Home > スポンサー広告 > 台湾有情 後編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

ネコウヨ侵略派第一書記@携帯 URL 2011-01-10 (月) 05:15 edit

台湾でのなかなかのいい話、お疲れ様でした。
こういう話は日本でも聞かれなくなりましたね。
それをいつまでも守り続ける台湾人の方々。

日本人は大いに見習うべきでしょう。

カラヤ3 URL 2011-01-10 (月) 09:00 edit

 年頭にハートウォーミングのお話を読むことができてなにか得した気分です。「民度の高さ」を実感すると同時に、自分がこの所長さんだったらこのような言葉を発することができただろうかと自分の朝鮮化を思わず心配してしまいました。反省しろ自分!

19回目の神経衰弱 URL 2011-01-10 (月) 09:22 edit

続きを楽しみにして、そして、管理人さんの財布の件は、私が想像する通りの決着でした。
なんと清々しいと言うか、その元をたどれば日本人の善行を受け継ぐ台湾国の人々。
それに比べ、本家の日本のふがいなさ。
本来の日本人の心を取り戻したいものです。

ぐりぐりももんが URL 2011-01-10 (月) 14:43 edit

お財布が戻ってよかったですねー。
台湾の人は、とてもよい人情の気風があるんだと思います。

一方、タイでも、この間、タクシーに置き忘れた大金19万バーツの財布が戻ったニュースを読みました。所得的に見てもタイはまだまだ低いので、拾ったもん勝ちなところもあるのですが、結構、善良な人がいるもんだと見直しました。

タイの場合、仏教が教えの基本になりますので、善行を積むと、徳を積むと言う考えがあります。

いずれにしても、善意の人が多い国は、旅をしても気持ちが安らぐ感じもしますね。

ジョン URL 2011-01-10 (月) 15:41 edit

初めまして。
いつも楽しく観覧させていただいている者です。

お財布が見つかって本当に良かったですね。
私も台湾へ過去3回訪問しています。理由はなんといってもこの国の人の温かさ。そして文化・グルメ・ショッピングなど。

前回訪問した際には、タクシーで目的地を向かっていると強引に割り込んだバイクと接触事故がありました。
幸いにもタクシーの運転手さんとバイクのドライバーも私も怪我はありませんでした。
しかし、バイクのドライバーが運転手さんにイチャモンを付けて10分程度の言い争い。
万が一暴力事件になったら静止してやろうと事態を見守っていましたが事なきを得ました。
その後目的地に到着すると、200元のところ150元にするとのこと。
気にしなくて良いと言っても拒絶。
結局運転手さんの言うとおりに従った経験があります。

初めて訪問した際、台湾の道路事情を目の当たりにしたときは強引な性格が多いかと思いましたが(笑)、実際には大変礼儀正しい方が多いです。

本当に台湾は私にとって良い国です。

最上型 URL 2011-01-10 (月) 18:00 edit

管理人様の心温まるご経験、楽しんで読まさせて頂きました。
つくづく、台湾人の倫理観に日本精神が根付いていることに驚き、また嬉しくなります。
朝鮮などは台湾同様、日本の統治を受け、日本式教育がなされたはずなのに、結果としてその倫理観に大差が見られます。民族資質の差であるのか、甚だ不思議になります。
支那人、朝鮮人の汚れたメンタリティとは対称的な台湾人の清潔な精神性を見るに付け、我々日本人ももう一度本来持つべき日本精神を思い起こす必要があるように思います。
私も2年程前に台北を訪問しましたが、他の国にはない安心感、親近感があったように思います。一方、故宮博物院を訪れた際、大群で押し寄せる支那人の喧騒大騒音に強い不快感を感じました。支那人はまだまだ、世界に出て行くだけの器量を持っていない、と感じた場面でした。
また改めて、台湾を訪問してみたくなった次第です。

pork URL 2011-01-11 (火) 08:56 edit

年明け早々から日本はこの先どうなっていくのだろうと暗澹たる気持ちですが、管理人様のふとしたことからの他国、特に日本統治下であった国の国情を知るとさらに萎えてきました。日本の白痴化や特亜化をくい止め、失われた何十年かを取り戻すためにも教育も含め位置から出直す年になればと思います。
この度は良いお話を有難うございました。台湾、ぜひ訪れたいです。

斜陽 URL 2011-01-11 (火) 09:05 edit

新年最初の良い話し、有難う御座いました。

所長さんのお話し、泣かせますねぇ!
良い人達と出会えた事で、また一層その国に対する印象も上がる事でしょう。これは大いに見習うべき事です。

そして後段のオレオレ詐欺の話、なる程と思いました。
そんな日本人と通じる心を持った台湾を遠ざけ、本来相容れない気性を持つ特亜と親密になろうという日本...本当にお人好しなのか馬鹿なのか...いい加減に変な妄想から目覚めてほしいものです。

加藤鷹戦闘隊 URL 2011-01-11 (火) 12:17 edit

日本の本当の姿は、もう台湾に行かないと見れないのかも知れませんね~。

鬼作 URL 2011-01-12 (水) 15:45 edit

本当に性善説の地で、その宿主を枯らすのも厭わない宿木のような連中は何とかならないものなのでしょうか。
カンチョクトもとい韓鮮亭とは、物凄いネーミングセンスですw 食中毒上等wの店なんでしょうね・・・

名無しのイシマタラ URL 2011-01-12 (水) 20:42 edit

素晴らしい話をありがとう。
今や、本当の日本精神が残っているのは、台湾の方かもしれませんね。
馬鹿な反日サヨクの馬とかいう人間がトップにつき、年々中国に侵食されている台湾を心配していましたが、まだまだ安心かもしれません。
日本も台湾も、この民度の高さを、キチガイ特亜諸国から守っていかないとダメですな。

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:09 edit

>ネコウヨ侵略派第一書記@携帯さん 中韓に行くヒマとカネがあるなら迷わず台湾に行くべきだと思います。

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:09 edit

>カラヤ3さん 管理人も耳の痛いところです。 気高くありたいものです。

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:10 edit

>19回目の神経衰弱さん 民主党みたいな連中が跋扈するまで堕ちてしまった我が国。 いつになったら日本人の心を取り戻す日が訪れるのか・・・。

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:10 edit

>ぐりぐりももんがさん 19万バーツ・・・タイじゃちょっとくすねるには勇気いる額ですねw なんにしても素晴らしいエピソード。
台湾は素晴らしい国でした。 彼女によろしくお伝え下さい。

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:10 edit

>ジョンさん はじめまして。 いつもご覧いただきありがとうございます。
嫌な思いなど何一つなかった今回の旅行。 すべては良い思い出ばかり。 こんな素晴らしい国が近くにあるのにカスゴミはやれ韓国だ中国だ・・・。
完全にビョーキですね。 今はっきりとそれを確信しました。

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:11 edit

>最上型さん 同じように統治した二国にしてこれだけの彼我の差・・・一体何が違ったんでしょうね?
故宮博物館、仰るように大陸からの支那蓄の群れが大挙して押し寄せてゆっくり鑑賞するのは大変でした。
ご存じかも知れませんが唯一支那蓄不在だったのが4階のレストラン「三希堂」。 ここはインテリアも食事も良かったです。 なによりあの圧力団体がいないので静かw
http://www.npm.gov.tw/hotnews/dining/index.html
台湾の地方からの客と大陸からの支那蓄の群れ。 身なりは似たようなものなのに完璧に見分けられるのは何故?ってカンジでしたw

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:11 edit

>porkさん 台湾、ホントにオススメですよ。 羽田から行けるし、3時間ぐらいで着いちゃうし、中華航空のCAはみなカワイイし(男目線でスマソ)、機内には産経新聞置いてあるし、座席には化粧直し用のミラーまでついてるし、松山空港ならそれ自体が既に市内中心部だし・・・。
行かれる時はご一報を。 僕の知り得た旅の情報であればなんでもお教えします。 個人で台湾旅行振興会でも旗揚げしたい心境です。

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:11 edit

>斜陽さん その瞬間の所長さんは僕には後光が差して見えました。
日本は台湾と友邦以上の関係を目指すべきではないかと思います。

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:12 edit

>加藤鷹戦闘隊さん 仰る通りかも知れません。

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:12 edit

>鬼作さん マトモな日本人ならまずほとんどの人は「感染亭」と受け取るネーミングですw

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:13 edit

>名無しの伊達直人さん 台湾のベースのこの民度の高さがある以上、支那とは水と油な気がします。
馬英九は糞ですが、それでも日本におけるルーピーやカンチョクトよりはマシなのかも知れませんorz

ぷ~ URL 2011-01-29 (土) 17:36 edit

すごくあたたかい気持ちになりました。
台湾人は、日本&日本人が好き好き大好きー!!ですよね(笑)
そして、すごく気を遣う人種なんだと気づきました。なんか日本人に似てます。
色んな国に行きましたが、私は台湾人を世界遺産にいしたいです♪
今後、早くの国連加盟を願い、これからの日台関係を応援して行きたいと思います!!

overdope URL 2011-01-30 (日) 23:05 edit

>ぷ~さん コメントありがとうございます。 日本の真のお隣りは台湾だけです。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://overdope2005.blog74.fc2.com/tb.php/893-2efdcf42
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from OVERDOPE <β版>

Home > スポンサー広告 > 台湾有情 後編

Home > その他 > 台湾有情 後編

台湾有情 後編

110110a.jpg

 ホテルに戻り、フロントで訊ねてみると既に先ほどの所長さんからメッセージが届いていた。 まさか?と一瞬狂喜しかけたが、内容は「まだ一人連絡の取れていない運転手がいる。 引き続き連絡を取り追って連絡する」というもの。 わざわざ途中経過まで連絡をくれるとは・・・。 少なからず感動を覚えながら部屋に戻り、クレジットカードを止める連絡に没頭。 直近の利用履歴を確認してみたが幸いなことにいずれのカードも不正使用の形跡はなし。 某クレジットカード会社の対応には憤りを通り越して呆れ返ったが、なんとか無事手続き完了。 実質的に失ったのは日本円にして二万円ほどと台湾ドルで三千元ほどの現金、そして何よりも限りある台湾での貴重な時間である。 すべては自らが撒いた種。 一方でこんなことでもなければ接する機会すらなかったであろう親切な台湾の人々。 そう考えると財布を落としたことすらあまり凶事とばかりも言えないのかも知れない。
 カードを止める連絡を済ませたことで自分の中では完全にこの事態を消化した。 いつまでくよくよしていても財布が戻ってくる訳でなし。 気分を切り替えてホテルから徒歩圏内の小龍包が評判の店に行くことにした。 台湾ビールに小龍包、豆苗の炒め物、海鮮炒飯で空腹だったお腹を満たした頃には財布を落とした時の落胆はだいぶ薄らいでいた。
 さすがに意気揚々というわけではなかったが、それでも美味しいものを食べていくらかは救われた気分のなかホテルに戻った。 すると、僕を見つけたフロントのスタッフが満面の笑顔でこう言うのである。

 「ミスター◯◯◯◯(僕の名前)、財布が見つかったそうですよ!」
 「マジですか!?」
 「はい、中にはお金やクレジットカードも入っているそうです」
 「本当に???(あまりの展開にしばし呆然) やっぱりバスの中にあったんですか?」
 「そうみたいです」
 「・・・それで僕は何処に財布を受け取りに行けばいいですか?」
 「バス会社の人が明朝10時にここに届けてくれるそうです」

 訊けばバス会社から財布発見の連絡があったのは午後10時頃だという。 彼らはその時間まで僕の財布を探してくれていたのだった。 しかも本来ならこちらが取りに伺わなければならないところ、わざわざこちらに届けに来てくれるという。 事態の急展開に戸惑いながらもたびたびバス会社からの連絡を取り次いでくれたフロントのスタッフに礼を言い部屋に戻った。
 翌朝。 バス会社の人が来たら部屋に電話してくれるようにフロントに頼んでいたのだが、なんだか申し訳なくて早めにロビーで待つことにした。 ほどなく現れたのは僕の財布を手にした昨日の所長さん。 僕は弾かれたようにソファーから立ち上がり、最敬礼して長々とお礼の弁を述べ、ついでに発見時の状況について伺った。 所長さん曰く、あのあと僕が財布を忘れたバスの運転手と連絡がつき、車内を探してもらったところ見つかったとのこと。 中身を確認してみたが、何一つ失くなったものはなかった。 これはもうちょっとした奇跡である。 いや台湾においてはたぶん奇跡なんかではないのかも知れない。 でもその時の僕にはほとんどそれは奇跡のように思えた。
 僕はホテルの封筒に忍ばせたわずかながらの謝礼を所長さんに渡そうと試みた。 しかし所長さんはそれを頑なに拒んだ。 そして僕にこう言った。

 「財布が見つかったことであなたはもっと私の国をいろいろ見て回ることができるかも知れないし、それは私にとってもとても嬉しいことです。 私は単に職務としてあなたの財布を探したに過ぎず、そのことで謝礼を貰うことはできません」
 
 もはや彼にこれ以上謝礼を渡そうとすることは彼と彼の職務を侮辱するに等しい。 僕は彼に封筒の代わりに自分の名刺を渡し「もしあなたが日本に来て何か困ったことがあったらいつでも連絡して欲しい」と言葉を添えた。 後から思えば「もっとこうしていれば良かった」というのはいろいろあるが、その時はそれぐらいしか思いつかなかった。
 次の日、出先からホテルに戻る際にタクシーを拾った。 クルマがホテルに着く直前、ドライバーは道を間違えて小さな路地に入り込んだ。 こちらが「あれ?」と思ったとほぼ同時にドライバー氏も道を間違えたことに気づき、路地をクランク状に回ってすぐに元の道に戻り、すぐにホテルに着いた。 料金は110元。 こちらが払おうとすると、ドライバー氏は「100元で結構です。 道、間違えちゃったから」と言う。 日本で同じ事があった場合、タクシーの運ちゃんはどうするだろうかと思わずにはいられなかった。
 これらバス会社の所長さんやタクシードライバー氏から感じるのは、彼らの職業意識の高さと「公」の精神である。 元を辿ればこれらはかつてこの地を統治した日本によって植えつけられたであろう「日本精神(リップンチェンシン)」であり、それは今もこの台湾の地に色濃く息づいている。 翻って「御本家」であるはずの今の日本はどうだろうか?
 高山正之氏の著作で、日本で流行ったオレオレ詐欺が台湾でも流行っているということについて書かれていたのを思い出す。 オレオレ詐欺が流行るのは日本のように性善説をベースに成立している社会でしかありえず、故に台湾でも流行るのだとあった。 つまり最初から人を疑ってかかる特定アジア、具体的には中韓朝の国々でオレオレ詐欺は流行らないのである。 日本もまだオレオレ詐欺が流行っているうちが華。 あらためて一期一会の気持ちで他人と接しようと思い直した僕であった。
 麗しの島、フォルモサ、台湾。 行ってきたばかりなのにもう次の旅程をたててます。(^o^)

以下、旅のオマケ写真です。

110110c.jpg

故宮博物院前で普及活動中の法輪功の方々。

110110d.jpg

けっこうグロい写真満載。 中国は人類史上最悪の大量虐殺国家です。 そういえばむかし大阪城公園で見た法輪功の人々も同じようなパネル掲げてたっけ。 全世界共通なのかな?

110110e.jpg

台北の景観を容赦なく破壊する汚物のラッピングバス。

110110b.jpg

鼎泰豊(ティンタイフォン)本店のすぐそばにこの世で考え得る限り最悪のネーミングの店を見つけましたw

Comments:24

ネコウヨ侵略派第一書記@携帯 URL 2011-01-10 (月) 05:15 edit

台湾でのなかなかのいい話、お疲れ様でした。
こういう話は日本でも聞かれなくなりましたね。
それをいつまでも守り続ける台湾人の方々。

日本人は大いに見習うべきでしょう。

カラヤ3 URL 2011-01-10 (月) 09:00 edit

 年頭にハートウォーミングのお話を読むことができてなにか得した気分です。「民度の高さ」を実感すると同時に、自分がこの所長さんだったらこのような言葉を発することができただろうかと自分の朝鮮化を思わず心配してしまいました。反省しろ自分!

19回目の神経衰弱 URL 2011-01-10 (月) 09:22 edit

続きを楽しみにして、そして、管理人さんの財布の件は、私が想像する通りの決着でした。
なんと清々しいと言うか、その元をたどれば日本人の善行を受け継ぐ台湾国の人々。
それに比べ、本家の日本のふがいなさ。
本来の日本人の心を取り戻したいものです。

ぐりぐりももんが URL 2011-01-10 (月) 14:43 edit

お財布が戻ってよかったですねー。
台湾の人は、とてもよい人情の気風があるんだと思います。

一方、タイでも、この間、タクシーに置き忘れた大金19万バーツの財布が戻ったニュースを読みました。所得的に見てもタイはまだまだ低いので、拾ったもん勝ちなところもあるのですが、結構、善良な人がいるもんだと見直しました。

タイの場合、仏教が教えの基本になりますので、善行を積むと、徳を積むと言う考えがあります。

いずれにしても、善意の人が多い国は、旅をしても気持ちが安らぐ感じもしますね。

ジョン URL 2011-01-10 (月) 15:41 edit

初めまして。
いつも楽しく観覧させていただいている者です。

お財布が見つかって本当に良かったですね。
私も台湾へ過去3回訪問しています。理由はなんといってもこの国の人の温かさ。そして文化・グルメ・ショッピングなど。

前回訪問した際には、タクシーで目的地を向かっていると強引に割り込んだバイクと接触事故がありました。
幸いにもタクシーの運転手さんとバイクのドライバーも私も怪我はありませんでした。
しかし、バイクのドライバーが運転手さんにイチャモンを付けて10分程度の言い争い。
万が一暴力事件になったら静止してやろうと事態を見守っていましたが事なきを得ました。
その後目的地に到着すると、200元のところ150元にするとのこと。
気にしなくて良いと言っても拒絶。
結局運転手さんの言うとおりに従った経験があります。

初めて訪問した際、台湾の道路事情を目の当たりにしたときは強引な性格が多いかと思いましたが(笑)、実際には大変礼儀正しい方が多いです。

本当に台湾は私にとって良い国です。

最上型 URL 2011-01-10 (月) 18:00 edit

管理人様の心温まるご経験、楽しんで読まさせて頂きました。
つくづく、台湾人の倫理観に日本精神が根付いていることに驚き、また嬉しくなります。
朝鮮などは台湾同様、日本の統治を受け、日本式教育がなされたはずなのに、結果としてその倫理観に大差が見られます。民族資質の差であるのか、甚だ不思議になります。
支那人、朝鮮人の汚れたメンタリティとは対称的な台湾人の清潔な精神性を見るに付け、我々日本人ももう一度本来持つべき日本精神を思い起こす必要があるように思います。
私も2年程前に台北を訪問しましたが、他の国にはない安心感、親近感があったように思います。一方、故宮博物院を訪れた際、大群で押し寄せる支那人の喧騒大騒音に強い不快感を感じました。支那人はまだまだ、世界に出て行くだけの器量を持っていない、と感じた場面でした。
また改めて、台湾を訪問してみたくなった次第です。

pork URL 2011-01-11 (火) 08:56 edit

年明け早々から日本はこの先どうなっていくのだろうと暗澹たる気持ちですが、管理人様のふとしたことからの他国、特に日本統治下であった国の国情を知るとさらに萎えてきました。日本の白痴化や特亜化をくい止め、失われた何十年かを取り戻すためにも教育も含め位置から出直す年になればと思います。
この度は良いお話を有難うございました。台湾、ぜひ訪れたいです。

斜陽 URL 2011-01-11 (火) 09:05 edit

新年最初の良い話し、有難う御座いました。

所長さんのお話し、泣かせますねぇ!
良い人達と出会えた事で、また一層その国に対する印象も上がる事でしょう。これは大いに見習うべき事です。

そして後段のオレオレ詐欺の話、なる程と思いました。
そんな日本人と通じる心を持った台湾を遠ざけ、本来相容れない気性を持つ特亜と親密になろうという日本...本当にお人好しなのか馬鹿なのか...いい加減に変な妄想から目覚めてほしいものです。

加藤鷹戦闘隊 URL 2011-01-11 (火) 12:17 edit

日本の本当の姿は、もう台湾に行かないと見れないのかも知れませんね~。

鬼作 URL 2011-01-12 (水) 15:45 edit

本当に性善説の地で、その宿主を枯らすのも厭わない宿木のような連中は何とかならないものなのでしょうか。
カンチョクトもとい韓鮮亭とは、物凄いネーミングセンスですw 食中毒上等wの店なんでしょうね・・・

名無しのイシマタラ URL 2011-01-12 (水) 20:42 edit

素晴らしい話をありがとう。
今や、本当の日本精神が残っているのは、台湾の方かもしれませんね。
馬鹿な反日サヨクの馬とかいう人間がトップにつき、年々中国に侵食されている台湾を心配していましたが、まだまだ安心かもしれません。
日本も台湾も、この民度の高さを、キチガイ特亜諸国から守っていかないとダメですな。

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:09 edit

>ネコウヨ侵略派第一書記@携帯さん 中韓に行くヒマとカネがあるなら迷わず台湾に行くべきだと思います。

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:09 edit

>カラヤ3さん 管理人も耳の痛いところです。 気高くありたいものです。

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:10 edit

>19回目の神経衰弱さん 民主党みたいな連中が跋扈するまで堕ちてしまった我が国。 いつになったら日本人の心を取り戻す日が訪れるのか・・・。

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:10 edit

>ぐりぐりももんがさん 19万バーツ・・・タイじゃちょっとくすねるには勇気いる額ですねw なんにしても素晴らしいエピソード。
台湾は素晴らしい国でした。 彼女によろしくお伝え下さい。

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:10 edit

>ジョンさん はじめまして。 いつもご覧いただきありがとうございます。
嫌な思いなど何一つなかった今回の旅行。 すべては良い思い出ばかり。 こんな素晴らしい国が近くにあるのにカスゴミはやれ韓国だ中国だ・・・。
完全にビョーキですね。 今はっきりとそれを確信しました。

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:11 edit

>最上型さん 同じように統治した二国にしてこれだけの彼我の差・・・一体何が違ったんでしょうね?
故宮博物館、仰るように大陸からの支那蓄の群れが大挙して押し寄せてゆっくり鑑賞するのは大変でした。
ご存じかも知れませんが唯一支那蓄不在だったのが4階のレストラン「三希堂」。 ここはインテリアも食事も良かったです。 なによりあの圧力団体がいないので静かw
http://www.npm.gov.tw/hotnews/dining/index.html
台湾の地方からの客と大陸からの支那蓄の群れ。 身なりは似たようなものなのに完璧に見分けられるのは何故?ってカンジでしたw

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:11 edit

>porkさん 台湾、ホントにオススメですよ。 羽田から行けるし、3時間ぐらいで着いちゃうし、中華航空のCAはみなカワイイし(男目線でスマソ)、機内には産経新聞置いてあるし、座席には化粧直し用のミラーまでついてるし、松山空港ならそれ自体が既に市内中心部だし・・・。
行かれる時はご一報を。 僕の知り得た旅の情報であればなんでもお教えします。 個人で台湾旅行振興会でも旗揚げしたい心境です。

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:11 edit

>斜陽さん その瞬間の所長さんは僕には後光が差して見えました。
日本は台湾と友邦以上の関係を目指すべきではないかと思います。

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:12 edit

>加藤鷹戦闘隊さん 仰る通りかも知れません。

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:12 edit

>鬼作さん マトモな日本人ならまずほとんどの人は「感染亭」と受け取るネーミングですw

overdope URL 2011-01-14 (金) 01:13 edit

>名無しの伊達直人さん 台湾のベースのこの民度の高さがある以上、支那とは水と油な気がします。
馬英九は糞ですが、それでも日本におけるルーピーやカンチョクトよりはマシなのかも知れませんorz

ぷ~ URL 2011-01-29 (土) 17:36 edit

すごくあたたかい気持ちになりました。
台湾人は、日本&日本人が好き好き大好きー!!ですよね(笑)
そして、すごく気を遣う人種なんだと気づきました。なんか日本人に似てます。
色んな国に行きましたが、私は台湾人を世界遺産にいしたいです♪
今後、早くの国連加盟を願い、これからの日台関係を応援して行きたいと思います!!

overdope URL 2011-01-30 (日) 23:05 edit

>ぷ~さん コメントありがとうございます。 日本の真のお隣りは台湾だけです。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://overdope2005.blog74.fc2.com/tb.php/893-2efdcf42
Listed below are links to weblogs that reference
台湾有情 後編 from OVERDOPE <β版>

Home > その他 > 台湾有情 後編

Twitter Updates

overdope_ < > Reload

Search
Meta
Translate
Links
Tag Cloud
Banner

Ranking
Amazon Free Delivery
義援金詐欺は死刑でいいよ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Mobile
QR
Feeds
Save The Sea of Japan
Check This Out !
FC2

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。