Home > 未分類

未分類 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

BURMA VJ


 ニューヨークで香港人に35万ドル(約3150万円)の高値で落札されたマイケル・ジャクソンが初めてムーンウォークを披露した時につけていたグローブが、元々は南トンスリア製のゴルフ用グローブだったと聞いて、やっぱりマイケルの不幸な死は決して逃れることのできなかった運命だったのだと思い、また、前のエントリーで仕分け人のタレント時代の画像の裏にさらなるお宝画像(殿方用)を仕込んでおいたにも関わらず、どなたにもツッコミ入れていただけなかったことに一抹の寂しさを感じている管理人です(涙)。

 さて今日はこのブログのテーマとはやや趣を変えて、あるドキュメンタリー映画をご紹介させていただく。 このドキュメンタリーを観た後、これをどのように紹介しようか悩んでいたら数日が過ぎてしまった。 とても重たい気分になる映画である。
 たぶん多くの日本人にとってはチベット問題ほどの関心はないのかも知れないが、軍政下のミャンマー(ビルマ)で2007年9月に起こった民主化デモについての映画である。
 「BURMA VJ」は小型のハンディカムを手にした Undercover Video Journalist たちが2007年9月のヤンゴン(ラングーン)で起こった出来事を伝えたドキュメンタリー。
 当時本家のブログには書いたのだが、管理人はこの事件のそれぞれ前後に仕事でラングーンに行った。 事件の7ヶ月後に行った際には長井さんが撃たれた場所を探した。
 その場所はすぐにわかった。 そこに行って手を合わせ、あの映像が撮られた陸橋(下に貼ってある本編の「Part 7 of 9」の3:30頃と4:40頃に映っている)にも実際に行ってみた。
 事件のことについて市民は一様に口をつぐんでいた。 タクシーの運転手にアウン・サン・スー・チーの家に連れて行ってくれるように頼むと、「Are you kidding ?」と言われた。 そこには既にデモの残り火すらもなく、ラングーンはいつものラングーンに戻っていた。 仕事を終えた管理人がラングーンを発ったのはサイクロンが直撃する一週間前だった。
 管理人がラングーンにいる時に、いわゆる「秘密警察」の存在を実感したことなどない。 一度港に出向いて港湾施設を撮影している時に警官から撮影を止めるように言われたことぐらいだ。 しかしこの映画では普通の市民と同じようにシャツにロンジー(ビルマ式巻きスカート)姿の秘密警察が暗躍している姿がリアルに捉えられている。 僧侶のデモと並走していた市民のうちの数人がデモ行進の中心にいるビデオジャーナリストのカメラを見つけ、デモ行進の中に割って入ろうとするところを僧侶たちがガードしてビデオジャーナリストを守ろうとする。 彼らは市民に「偽装」した秘密警察だったのだ。
 映画には長井さんが撃たれるあのシーンもある。 彼が撃たれる瞬間を陸橋の上から捉えた映像。 別アングルからの映像で彼が兵士に手を摑まれて引き起されようとしている映像。 長井さんの遺体を抱えて運び去る兵士たちに群集から浴びせられる罵声。
 2007年の9月、ラングーンやマンダレーで起こったこと反政府デモ。 もちろんそれを実際に体験したのはデモに参加した当事者だけだが、この映画はそれを第三者にも追体験させてくれる。
 主人公である顔を明かさないビデオジャーナリストが危険を感じてチェンマイに一時避難し、現地に残った仲間たちと連絡を取り合うシーンは演出を加えて後付けされたされたものだろうが、時系列の出来事とうまくシンクロさせてあり映像のダイナミズムは損なわれていない。 この手のドキュメンタリーにありがちな、当事者たちのスタジオ撮りの「静的な」インタビューを場面転換のカット割り代わりに挟んだりする手法も見られず、ほとんどがハンディカムで撮られた映像だけで構成され、全編に渡って映像のスピード感が維持されている。
 最後は主人公のビデオジャーナリストがチェンマイ中心部の運河沿いの道をバイクで駆け抜け、バスに乗り、国境の河を小舟で渡ってふたたびミャンマーに潜入するシーンで終わる。
 この映画、アカデミー賞の長編ドキュメンタリー部門にエントリーが認められた15作品の中にも入っている。 ちなみにその中には日本の和歌山県太地町のイルカ漁を告発した「THE COVE」も入っている。 アカデミー賞も玉石混淆とはいえ、良質のドキュメンタリーと環境NGOのプロパガンダ映画が同列で語られるとは・・・。

 以下で全編(約90分)を観ることができます。 全部で9つのパートに分割されています。 現在は英語の字幕バージョンしかないのですが、英語が苦手な方でも何となくついていけるのではないかと思います。 最後の「Part 9 of 9」には僧侶の腐乱死体の映像もありますのでご注意下さい。
 もし冒頭のTRAILERをご覧いただいて興味がおありの方には、お時間が許すならぜひ以下の全編をご覧いただき、ご感想などお聞かせいただければ幸いです。
 管理人は来年またラングーンに行くつもりです。



BURMA VJ

天皇陛下御在位20年おめでとうございます

091112a.jpg

091112b.jpg

 天皇陛下御在位20年に際し謹んでお慶び申し上げます。
 画像は今年の9月23日に管理人の自宅近所の馬事公苑で行われた天皇陛下御在位20年慶祝「第41回愛馬の日」にて管理人自身が撮影させていただいた両陛下のお姿。
 皆さんは天皇陛下がお乗りになる御用車のナンバープレートってどうなってるか御存じでしょうか?
 管理人、その姿を目前にしながら、至近距離から御用車を撮る行為を後ろめたく感じたもので、おクルマが発進されて拍手してから写真を撮ったので撮り逃してしまったのですが、黒地に金で菊の御紋が入ったプレートでした。

続きを読む

バンコクでトンスラーが大暴れ

1 :すばる岩φ ★:2009/11/02(月) 19:50:37 ID:???

韓国人男性、一文無しになり大暴れ

091104a.jpg
コンドミニアムのベランダから
飛び降りる韓国人旅行者

 韓国人旅行者が10月25日、バンコク都内ラチャダピセク通りソイ10のコンドミニアム「シティーホーム」6階から飛び降りるというトラブルが起きた。
 この男性は10月初めにタイに入国したキム・テウ(30)。 6階のベランダで包丁で自身の手を刺しながら、大声でわめいていた。通報ですぐかけつけた警官は、地面にクッションを敷き詰めるとともに、自殺を思い止まるよう説得。しかし、2時間後、上半身裸になり、龍の入れ墨を誇示した後、飛び降りてしまった。
 しかし、クッションのおかげで、ほとんど負傷はなく、ナイフを手にしたまま、「近寄ったら殺す」と叫びながら、大通りを走って渡ると、最寄りのホテルに乱入。2階のトイレに立てこもった。
 キムはトイレのドアの前に鉄製の物置台を置いて、ドアが開かないようにし、中で大暴れ。
警官は3時間ほど出てくるよう説得したが、まったく聞き入れる様子がなかったことから、ドアを壊して中に入り、キムを取り押さえた。
 警察署での取り調べに対してキムは、「所持金をすべてなくし、途方にくれ、知人宅に身を寄せていた。韓国の親戚に送金を依頼していたが、いつまで経っても届かず、ストレスが高まり、自殺しようとした」と供述している。


ソース : バンコク週報
http://www.bangkokshuho.com/news.aspx?articleid=8864

ソース:【タイ】韓国人男性、一文無しになり大暴れ 6階から飛び降りるもクッションのおかげでほぼ無傷-バンコク[11/02]【東亜N速+】

 残念なニュースである。
 管理人がその場に居合わせたらキム某が6階からダイヴした直後に落下地点のクッションを蹴り飛ばしてトンスラーの自殺願望をきっちり成就させてやったことだろう。 それが人の道ってもんじゃないだろうか。
 飛び降りているトンスラーの画像を見ても、膝を曲げて左右の手を大きく広げ、安定した空中姿勢を保とうとしているのがわかる。 その慎重な姿勢からは死ぬ気などまったく窺えない。 返す返すも堅いコンクリートの地面を用意してやれなかったことが悔やまれる。
 そもそもトンスラーが火病って大騒ぎして「死んでやるニダ!<♯`Д´>」と大見得切ってそのまま死んだためしがない。 騒ぐだけ騒いでいる一方、助けが来るのを待ってなかなか死なないから余計に始末が悪い。
 ただトンスラーの多くが自殺願望を持つのは痛いほどわかる。 管理人とて自分がトンスラーに生まれていたらもうこの世にはいないだろう。 トンスラーとして生涯をまっとうすることは死ぬよりツラい。 そう考えると南トンスリアにいる4,800万余のトンスラーや、在日など世界中の在外トンスラーはよく生きてると思う。 むしろそのことの方が不思議だ。
 管理人もバンコク滞在時にコンドミニアムを利用することがある。 一泊から利用できるところも多いし、ベッドメイクやクリーニングなどホテルと変わらないホスピタリティもありながら宿泊料金は比較的安いからである。 しかし、そうした利便性にめざといトンスラーの巣窟と化している物件も多い。 実際、バンコクのコンドミニアムでのトンスラー絡みのトラブルは非常に多い。 例えばこんな感じである。

 韓国人お断り【バンコク留学生日記】

 バンコクでコンドミニアムに宿泊される際はトンスラーの気配にご注意を。 ロビーにキムチとトンスルの臭いが渾然一体となった悪臭が漂っているのですぐわかります。

091104b.jpg

続きを読む

服喪の日を汚すキムチ害交


 前の仕事が押して行けませんでした・・・告別式。 だめな管理人ですorz 叱って下さい。
 出棺の時刻に麻布十番の方に向かって手を合わせました。

 心ある国民なら喪に服すべきこの日、仮にも我が日本国の総理大臣ともあろう人間は、よりによって南トンスリアまで夫婦でわざわざ出かけ、夫は在日トンスリア人の痴呆参政権付与に前向きな発言をし、特亜狂道体推進を表明。 妻は本場の寄生虫他全部入りキムチを自ら漬け込む文字通りのキムチ害交。 きっと北京では毒入りザーサイでも漬けるのだろう。 そのうえ、世界で最も耳障りが悪く愚劣極まりない愚民語を「韓国語は、話すととても気持ちがいい」とおっしゃる。 その部分は日本語で言ったのかも知れないが、ニュースを見ている限り確かにその口から発せられるのは犯狂ばかり。 この方の出自も相当怪しいものである。 これは「里帰り」ではないかと思ったのは管理人だけではないだろう。 もう二人ともそのまま南トンスリアに骨埋めてくれ。

 これ以上このバカ夫婦について書くと、カスゴミによって汚され続けている中川さんの死が更に汚されてしまいそうなのでこのぐらいにしておく。

 「とてつもなく日本」さんで中川さんに近しいと思われる方の書き込みを紹介した興味深いエントリーを拝見した。 以下、元スレから最新の書き込みを加えて管理人があらためて転載させていただく。

続きを読む

中川さんの遺言

091007a.jpg

  「保守」とは守るべきものを守り、保守すべきために改革する。そして国民の活力に期待して成長のための戦略を描く。リベラリズム、ポピュリズム政権とどう 区別し、対抗していくか。しかし、前進―地球の中で生き残り、真に国民を守るために何をなすべきか。と言った議論が全く欠けている。
 私を含め、「保守」議員の多くがいなくなったが、まだ残っている。彼らがいかに保守の旗印をもう一度立て直し、日本を守り、真の意味で国民を守るかを真摯に議論してほしい。心ある国民はそれを是非応援してほしい。
 自民党は末期的だが、今こそ日本の保守の軸を改めて確立するために全力を尽くすべきだ。さもなければ、日本は世界の中で埋没しながら自壊してゆく。

P.S.  過日、麻生総理の「就任直後に解散しておけば勝っていたかもしれない。しかし、経済状況を考えると、とてもそれはできなかった。」という主旨の報道が あった。それが総理の本音であり、総理という立場の判断の辛さだと思う。私は麻生総理に対し、心から申し訳なく思っている。何故なら、昨年来、経済・生活 対策を最優先にすべしと一番強く迫ったのは、財務・金融担当大臣つまり私だからである。何よりも政局より、政策実行の為に。総理の選挙を負けさせ退陣に追 い込んでしまった。私も議席を失ったが、あの時の判断は、その後の対策が日本と世界を上向きにしつつある現状を見ても、間違っていなかったと今でも思って いる。

 私は今後新たに決意を持って進んでいきます。発信していきます。「日本が危ない」から。(一部抜粋/全文はソースで)


ソース:選挙が終わって―『十勝・日本が危ない』 平成21年9月14日【中川昭一公式サイト】
http://s01.megalodon.jp/2009-1005-0151-34/www.nakagawa-shoichi.jp/talk/detail/20090914_497.html

 既にみなさんご覧になられたと思います。 中川さんの最後の日記です。

 総選挙の敗因を問われた麻生前首相は「保守の魅力を伝え切れなかった」と語った。 そしてまた保守も、中川さんが言い残したように常に自らを研鑽していかなければならないのだろうと思う。

 先日、英誌エコノミストが「自国への信頼(trust)と敬愛(admiration)」について調査したところ、調査対象国のなかで日本はぶっちぎりの最下位であった。
 管理人、流刑人の末裔でありながらさらに原住民アポリジニを動物のように虐殺し、事あるごとにカンガルーを虐殺していながら他国の調査捕鯨に文句タレてるオーストコリアがトップになるようなイカれた調査で日本が上位になる必要はないと思うが、それでもぶっちぎりの最下位というのはさすがに気になる。

091007b.jpg
  http://www.economist.com/daily/chartgallery/displaystory.cfm?story_id=14536817

 その原因についてはいろいろあると思うが、ひとつには日本人特有の奥ゆかしさ、謙虚さといったものを計る尺度が国際社会には存在せず、こうした「National Pride」という能天気でアホ、カリフォルニアの青いバカみたいな調査ばかりしかなされていないという現状において、自ら、そして自らの国を誇ることに必ずしも「慣れていない」日本人は立場がないということ。 もうひとつは、国家をひとつの「製品」としてみた場合に、その品質を極限まで追求しようとする日本人が、今の品質つまり国家像に必ずしも満足していないということの表れであるという見方。 さらには、やはり戦後の日狂組を中心とした自虐史観に基づく左翼教育により愛国心を持てなくなった国民が多いということも言えるのかも知れない。 ユニークな日本文化やその精神性、技術大国、近年のサブカルチャーなど、世界が日本に向ける羨望の眼差しも決して少なくないなか、当の日本人が自国に誇りを持てないとは皮肉な結果である。
 管理人、決して多くの国に渡航歴があるわけではないが、それでも十数か国ぐらいにはなる。 旅先で美味しい日本食に出会った時は「日本人に生まれて良かった」と思うし、成田に着き、東京の自宅に着いて思うのは「やっぱり日本がいいなあ」ということである。 別に大所高所からの話ではない。 自分の国の美味いものが食えて、安らげる家、暮らしがある。 それらは自分の拠るこの国があってこそ。 それは特別なことではなく、他のどの国の国民にとっても同じだろう。
 だがそんな原初的な国への信頼や愛着すら感じられないままこの国に住んでいる日本人は哀れだ。 世界を眺め渡せば日本人が当たり前に享受していることが必ずしも当たり前ではないのだが、島国根性とでもいうのか、国際的な視野狭窄によってその有難さに気づかない。 いっそ自らの理想郷、地上の楽園にでも移住すればいいと思うのだが、彼らは決してそうはしない。 この国から、そして、ただ自分が日本人であるというだけで多くを享受しながら、この国を腐す。 こんな国で政治家として保守の旗を掲げ続けるのはそれだけで負荷のかかる仕事だ。
 中川さんは議員生活のすべてをその困難な仕事に捧げた。
 政治が国としての大義を失い、無知蒙昧な大衆にひたすら迎合した先にあるのが国家の滅亡でしかないことは今の民主党政権をみれば一目瞭然だ。 中川さんが残した「日本が危ない」という言葉。 その危機感を共有する日本人を一人でも増やすことができたらこのしょーもないブログにもいくばくかの存在価値があるのかも知れない。

 中川昭一氏の功績を称え、その早過ぎる死に哀悼を捧げます。

091007c.jpg

Home > 未分類

Twitter Updates

overdope_ < > Reload

Search
Meta
Translate
Links
Tag Cloud
Banner

Ranking
Amazon Free Delivery
義援金詐欺は死刑でいいよ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Mobile
QR
Feeds
Save The Sea of Japan
Check This Out !
FC2

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。