば、交代のカードがもう少し機能すればもっと良かったですね。

overdope URL 2010-07-07 (水) 16:58 edit

>銀色烏さん 現時点での日本の実力からすれば大健闘でしょうね。
南トンスリアのあの成績はウリナラ杯でのものなので、ワールドカップとは別に考えておくべきでしょう。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://overdope2005.blog74.fc2.com/tb.php/846-4d201a92
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from OVERDOPE <β版>

Home > スポンサー広告 > 終戦記

Home > その他 > 終戦記

終戦記



 120分を戦い抜いた両チームの選手たち。 それでも雌雄を決しないとき彼らに課せられる過酷なシステム。 誰かが「死ななければ」終わらないロシアンルーレット。 わかってはいても貧乏クジを引いた選手は気の毒だ。
 これは以前からの私案であり、そしてまた今回日本が敗れたから言うのではないが、延長戦開始からそれぞれ両チームから一人づつ減らし、以降5分が経過するごとにまた一人もしくは二人づつ減らしていくというようなことをすれば、たちまちピッチのそこここに広大なスペースが生まれ、やがてはいずれかのチームの得点によって勝敗が決するのではないだろうか。 少なくともPK戦よりも実際の両者の力の差が正当に反映された結果になるのではないだろうか。 たとえそれで日本が敗れたとしても、少なくともPK戦による結果よりは受け入れられると思うのである。
 ともあれ、パラグアイ初のベスト8を心から祝福したい。

 カメルーン、オランダ、デンマーク、パラグアイ。 いずれも格上の相手に2勝1敗1分け。 当初3戦全敗と予想した管理人にとっては奇跡的な結果。 まさに一億総懺悔状態である。 しかしキムコやお杉ら在日サッカージャーナリスト(?)は日本が結果を出してもその守備的な戦術を批判し、対照的に南トンスリアを「攻撃的」と持ち上げ、一方で北トンスリアのドン引きサッカーがブラジル相手に健闘すると、「手強い」「したたか」などとリスペクトしてみせた。 南北トンスリアはそんなに褒められた試合をしたのだろうか?
 南トンスリアの場合、相手がグループ最弱であったことで攻撃的にならざるをえなかったギリシャ戦。 そのまま余勢をかって挑んだらメッシ一人にやられたアルゼンチン戦。 本来負けていたもののマルティンスのシュートミスやヤクブのQBKに救われ辛うじて引き分けたナイジェリア戦。 終始相手に主導権を握られ、攻めさせられた挙げ句敗れたウルグアイ戦。
 北トンスリアの場合、王国にまだエンジンがかかっておらず、ドン引き戦術からのカウンターが奇跡的にハマり、そのブラジル戦に気を良くした将軍様の強権発動で、自身が開発し監督に持たせていたという例の透明な携帯電話を通じて伝えられる作戦司令により正攻法で挑んだポルトガル戦は文字通り盛大な炭鉱壮行会となり、目的を失ったまま臨んだコートジボワール戦は単なる消化試合。 惜しくも死の組を勝ち上がれなかったコートジボワールの慰安婦役を演じたに過ぎなかった。
 以上が管理人が見た今大会の南北トンスリアの戦い。 両国で1勝5敗1引き分け7得点20失点。 とてもじゃないがトンスラーでもない限り感情移入するのは極めて困難な成績である。 格下のチームが格上のチームに正攻法で挑んだらどういう結末が待っているか? それは南北トンスリアがそれぞれアルゼンチン戦とポルトガル戦で体を張って示してくれた。
 日本が敗れた後のスペイン対ポルトガルの試合をどれだけの人が見ていたかは知らないが、あの試合のボール支配率はスペイン61%、ポルトガル39%だった。 世界ランク2位と3位の戦いにおいても歴然としたヒエラルキー。 事実ポルトガルはスペインにポゼッションを与える代わりに強固な守備的布陣を敷いてカウンターに活路を見い出す戦いを挑んだ。 そしてなによりポルトガルにはクリスティアーノ・ロナウドという一人で局面を打開できるプレイヤーが存在した。 しかし彼らもスペインの前にはまったく歯が立たなかった。

 日本が格下である限り今のやり方は間違っていない。 ただベスト8を狙うには守備から攻撃へのスイッチを入れる中盤の選手と破壊力のあるフォワードが不可欠。 それでも今回、本田と松井と大久保の3トップ(1トップ)はよく戦ったと思う。 そして何より中澤と闘莉王の両センターとGK川島を中心としたディフェンスも素晴らしかった。 逆に物足りなかったのがそれまで日本の強みとさえ言われてきた中盤だった。
 パラグアイ戦で途中投入された中村憲剛。 彼の縦横無尽な動きが、うまくいっていたが故に逆に硬直化していた日本のシステムにもたらした流動性。 オシムのサッカーを体現してきた男が最後に日本が進むべき未来を少しだけ垣間見せてくれたような気がする。

 ありがとう! いい夢見させてくれた日本代表の選手、監督、スタッフの皆さんに多謝。
 お楽しみはこれからだ。

Comments:25

ネコウヨ侵略派第一書記@携帯 URL 2010-07-01 (木) 05:34 edit

本当にありがとう、そしてお疲れ様、岡田サムライブルー!
パラグアイ相手にPK戦にまで持ち込んだのはまさに奇跡。
グループリーグ突破といい、まさにダークホースでした。

しかしそんな日本をおとしめ、南トンスラーマンセーを叫ぶキムコやお杉には
毎回さすがのウニも火病させられますが、ウニのマイミクさんが
日記で総括の時にこの二人を批判するらしいからそれを楽しみにしていますwww

DIESEL URL 2010-07-01 (木) 05:45 edit

日本代表メンバー、岡田監督、代表に同行したすべてのスタッフに、お疲れさまでした、そしてありがとうございました。
他に何も言うことはありません。

あまり感情を出さないヤットの涙、涙なんて縁がないように見える松井や大久保の涙、必死で冷静を装いながらインタビュウに応じる長谷部、駒野をかばう祐二、稲、みんなみんなかっこよかったです。

駒野のお母さんから謝罪の言葉を誘導した腐れマスゴミ、絶対許さない。
特にT豚S、のたうち回るぐらい苦しんでから地獄に堕ちろ。

K URL 2010-07-01 (木) 09:45 edit

日本代表は本当によくやりました。
日本国民に多くの感動を与え、目標のベスト4には届かなかったけれど
岡田監督のもうひとつの目標であった「世界を驚かすサッカー」は十分に達成されたと思います。
今まで見た中で最高のw杯でした。ご苦労様でした。

そんな中、残念な隣国ではパラグアイ大使館にお祝いカキコ殺到で大使館のサーバダウン。
またネット上は
「駒野選手のおかげで気分が爽快だ」
「日本が負けたおかげで韓国がまたひとつになれた」
など民度の低さを全世界に発信中。

今、私は今までに感じた事がないほど怒りを覚え、こいつらをこの世の中から消し去りたいと思いました・・・

ぐりぐりももんが URL 2010-07-01 (木) 11:48 edit

駒野選手を、ネットでこき下ろすバカどもがおったようですが、スポーツしたこと無いんじゃ無いかと思ったねー。
むしろ、チームメートが慰めていたシーンが感動したね。
日本人らしいメンタルなチームですよ。
これで良し。
ありがとうと言いたい。

自称田代 URL 2010-07-01 (木) 19:33 edit

負けたのは残念ですが、楽しませてもらいました。
本当にありがとう、岡ちゃん、日本代表のみなさん、スタッフの方々。

ベスト8に入れなかった無念さよりも、
「この代表チームの試合をもっと見たかった」気持ちの方強いですね。

それにしてもPKって残酷ですね。
知らなかったですがオシムをはじめ監督や関係者からも
PK不要論が出てるんですね。

クマのプータロー URL 2010-07-01 (木) 21:15 edit

「PKはサッカーではない」というオシムに賛同します。
駒野に駆け寄ってきたパラグアイの選手には是非ともスペインのゴールにたたき込んでもらいたいものです。そしたら侍認定してあげましょう。
死力を尽くした試合ではパラグアイといえども決定的な差は出ないと言うことでしょう。試合自体は見ているのが辛いものでしたが、決勝トーナメントで戦っているんだという実感がにじみ出たものでした。
最後まで犬飼への意趣返しで応じる岡ちゃんに、そう遠くない将来、会長としてベスト4に残るのだとぶち上げている姿を願って止みません。

Q太郎 URL 2010-07-01 (木) 22:05 edit

今回の一番の収穫は日本人でも世界に通用するというを証明したことではないでしょうか。特にパラグアイ戦で眠い目をこすりながら応援していた子供達に悔いのない死闘を演じた姿は、彼らの人生に大きな希望をもたらしたと思います。
無骨で下手くそだけど全力で走り、必死になって攻めて全員が守ったサムライ達。歴代日本代表で最高のメンバーです。

もうオイラもいいオッサンだけど、松井と遠藤の泣き顔をみたら恥ずかしながらもらい泣きしてしまった。こんなこと初めてだったなあ。イヤ~本当に感動しました。

加藤鷹戦闘隊 URL 2010-07-02 (金) 08:15 edit

中沢の空中イナバウアー・ヘッディングスゴ杉

pork URL 2010-07-02 (金) 08:40 edit

蹴球に精通していませんが、今回は上出来だったかと思います。
王国のプレーを見ていると、私のようなトーシロでも、こりゃ勝てんわorz、と思います。
しかし、南北トンスラーたちは・・・盲腸半島でおとなしくしておればいいものを・・・さっさと地球上から切除して宇宙のブラックホールへ投入したいものです。

slowhandclap URL 2010-07-02 (金) 22:57 edit

南米の中堅国はツボを抑えるのがうまい。パラグアイは2つのツボを見事に抑えた。シュートレンジではファウルをしないで守備をして、本田にフリーキックを1本しか蹴らせなかった。その1本もDFの足が止まった終盤でそれまではきっちりゲームプラン通りだったかと。
もう一つはアンカー阿部である。パラグアイは意図的にロングボールを多用したように感じた。ロングボール→DFラインが下がる→スペースが空く→セカンドボールを簡単に拾うという図式である。展開力のあるアンカー阿部が数的優位を作りボールを奪ったらビルドアップの起点となって速攻につなげるという岡田ジャパンの一番の肝を阿部の頭上を越えるロングボールで抑えてしまうのだから南米のしたたかさはすごい。ただ、百戦錬磨の相手とPKまでもつれこんだんだからよくやったというほかない。つくづくスロバキアとやりたかったなと思う小生なのでした。

slowhandclap URL 2010-07-04 (日) 09:33 edit

パラグアイvsスペインを見て、あのパラグアイにゲームプラン通りきっちりやられながら(勝てたかもしれない)実質引き分け試合を演じた日本はよくやった。つくづくスロバキアとやりたかったなと思う小生なのでした。

overdope URL 2010-07-04 (日) 22:04 edit

>ネコウヨ侵略派第一書記@携帯さん まったくこのトンスラー2匹は・・・

overdope URL 2010-07-04 (日) 22:04 edit

>DIESELさん トンスル・ブロードキャスティング・システムが中継しなかったら勝ってたかも知れません。

overdope URL 2010-07-04 (日) 22:04 edit

>Kさん パラグアイもトンスリアの全面支援さえなかったらもっと楽に勝ってた?かもw

overdope URL 2010-07-04 (日) 22:05 edit

>ぐりぐりももんがさん シビれるシーンでした。 誰でも入れられるし、誰でも外します。 そういうもんですね。

overdope URL 2010-07-04 (日) 22:05 edit

>自称田代さん >「この代表チームの試合をもっと見たかった」
同感です。

overdope URL 2010-07-04 (日) 22:06 edit

>クマのプータローさん バルデスぶち込んでましたね。 オフサイドとられちゃいましたけど。

overdope URL 2010-07-04 (日) 22:06 edit

>Q太郎さん たまちゃんが持ち込んだ時には決まったと思いましたが、次の瞬間コケましたw

overdope URL 2010-07-04 (日) 22:06 edit

>加藤鷹戦闘隊さん ボディバランスの成せる技です。

overdope URL 2010-07-04 (日) 22:07 edit

>porkさん 管理人はグループリーグで飛ばしまくっていた南米勢はみなコケるとツイッターの別アカウントで一週間前に断言しておいたのですが、みなさんまさに総崩れ状態になって参りました。 サッカー賭博でもやればよかった・・・。

overdope URL 2010-07-04 (日) 22:08 edit

>slowhandclapさん 連投乙です。 でもスロバキアもけっこう強かったのではないかと思います。 かみ合わせというか相性ってありますね。

Suica割 URL 2010-07-05 (月) 20:47 edit

今回はみんなが一つになって頑張れたのが勝因です。
後、岡田と心中する気で最後までいったことでしょう。
途中でコロコロ変えて、選手が戸惑わなかったのは大きかったと思います。
テストマッチの猫の目布陣もまさに、テストのために変えていたとすれば、悪くないやり方でしょう。
四年後、またよい夢見れるように頑張って欲しいです。

銀色烏 URL 2010-07-05 (月) 22:45 edit

ベスト16の壁はまだまだ厚かった。と言うことなのでしょうね。
(パラグアイにしても、挫折と敗北の歴史が長かったですし、古豪ウルグアイとアフリカのガーナをのぞけば、ベスト8に残ったのは優勝候補と呼ばれる面々だったことも考えれば)

ともあれ、今までありがとうございました<日本代表

話は変わりますが、岡田監督の「ベスト4発言」は
「韓国(=南トンスリア)より良い成績を出したい」
発言をマスゴミが拡大(暴走)解釈したと言う説があるのですが、
もし本当の発言がそう(ソースなしですが)なら今回は監督は約束を果たしたのでは?

overdope URL 2010-07-07 (水) 16:55 edit

>Suica割さん 厳しいこと言えば、交代のカードがもう少し機能すればもっと良かったですね。

overdope URL 2010-07-07 (水) 16:58 edit

>銀色烏さん 現時点での日本の実力からすれば大健闘でしょうね。
南トンスリアのあの成績はウリナラ杯でのものなので、ワールドカップとは別に考えておくべきでしょう。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://overdope2005.blog74.fc2.com/tb.php/846-4d201a92
Listed below are links to weblogs that reference
終戦記 from OVERDOPE <β版>

Home > その他 > 終戦記

Twitter Updates

overdope_ < > Reload

Search
Meta
Translate
Links
Tag Cloud
Banner

Ranking
Amazon Free Delivery
義援金詐欺は死刑でいいよ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Mobile
QR
Feeds
Save The Sea of Japan
Check This Out !
FC2

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。