Home > スポンサー広告 > ユーロスターのダメなとこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

2011-12-13 (火) 01:42 edit

このコメントは管理人のみ閲覧できます

maru URL 2011-12-13 (火) 01:58 edit

私は出来た翌年に乗ったのですが、(つか、当時のツアーはそれが売りでした)夕暮れだったのと後半は寝てたので車窓などの記憶はあまり無く。
発車したら、うわあ、キッチリ予定時刻通りだ。と聞かされ、場所は中央のテーブル席でマシなほうと言われ…日本人が乗っても狭い。全体的にもショボイわ。これで最新?あ~飛行機にすれば良かったと思ったものです。
あれから10余年…随分ボロになったわねえ。つかムゴい。
お手入れ、ちっともして無いのね。日本の新幹線がこうだったら客の抗議ハンパじゃないよーな気が。

斜陽 URL 2011-12-13 (火) 12:55 edit

写真を見ただけでもショボい印象ですねぇ...
日ごろのお手入れとかしないのですかね?

欧州は見栄えより実用的な物作りをすると思っていましたが、これを見るとそうとも言えない様ですね。
仰る通り、照明のレイアウトはいただけないw
荷物や人が無い空の状態しか頭に無かったとしか思えませんよ。
まぁ、後付け感ありありなゴミ箱はご愛嬌ということでw

そういえば少し前のニュースで、日本のブルートレインがマレーシアに無償提供されたってのがありました。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111117/asi11111716520008-n1.htm
「最初は(古いと聞いて)心配だったんです。でも実際に見て感動しました。本当にきれいで、隅々までピカピカ。洗面台も床も、全て元のままです。日本の皆さんにとても感謝しています」と同行の女性職員の声も弾む。もちろん年季が入っているだけにレトロな印象は受けるが、質素ながらも清潔で機能的な造りと内装はそのままに、これまで長い年月の間、丁寧に扱われてきた様子が伝わってくる。

嬉しくなりますね~

げん URL 2011-12-17 (土) 01:35 edit

オイラ、昔の知り合いに欧州マンセーの人間がいました。
家電製品がアチラのものばっかで「ヨーロッパの息吹を感じる」なんて言ってました。
どうだか、と思ってたけど、今回よく分からせて頂きました。
なんせ「フロに入らなかった千年」の息吹なんですから。

ちなみにその知り合いはコチコチのサヨ頭で、オイラがシナ・カンコク・チョーセンの批判をしたら狂ったように擁護しまくるんで、お互いイヤになって縁が切れました。

overdope URL 2011-12-20 (火) 03:12 edit

>2011-12-13 (火) 01:42さん これどこの作品ですかww

overdope URL 2011-12-20 (火) 03:14 edit

>maruさん できた当時はまだ良かったんでしょうけどね。
ほんっとにボロでしたわw

overdope URL 2011-12-20 (火) 03:16 edit

>斜陽さん ミャンマーでも日本の三陸鉄道で走ってた気動車が今でも現役で走ってるんですわw
ヤンゴンの環状線。 涙もんです。

overdope URL 2011-12-20 (火) 03:19 edit

>げんさん 欧州家電、いいのもありますけどね。m(_ _)m
ただ「ヨーロッパの息吹」云々は死んでも言いませんがw
ちなみに僕が最も嫌いなのがamadanaです。
すべての商品が見事に最低です。

2011-12-21 (水) 02:13 edit

このコメントは管理人のみ閲覧できます

overdope URL 2011-12-31 (土) 19:43 edit

>2011-12-21 (水) 02:13さん アマダナにつきましては別ブログの休館の方で昔書きましたが大嫌いです。
デザイナーはチョン・トーワさんの弟でしたっけ? なんでチョンでなく「テイ」なんて言うんでしょうねw
どーしようもないですわ。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://overdope2005.blog74.fc2.com/tb.php/935-372caebb
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from OVERDOPE <β版>

Home > スポンサー広告 > ユーロスターのダメなとこ

Home > その他 > ユーロスターのダメなとこ

ユーロスターのダメなとこ

111207f.jpg

 旅の途中で初めてユーロスターに乗った。
 既に乗ったことがある多くの方々には耳タコの話かも知れないが、初めて乗った管理人はそのダメさ加減に驚いた。 そこでそのいくつかを写真で紹介しようと思う。

111207a.jpg

 窓際に座ったら膝に何か異物が当たる。 「何だろう?」と確かめてみたら鉄製の蓋付きゴミ箱だった。 そんなもの車両の前部及び後部にあるゴミ箱に一元化すればいいものを・・・。 おかげで管理人の右膝の可動域はかなり制限され極めて不快だった。 ただでさえ狭いユーロスターの座席。 この右側10cmのスペースを失うことは死刑宣告に等しい。

111207b.jpg

 ウインドウシェードもご覧の通りである。 こちらは初めて見る車窓の風景を楽しんでいたのだが、前の座席の人によっていきなりシェードが下げられてしまってこの有様である。 まあこれはユーロスターの仕様以前に後ろの乗客のことなどまったく考えない利己的な前の乗客のせいといえばそれまでだが、新幹線のように座席が回転する仕様で差し向かいの4~6席のところにくる窓ならいざしらず、それも不可能なユーロスターにおいてこの2列横断のウインドウシェードはいただけない。 個人主義のヨーロッパではなおのこと、完全ではないにしろ、窓からの光量をある程度自分の思い通りにできる新幹線のようなカーテン仕様こそが正解ではないだろうか。

111207c.jpg

 照明の配置もありえないものだ。 ラゲッジラックの直上にあるので、そこに乗客の荷物が置かれると思いっきり光源が遮られて灯りが届かなくなり、適切な照度を得ることができなくなってしまう。 ちょっと工業デザインをかじった人間であれば失笑してしまうような有り得ない初歩的なミス。 気になった方は新幹線の車内の画像を検索して比較してみるといい。

111207e.jpg

 だからというわけじゃないのだろうが、全席に読書灯がある。 ところがこの照明はけっこうワイドに光を飛ばすので隣が知らない人だったらちょっと使うのをためらうような代物。 とにかく細部の詰めが甘い。

111207d.jpg

 車両も古く、続々新型車両が投入される新幹線と単純な比較はできないが、シートの張り地も相当くたびれていた。 縫製が良くないのかだいたいどのシートもほつれていて、ヘッドレストのウレタンフォームは経年劣化し外見だけが辛うじて原型をとどめている印象。

 とまあ、座席から観察しただけでもこれだけのダメなとこを発見。 このうえ車両内をくまなく歩きまわって検索したらもっとボロがでるのは確実と思われるがこれまた武士の情けでやめておく。 ちなみに乗ったのは二等車。 新幹線の普通車と同等のクラスということで、比較もそれを念頭に置いた。
 管理人、今回の旅ではイギリスにも滞在し、ロンドンから地方へも鉄道で出かけたのだが、イギリスの国鉄はさすが鉄道発祥の国とあって座席からデザインまで実に素晴らしいものであった。 やはり鉄道に関しては日本のものより一日の長があると感心させられた。 そこでなぜユーロスターはここまでダメなのか考えてみた。 答えは明らかで、ユーロスターの車両がフランスのTGVの発展型であるというこの一点に尽きる。
 さらにその劣化版である大便民国を暴走中のKTX・・・推して知るべしであろう。

 さて、前のエントリーのコメント欄にmaruさんからタレコミがあった「住民基本台帳法施行令の一部を改正する政令の一部を改正する政令案」及び「住民基本台帳法施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令案」。 到底看過できるものではない。
 以下コピペ。

★緊急拡散★
これだけ外国人献金問題が続いている中、元凶ともいえる外国人の「通称名」が、新しい住民基本台帳法で公に認められようとしている。
なぜか、マスコミも大きく取り上げない。
意見提出の期限は、12月18日まで。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyosei02_02000026.html
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=145207897&Mode=0
gaikokujin-juki@soumu.go.jp

 皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

Comments:10

2011-12-13 (火) 01:42 edit

このコメントは管理人のみ閲覧できます

maru URL 2011-12-13 (火) 01:58 edit

私は出来た翌年に乗ったのですが、(つか、当時のツアーはそれが売りでした)夕暮れだったのと後半は寝てたので車窓などの記憶はあまり無く。
発車したら、うわあ、キッチリ予定時刻通りだ。と聞かされ、場所は中央のテーブル席でマシなほうと言われ…日本人が乗っても狭い。全体的にもショボイわ。これで最新?あ~飛行機にすれば良かったと思ったものです。
あれから10余年…随分ボロになったわねえ。つかムゴい。
お手入れ、ちっともして無いのね。日本の新幹線がこうだったら客の抗議ハンパじゃないよーな気が。

斜陽 URL 2011-12-13 (火) 12:55 edit

写真を見ただけでもショボい印象ですねぇ...
日ごろのお手入れとかしないのですかね?

欧州は見栄えより実用的な物作りをすると思っていましたが、これを見るとそうとも言えない様ですね。
仰る通り、照明のレイアウトはいただけないw
荷物や人が無い空の状態しか頭に無かったとしか思えませんよ。
まぁ、後付け感ありありなゴミ箱はご愛嬌ということでw

そういえば少し前のニュースで、日本のブルートレインがマレーシアに無償提供されたってのがありました。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111117/asi11111716520008-n1.htm
「最初は(古いと聞いて)心配だったんです。でも実際に見て感動しました。本当にきれいで、隅々までピカピカ。洗面台も床も、全て元のままです。日本の皆さんにとても感謝しています」と同行の女性職員の声も弾む。もちろん年季が入っているだけにレトロな印象は受けるが、質素ながらも清潔で機能的な造りと内装はそのままに、これまで長い年月の間、丁寧に扱われてきた様子が伝わってくる。

嬉しくなりますね~

げん URL 2011-12-17 (土) 01:35 edit

オイラ、昔の知り合いに欧州マンセーの人間がいました。
家電製品がアチラのものばっかで「ヨーロッパの息吹を感じる」なんて言ってました。
どうだか、と思ってたけど、今回よく分からせて頂きました。
なんせ「フロに入らなかった千年」の息吹なんですから。

ちなみにその知り合いはコチコチのサヨ頭で、オイラがシナ・カンコク・チョーセンの批判をしたら狂ったように擁護しまくるんで、お互いイヤになって縁が切れました。

overdope URL 2011-12-20 (火) 03:12 edit

>2011-12-13 (火) 01:42さん これどこの作品ですかww

overdope URL 2011-12-20 (火) 03:14 edit

>maruさん できた当時はまだ良かったんでしょうけどね。
ほんっとにボロでしたわw

overdope URL 2011-12-20 (火) 03:16 edit

>斜陽さん ミャンマーでも日本の三陸鉄道で走ってた気動車が今でも現役で走ってるんですわw
ヤンゴンの環状線。 涙もんです。

overdope URL 2011-12-20 (火) 03:19 edit

>げんさん 欧州家電、いいのもありますけどね。m(_ _)m
ただ「ヨーロッパの息吹」云々は死んでも言いませんがw
ちなみに僕が最も嫌いなのがamadanaです。
すべての商品が見事に最低です。

2011-12-21 (水) 02:13 edit

このコメントは管理人のみ閲覧できます

overdope URL 2011-12-31 (土) 19:43 edit

>2011-12-21 (水) 02:13さん アマダナにつきましては別ブログの休館の方で昔書きましたが大嫌いです。
デザイナーはチョン・トーワさんの弟でしたっけ? なんでチョンでなく「テイ」なんて言うんでしょうねw
どーしようもないですわ。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://overdope2005.blog74.fc2.com/tb.php/935-372caebb
Listed below are links to weblogs that reference
ユーロスターのダメなとこ from OVERDOPE <β版>

Home > その他 > ユーロスターのダメなとこ

Twitter Updates

overdope_ < > Reload

Search
Meta
Translate
Links
Tag Cloud
Banner

Ranking
Amazon Free Delivery
義援金詐欺は死刑でいいよ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Mobile
QR
Feeds
Save The Sea of Japan
Check This Out !
FC2

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。